行った!!見た!!勝った!! アウェイ横浜FC戦観戦記1



スカパーはまだ見てないので

ただただ

昨日のゴール裏の雰囲気をお伝えできれば・・・・



砂森、我那覇を失った時のゴール裏の雰囲気。

これはもう「交戦状態」につき高いテンションのまま。


しかし被弾した選手は後方へ送らざるを得ない。

その事への覚悟と割り切り・・・・

そんな空気を感じた。


つまり・・

ゴール裏の反応は至って「目が据わった」状態を維持していた。


ただ情報は入り乱れる

「砂森??固かったか??不安定だった??・・監督・・早めの交代??」

この時間帯一進一退からやや押され気味の時間帯であった。

しかしそんな声が聞こえる一方で

「だめだ!!左サイドが帰陣できない!!広大なスペースが出来てる!!」

「砂森??なんかあった??」

という声も聞こえた。


ただこの交替でオザーッス様登場

登場した歴戦のサイドアタッカーのタフさは

メンタル・フィジカルのタフさは

みんな知り尽くしているので

一種の安心感を得たのも確かである。

ゼロ戦の後に戦車が出てきた気分である。


むしろ、膠着しつつあるゲームに変化をもたらしてくれるか・・・

横浜さんにはむしろオザさんの方が相性いいのでは・・・・

とか期待してしまう。



我那覇の負傷は

みんな

「ああ・・・・」

という感じか??

少なくとも私の周りでは。


ボールを競ってつぶれた際の事。

今日、躍動して攻撃を牽引していた人が

我那覇が動かない。


動かないことが事態の重篤さを伝える。


しかし

現場は遠くの相手陣内。

何が起こったかわからない。

フォロー選手のリアクションで

×マークは確認できない。


「できるか????」


心で祈りつつ

すかさずベンチを見る。

誰かが足早にアップフィールドのあるスタジアム内に消えた。


「おさめ役の代わりができるのは・・・・コネクター???」

そうは思ったが・・・

しかしわたし素人なので

「とんでもない勘違い」だと恥ずかしい・・・笑

今日初めてお話しした左隣の「のっぽのイケメンさん」に

うちリザーブでFW誰でしたっけ??

う~ん・・森川??

・・・・的な話をして過ごす。


すると8番様登場

やはりテクニシャンのコネクターがスクランブルだ。


これは素人の私でも

ちらっと想像できてしまった鉄板の交代

いや

オザッス様の安心感

大沢コネクター様の鉄板感

結果

「選手層が厚くなったわ~」

の感心。


安心感が私の心を満たす。



しかし、相手は名門横浜FC。

戦局は一進一退だ。

いや、決定機が横浜に多いか・・・・。

贔屓目に見ての

一進一退の攻防かもしれない。


がまん、ガマン、我慢・・・・・


必ずチャンスが来る。

それは

偶発的なものか

相手がガス欠をおこした瞬間か・・・

それはわからない。

わかっているのは

伝家の宝刀はその瞬間を狙っている。

そう

我らはそれを知っている

だから

だから

じっと待つ。

この時間をじっと待てるのはJクラブの中で

我がサポーターは屈指だ。

ディフェンスを組織的に秩序を保って応援できるのは

讃岐サポの特徴である。

普通は悲鳴と怒号だ。

(いや・・・少しはあるが・・・笑)


波乱に満ちた開幕戦の45分がまもなく過ぎようとしていた。

IMG_6893.jpg




カマタマーレブログ村
仲間が急激に増えてます!!
是非いろいろ読んでみて~~~~~~~~
素晴らしい作品ありです!!!


にほんブログ村








コメント

No title

現地応援、お疲れさまでした!!諸事情により、現地まで行けませんでしたが、ほんと興奮しました(^-^)v
思っていた以上にカマタマーレサポーターもおられ、それにも嬉しく感じました!あぁ〜生で観たかったぁ〜(T-T)
次は、待ちに待ったホーム♥オニューのレプユニで参戦です!宜しくお願いしまーす♪

昨日はお疲れ様です。

私はJR往復日帰りで身体は疲れていますが、心がホカホカです。東京知人も楽しんでいました。

砂森、我那覇が前半から交代となった時は、ヤバいんちゃうん!?と思いましたが、小澤、大沢としっかり仕事してくれました。まさに、選手層が少しづつ厚くなってますね。

仲間のゴールもネット真裏、最高でした。

徳島とのクラシコまでイケイケで行きましょう。

その前に、ヴェルディと長崎と強敵ばかりですけど。

Re: やぎちゃん様

開幕戦お疲れ様でした。
いやー、開幕戦勝てるクラブになりましたねー
♪───O(≧∇≦)O────♪
2年前から考えたら夢の様。
立派なJクラブですねぇー。

試合もハラハラドキドキの好ゲーム。
アウェイにもかかわらずサポさんも大勢。
待っていたのは最高の週末でしたー

丸亀でお会いしましょ〜(=゚ω゚)ノ

Re: ヤマシタさま

開幕戦はお疲れ様でした。
そうですか、新幹線でお帰りでしたか。
わたしもまだバテバテです。(笑)

お友達連れ来て頂きありがとうございました。
楽しんでいただけて何よりです。
(=゚ω゚)ノ

負傷交代した選手は心配ですねぇ。早くよくなります様に。

ゴール裏も最高の雰囲気でしたねー。
この感じでたくさん盛り上がって欲しいですねぇー
ヴェルディ戦よろしくお願いいたします
(=゚ω゚)ノ

観戦いきましたよ!

昨年の讃岐vs大宮@丸亀以降、blogを拝見&たまにコメントしてます。讃岐出身の大宮サポです。

いつだったかコメントしたように見に行きましたよ!日曜の試合を三ツ沢まで。席がゴール裏ではなかったので回りは横縞サポだらけでしたが。(笑)
ですが仲間のゴールのときには回りから小さな喜びの声も聞こえましたし、きっと私と同じく隠れカマタマサポがいたのでしょう。県外の県民にもカマタマの影響力は及んできているのかもと思うとなんとも嬉しいものですね。

さて、私は今回カマタマのゴール裏にはいかず、また自席から大きな声で応援したわけでもないので、単に横浜FCにお金を落としただけのサッカーファンな訳です。
それはカマタマの兼任サポーターとしてなんとも物足りないものと思うので、ここで宣言しておきます。今年一度くらいはカマタマのゴール裏に行こうと。チャントもなんだかんだ一通り覚えましたので。

それなりに緊張してひっそりこっそり紛れ込むと思いますがその時は是非宜しくお願いしますね。
ではでは。

Re: 観戦いきましたよ!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
三ツ沢までお越しいただきありがとうございます。
また前日はうちのサポも味スタにお邪魔しました。
勝利おめでとうございます。
これからも沼田をよろしくお願いしますね。

そうですか、三ツ沢にはメインまたはバックスタンドにいらしたのですね。
応援ありがとうございます。
辺りにも相当数のカマタマーレ応援の方がいたとのこと・・・とても心強いです。
何せ動員はホーム・アウェイともまだまだなので本当にありがたいです。
少しづつ増えていただくようみんなで知恵を出し合ってます。

ゴール裏にはぜひお越しください。
幸いにも(笑)スペースがあります。
声をお出しいただかない方たちも多くいて
その人たちと共存しているのが今のうちのゴール裏です。
遠慮なくご自身のスタイルで観戦してくださいね。
大歓迎です。

チャントも覚えていただきありがたい限りです。
関東在住の援軍は本当にありがたいので
ひっそりこっそりといわず10年選手の様に堂々と来てくださいね~

コメントありがとうございました
ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR