サンマー麺

今回は試合前に親族と会食

横浜中華街に赴き

サンマー麺をいただく。


(Yahoo 知恵袋より
サンマーメンは戦前当時、調理人達のまかない料理だったもので、
とろみを付けた肉そばが原形になったと言われております。
神奈川県横浜市中区の中華料理店から戦後(昭和22~23年頃)発祥したと云われており
およそ60余年の歴史があります。
醤油味がベースのスープに具は肉ともやし、白菜程度で、
その季節に有る具にあんをかけた簡単なものでした。
しかし当時ではラーメンよりボリュームがあり美味しく、
あんがかかっているので寒い季節は温まって元気が出てくることから
徐々に商品化されお店にも並ぶようになってきたのです。

IMG_6885.jpg

温かくておいしかった。

伝統的なラーメンもいい!!




勝利の後は家族で恒例の48漁場

IMG_6968.jpg

前回はハッカクの軍艦焼きに感動

今回は陸前高田の獲れたてわかめにたいのだし汁をかける「お通し」に感動。

これは勝利の祝杯なのですが

基本居酒屋プライスなので

予算許容範囲かと・・・

IMG_6877.jpg

開幕戦で食したグルメ

ごちそうさまでした~

(=゚ω゚)ノ

待っているのはサイコーのアウェイグルメ

勝利というスパイスがかかると・・・

もはや病みつきですわ~~~

カマタマーレブログ村
仲間が急激に増えてます!!
是非いろいろ読んでみて~~~~~~~~
素晴らしい作品ありです!!!





にほんブログ村









コメント

No title

私も試合前夜中華街で従弟夫婦と点心喰ってサンマー麺も食べました。

初めて食ったけど美味かったなあ・・・

アウェイグルメはあまり堪能してないので今年前泊するアウェイの時はできるだけ食べるようにしたいです。

Re: 同じですねぇ

サンマー麺
素朴な感じで衝撃的なうまさ!!
うどんの素朴な味に慣れた県民意は受け入れやすいかも~
お野菜たっぷりですもんねぇ

試合はお疲れ様でした
夢の開幕2連勝!!!
願い叶うと狂喜乱舞ですなぁ~

またコメントくださいね
ではでは
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR