最大でなく最適で

「今」のカマタマーレの目指すものは

限界いっぱいの「最大」でなくていいと思う。


観客数に限定して考えてみると

カマタマーレにとって最適な規模とはどれぐらいだろう。


はっきり言えることは23000人の満員スタンド=最大=最適ではない。

なぜならカマタマーレの運営能力とピカスタのホスピタリティが追いついていない。

はっきりアウェイゲートボランティアは人数の上で

押し寄せる4000~5000人の遠征サポさんをさばききれない。


メインでもバックホームでもおそらく同じだろう。


ピカラスタジアムに

来場する1万台近い自動車を駐車できるスペースがあるだろうか??

トイレを快適に利用していただける数があるだろうか??

救護室や授乳室は足りるだろうか??

また、その動員を実現するためにいくらの広告宣伝費が必要だろう。

恐らく数千万円は必要だろう。


いま23000人のお客さんが来たら絶対地獄のおもてなしになる。

間違いない。

気合で何とかしろとか準備を怠るからだといわれるかもしれないが

気合も準備も物理的に限界を超えている。

最大は最適に間違いなく劣る。


結果少なくとも2万人弱のアンチ・カマタマーレを生み出すことになる。


待たされた・・・寒いだけ・・・・人がいっぱい・・・・席に座れない・・・・・食べ物がない・・・・

案内がいない・・・・不親切・・・・車停めれない、出れない・・・・・・トイレがない・・・・

危険・・・事故発生・・・・


結果

2度と行かない!!!!!


・・・・・・数千万円かけてアンチ2万人作り出すことになる。笑


正直言うと昇格初年度の開幕戦、

「対ジュビロ戦11000人来場」

数字はJリーグ効果の大成功

報道も私たちもそう思った。


しかし・・・・

本当に果してそうだったか???・・・・・と今では思う。


「アンチを・・・7000人作った」のでは??

年間で見ると「足かせ」であったかもしれない。

その後2年間、集客に苦しむ一つの原因になってなかっただろうか。



それに対して

たとえば5000人のお客さんを目標とすれば

広告宣伝費はカマタマーレの運営予算の範囲である。

またはボランティアの協力

スポンサーの協力を結集すれば可能だと思う。

しかも反復可能。

成長とは長期のものでなければならない。

なら持続可能なものでなければならない。


500人~1000人のアウェイサポなら現行の運営システムでさばける。

今のおもてなしを可能な範囲でレベルアップさせる事叶う。

結果リピーターになる可能性が上がる。


ホームもメインも同じ。


楽しかった、もっり上った、親切だった、快適だった

また来たい!!!今度はユニ買いたい!!選手を知りたい!!!

アウェイも行ってみたい!!!カマタマーレの役に立ちたい!!!

となると思う。


新規2000人の30%がリピートすれば600人。

今の年間平均に600たせば4000人平均はすぐに突破。

年間観客総数10万人も見えてくる。


そこから最適値を6000、8000に伸ばしていけばいい。

時間はかかる。これは仕方がない。

そのステップをどのくらいのスピードで成し遂げるかである。

そしてこれが最短でもある。



もうJリーグ3年生

過去に学ぼう。

いつか次のステージに立つために目指すものは「最適」だと思う。

「最大」という誘惑を「理性」で理解していきたいと思う。




追伸

かといって昨年平均3658人は最適ではない。

もっとできたと思う。

そういう意味ではまだまだ頑張らねばならない。

なんかいい方法ないか・・・・

私の才能が少なくて嘆かわしい・・・・笑

ああ・・・・・


IMG_6545.jpg
ジェフ戦で見た大行列

これで快適に過ごせるすごさ
オリジナル10の最適には感嘆するしかない。

これは最大でない
最適なレンジの観客数。




カマタマーレブログ村はこちらから


にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR