大宮アルディージャ アウェイゲート体験記



アウェイゲート体験記というか・・・

今シーズンが唐突に終わった感じ(笑)

2015年 本編の最終回になることを切望しながら

相手は首位『大宮』・・・

簡単な相手ではないよな・・・が正直な感想。

ラスボス認定で奮起を期待し

拮抗した試合展開を熱望しつつも

「何かが決まる」と想像できなった。

心は準備できなかった。

それほど我らにとって「残留」とは特別なことである。


緩衝帯の警備をしてたので少しだけ試合をリアルタイムに拝見する。

その時間は猛攻を浴び続けている時間。


逃げ切ってくれよ・・・と思いながらゲート警備に戻る。

何かのおまじないのように

スマホで大分がリードされている事を再度確認する。


大挙丸亀にやってきた大宮サポさん

アウェイエリア400名強、メイン入れたら500名前後か・・・・

IMG_6401.jpg




ゲートに戻っても応援の歓声とチャントがしばらく続く。

一進一退の攻防・・・あるいは最後の猛攻を浴びているのか・・・・

無慈悲改め、敏腕営業マンI氏と

じりじりと過ごす・・・・

「まだ終わらんか・・・まだおわらんか・・・」と紋々とした時間・・・


終了の笛


はっきりとわかる審判の笛

「よし!!!、大宮の歓喜は起きないのでウチ・・・引き分けた!!!」

ゲートスタッフでガッツポーズ

首位から勝ち点1ゲットォォォォオオオ!!!!

再度スマホ確認

大分VS横浜 は「試合中」のシグナル

「もう・・気にかけても仕方なかろう・・・」と

顔を能面にもどし

大宮サポさんの誘導アナウンスを始める。


アテンドの最中

誰かボランティアがつぶやく

いや通り過ぎるカマタマーレサポさんか・・・・もはやそれすら定かでない・・・

「大分が負けた!!!!」

バス停誘導に必死でゆとりのない私・・・

一瞬事態を整理できず、軽くパニック。

「??・・という事は・・・俺たち・・・自動…残留????」


そう、旅路の果てのゴールテープを切る瞬間は

アテンドの喧騒の中・・・笑


2年越しで夢見た自動残留の瞬間は

あっけないほど実感がなく

むしろ、大宮サポさんへ長旅来場への感謝

それと無事の帰宅の方に気がとられる。


おお・・・そうか・・・今年は生き残ったなぁ・・・とか・・

脳裏の隙間で一瞬感じた程度。

不思議なものです・・・・・



たった3週前は後がなく、

選手と共にどこまででも共に戦い

最後まで徹底抗戦と考えていたのに(笑)



ただ大宮サポさんがすべて帰宅の途に就き

「もう喜んでもいいだろう・・・」と通り過ぎる顔なじみカマサポさんとハイタッチを繰り返す後、

「ああ・・・来年もJ2を戦える・・・・」とじわじわ感動が来ました。


皆さん1年間お疲れ様でした。

本当に本当に

来年も楽しみましょうね。

我らJ2の3年生に進級です。








追伸

大宮サポ様へ

いままで多くの諸先輩方にいろいろ教わってきました。

J2初ホームの時、磐田サポはゴミひとつ残さずおかえりになりました。

一人一人がゴミ箱にお届けいただいたのと思います。

来た時より美しいアウェイエリアに驚嘆しました。

松本サポはアットホーム・フレンドリーでアウェイゲートボラに親切でした。

ロアッソサポは台風をついてやってくる仲間を気遣い

信じて待つ家族のような姿を拝見して感動したりもしました。


しかし大宮さんは特別です。

彼らはエリア中のごみを拾い

おおきなビニール袋に入れて

ゲート付近にまとめて下さってました。

IMG_6403.jpg

その後私たちはアウェイエリアくまなく見渡しましたが

ゴミ袋以外は何も落ちておりません。


ゴミ袋には誇らしげな大宮アルディージャのエンブレム

IMG_6406.jpg

なんと素晴らし置き土産。


我らアウェイゲート・ボランティアは

遠征アウェイでは精鋭サポーターでもあります。

これより先、僕らがよそ様のスタジアムを訪れた際には必ず思い出すでしょう。

そしてなにか行動に移したらそこのスタのサポがまた何かを感じてくれる。


これがつながっていけば

スタジアムは勝敗以外でも素晴らしい場所になると思います。



恐らく来年はお目にかかれないでしょう。

われらはしばらくJ2が主戦場です。

けど決して忘れずにいたいと思います。

今日の戦いとアウェイエリアでの出来事を。



残り2節、貴チームの健闘をお祈りいたします。

ご来場ありがとうございした。








カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村






コメント

No title

がくおさん がくおさん、

残留おめでとうございます。\(^o^)/
テレビ観戦してました。
キーパーの清水選手あたってましたね~
好セーブ連発でしたね。

残り2戦お互い少しでも上位に行きましょう。
ではでは

私達が入る事のできない アウェイエリアでは、そんな事があったのですね。
やっぱりスゴい相手でした。
教えてくれて、ありがとうございます。
いつも、ありがとうございます。

No title

残留決定、本当にうれしいですね。来年の戦いを楽しみにしつつ、残りの試合も応援していきます。これで最終節、安心してフクアリで観戦できます。アウェイゲートでのお仕事、大変だとは思いますがこれからも頑張ってください。

Re: 徳島サポ様

おかげさまで来年もJ2を戦えます。
気にかけていただきありがとうございました。

GK清水はもう・・言葉にはできないくらいの毎試合活躍で・・・
何点分のストライカーと同じ活躍かと感謝しています。

試合結果だけでなく後進の育成にも貢献してくれてますし
来シーズン引き抜かれないかだけが心配の種です(笑)

今シーズンの失点数激減は彼によるところ大きい・・
これは讃岐サポ全員、同じ意見と思います。
もちろんDF陣も強化・成長してるのですが要の部分の貢献はやはり清水かなぁ・・・と

あと2戦少しでも順位が上がるよう頑張ります。

徳島さんのご健闘をお祈りいたします

コメントありがとうございました。

Re: タイトル・名前なし様

大宮サポさんは応援スタイルや観戦人数だけでなく
サポーターとして立派な人達でした。

事前搬入の際もきちんと対応いただきました。
遠方からのお越しの上
試合結果には満足できないだろうに
しっかりごみを集めピカラスタジアムをリスペクトいただきました。

これより僕は手本としたいと思います。
(カマタマーレゴミ袋・・販売してほしいなぁ・・・・とか思ったりします。笑)

ブログお読みいただきありがとうございます。
つたない記事ですがまた読んでくださいね

感謝感謝感謝です。

ではでは・・・

Re: カマタマーレ八王子様

いつも応援ありがとうございます。
最大限の目標は達せましたが
残り試合は昨年からの成長分を図る上で大切な試合だと考えています。

千葉戦私も参戦いたします。
最後まで讃岐らしく応援して有終の美を飾りましょうね。

そして来年へ

あと2節
千葉でお会いできる事楽しみにしています。
ではでは・・・

当方香川県出身の大宮アルディージャサポーターです
。徒然なるままにコメントさせてください。

上京後、偶然手に入れた無料券で初めてJリーグを観戦して以降大宮サポーターとなりました。
その数年後、カマタマーレという衝撃的な名前を持つ故郷のチームの存在を知ります。
心惹かれつつも、応援チームを替えることなど当然できないという気持ちを持ちつつ、故郷のチームの動向を気にしておりました。
そんなこんなしているうちに皆がそれぞれの仕事に最大限コミットしつつJFLを勝ち上がり、入れ替え戦を制したカマタマーレから目が離れなくなり。昨年は関東近郊で試合があればこっそり観戦し、今年はついにわが愛するチームとの対戦することに対し複雑な思いを持つに至りました。


今後も大宮>讃岐というプライオリティは変わらないでしょう。でも、そんな中でも、このようなチームを愛する気持ちの伝わる(それでいて対戦相手を必要最大限リスペクトする)blogを見つけ、嬉しくなりつい、書き込みました。

何が言いたいのかと問われると、いや、何だろうと困ってしまうのですが、私のような形でカマタマーレを応援する人間もいるということをただ、伝えたいのかなという感じです。

当チームも、残り2試合、J2優勝を目指して佳境となりますがカマタマーレの選手・サポーターのように自分達のやるべき仕事に最大限コミットしたいと思います。

来年は土曜日大宮、日曜カマタマーレを応援できることを願って。

Re: 宮サポ様

コメントありがとうございました。
このたびは大勢で丸亀にお越しいただきありがとうございました。

私の弟は香川出身ですが東京在住で「鹿」サポです。
それは宮サポさんと同じ理由だと思います。
けれど讃岐アウェイ関東によく応援に来てくれます。
今年も3回会いました。

昨年までは宮サポさんと弟は
どこぞのスタジアムですれ違っているかもしれませんね・・・笑


お気にかけていただきありがとうございます。
私がそのような立場でも同じだと思います。
いまから千葉や横浜に転勤しても讃岐サポのままだと思います。

来年は開催日・カテゴリーが違いますので

胸を張ってカマタマーレサポエリアにきてください。

大歓迎・お待ちしてます

もちろんタオマフやレプユニなんかいりませんので・・

現地(アウェイ先)在住県民様はとても頼りになります。

我らはそんなに遠征隊を現地へ派遣できないので・・・泣

その節はよろしくよろしくお願いします。

JFL時代「うちはどんなスタジアム目指しますか??」という議論の度に

「やっぱ大宮の様に・・・」という回答が多くありました。

カテゴリーや歴史が違いすぎピンとこなかった私・・・

ほかのJクラブも知らないので

「どんなところか??」と尋ねました。

「熱いが温かい、おらが町のクラブとして地元で熱狂的な支持を得ている。地域密着型。

隣にいる浦和とは全く違うタイプのクラブ。

サポは子供からお年寄り、女性がちゃんといて安心安全のスタジアム。アットホームな感じだ。」

と関東在住歴あるサポ・ボラさんが言ってました。


いつかそれを体験してみたいという夢が今回かないました。

ゲートボランティアとしてですが・・・・笑

そしてその意味がわかりました。

この記事の通りにわかりました。


私は首を長くしてお待ち申し上げておりました。

もちろんNACK5スタジアムにも今年初めて行きました。

女性陣がすごく気に入り

「これまで個人的にNO1はアルウィンだったけど・・・こっちの方が好き!!!」

と言ってました(笑)


いろいろお勉強させていただいたことに感謝しています。

ぜひ、貴チームは本来の場所へお戻りください。

いつか我らもたどり着いて見せます。

暫くは天皇はいでお会いしましょう~

ではでは・・・・



非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR