秋田戦 観戦記 4

カマタマーレ 先制点を許す

あきらかに勝利の方程式は成り立たなくなった瞬間である。

一度追いつき、改めて先行しなければならない。

一度追いつくという行為を「アウェイの地」で起こすには相当の消耗を伴う。

相手は先行している優位さを利用した戦術が使える。

極端に言えばこのまま終わっても勝ち点は「3」転がり込んでくる。


対してわが方は何が何でも1点取らなければ

遠く秋田の地で何も得ることなく終わってしまう。


いや、金沢ではパルセイロが戦っている。

彼らとて首位奪回に燃えている。


金沢の試合は開始早々「絶対的なエース」宇野沢が得点を挙げ長野がリードを奪っている

金沢の試合が1-0で終わっても順位は当然入れ替わる。



あきらかに我々は失うものが大きい。

より危険を冒して敵に陣地近くまで侵入しなければならない。



正直、開始直後の秋田の印象は鮮烈な「脅威」を感じるものではなかった。

2週前、千葉の怒涛のようなハイプレスを経験した時ほどの恐怖はない。

1週前のパルセイロのように急激にギアが上がりPKエリアに侵入してくる危険性も感じない。


競ったボールを確実に当てて、そのルーズの回収に高い確率で成功している。

ゲームを支配しつつあるように感じ、突き崩せる予感を覚えた。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


しかし、ただ一度のカウンターで

ありえない位置からのロングシュートで

総てが狂う。


ここからのゲーム展開はまるで違う流れになってしまう。

正直あわてる時間ではない。

後半ロスタイムにぶち込まれたわけではない。



しかし、何かにおびえたようなカマタマーレは失点以降、

半ば強引にボールを奪い

少し無理目なボール回しから、

強引にゴールをこじ開けようと試みる。

少なくとも私の目にはそう映った。


強引さは再三の警告を誘発する。

その結果うちにとって「納得いかない判定」は増える(ように感じた・・・)

それに抗議した西野がイエローをもらう。

悪循環だ。


さらに(北風と太陽の話ではないが)

「強引なキープと突破」は

相手DFの体を張ったプレーを誘発する。

秋田ゴール前には強固な守備ブロックが形成される。

そして前がかりになればなるほど

弾き返されたルーズボールは絶好のカウンターポジションにいる秋田攻撃陣の足元に収まる。

とても危険なカウンターを浴びる。



危険なカウンターはタッチへ逃げるもCK

攻めてるときはいいが攻守交代すると危険度がアップ ヽ(`Д´)ノウワァァァン

IMG_1363
IMG_1363 posted by (C)がくお


ボクシングでいえば

第1ラウンドで思わぬダウンを食らい

リスク承知で逆転KOを狙いに行ったファイターと

それを足を止めてコーナーを背に迎撃するカウンター使いの様な展開。



次の1点

おそらくそれが今日の総てなのだろう。



追いつければ雪崩を打って攻略できる。

突き放されればおそらく首位陥落。

天国か地獄かしかない。




この状況下においてその命運を左右する要素が確実にあった。

そう、試合会場は「強風の中」行われている。

そして、猛烈な向かい風の中、何とか同点に追いつこうとしているのが

カマタマーレ側なのであった。





追伸

今回の粋なゲーフラ??

ありがとうございます

まだまだ頑張ります!!!

新潟から応援に駆け付けてくれたそうだ!!

IMG_1347
IMG_1347 posted by (C)がくお






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR