鹿島戦 ボランティア 募集中

2月14日のプレシーズンマッチ

ここでのボランティアは

なかなかできない体験である。

ここは間違いない所。

IMG_2349.jpg


鹿島サポーターのアテンド・ボランティア。

歴戦の屈指のJリーグサポーター達で

彼らから聞ける話や応援はさぞにぎやかなものになるだろう。

それを身近に見れる「アウェイゲートボランティア」

これは人数に限りがある。

あまりアウェイだけに

貴重な人数を割けないので

お申し込みはお早めに・・

・・・としか申し上げれないのが残念である。

(=゚ω゚)ノ

これがなかなかできない体験の一つ目。

IMG_2362.jpg


そしてもっとも貴重な事は伝説に参加できるかもしれない事。

つまりはこうだ・・・・


基本的には

例えメインでもバックスタンドホームでも同じ。

歴戦の王者「鹿島アントラーズ」の試合のボランティアである。

スタジアムの雰囲気も応援風景も全然違うと思う。

恐らく訪れる観客数が全然違う

客層も全然違うと思う。


カマタマーレを見る人+

鹿島アントラーズのサッカーを見る人+

鹿島アントラーズの選手を見る人

=何千人??


さぞ盛り上がるだろう。


ここでアテンドをやり通せば

今シーズンの

「カマタマーレの」観客動員数に多大なプラス効果をもたらせる。

その達成感たるや試合の結果と同じ熱量を持つだろう。

ここは自信を持って言える。

我らが欲してやまない「大歓声」を手に入れられるかもしれない。

今年の動員を増やした切っ掛けの試合・・・・

その伝説のイベントに

直接参加し、貢献して体験したという事が

みなさんのカマタマーレライフにとって輝ける価値になる。

歴史の一部になれるのだ。

「あの転機となったPSMに・・・実はボランティアで参加していた」

10年後新しいサポに教えてあげれるのだ。

伝説の「ボランティア侍」になれるのだ。(笑)


この機会はなかなか存在しない。

2年ボランティアしてきて思う。


あの時ボラ参加しとけばよかった・・・楽しそうだった・・・体験したかった・・・


そう思う可能性があると思うなら

もう迷わずに来てください。

いっちょカマタマーレのために

一肌脱いでくださいな(笑)


いつ来てくれても同じ仲間です。

大切な仲間です。

その仲間が新しいカマタマーレの楽しみ方

見つけてくれたら最高です。


IMG_2364.jpg



以下カマタマーレよりの募集メール

一部抜粋


2月14日(日)に開催します2016プレシーズンマッチ カマタマーレ讃岐vs鹿島アントラーズ戦@Pikaraスタジアム

13時キックオフの試合でのボランティアにご協力いただける方の希望を募りたいと思います。



■2月14日(日)讃岐×鹿島@ピカスタ  13時キックオフ

■ボランティアスタッフ集合時間:9時00分

■参加コース:

フル・・・休憩が基本的に前半か後半かにとれます。

サポート(設営)・・・サポートコースは試合開始まで。

■待遇  

フル・・・交通費500円支給。飲料&弁当支給。

サポート・・・交通費500円支給。飲料支給。



※ボランティアポイントは対象外試合になりますので予めご了承ください。


〆切を2月9日(火)まで延長しますのでよろしくお願いいたします。


ボランティア募集詳細はこちらまで

IMG_3085.jpg






カマタマーレブログ村はこちらから




コメント

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR