秋の大分、一度はおいで・・・

次節アウェイ大分は参戦する予定です。


大分へ赴くみなさん

試合は大事ですがせっかく行くなら大分を楽しみ尽くしていただければ・・・と思います。


わたし大分へは

JFL時代にHOYO大分(現ヴェッルスパ大分)と戦ったのも通算して4回目!!!

もはや病気です・・・(泣)(笑)(変)


当時はJ1の「大分トリニータ」といつか戦う日が来るのだろうか・・・・それは何年かかるの・・・・

とか思いました。

あの時代は試合会場も改修前の「屋島競技場」の様な小さな陸上競技場

佐伯市営陸上競技場での風景(2013年)

縮小

けど・・・いつかはあの大銀ドームで

いつかは大分トリニータと・・・・と思って応援していました。

W杯企画のスタジアムで

Jリーグタイトルホルダーと

カマタマーレが躍動する日を夢見ていました


それを考えれば今はその大銀ドームでトリニータと試合ができる

これは大変幸せな事であると思います。



昨年、念願かない初の大銀ドーム

おおきい・・・素晴らしい・・・

しかも大きすぎて もう我ら太平洋を泳ぐメダカみたい・・・・

IMG_2411.jpg


IMG_2409.jpg


という訳で過去の経験から大分のグルメとかは色々食べてきました。

何種類かご紹介




うどん好きには「だんご汁」おすすめ!!!

打ち込みうどんの様な麺。寒い日にはサイコー。

だんご汁

とり天

再縮小

関サバはゆとりありましたら是非!!!

少しだけ食べましたが美味!!!

写真なし・・・面目ない・・・・



けれど大分遠征の楽しみは海峡を渡る前の

八幡浜ちゃんぽん

遠征グループごとに行きつけというか・・・・お気に入りのお店があるようです。(笑)

いつもは3時試合終了 5時から6時に八幡浜到着なので晩御飯

今回はお昼前後に海峡を渡り上陸なので試合前の腹ごしらえグルメかな

IMG_2445.jpg

IMG_2444.jpg


IMG_0194.jpg

当然、日本有数の温泉地

ゆとりをもって前泊ならいろいろ観光・・・湯めぐりできます。

いろいろな入浴も楽しめます。

IMG_0207.jpg


定番の温泉卵

IMG_0208.jpg

足湯

IMG_0209.jpg


秋の大分はもう日差しもやわらかく

きっと楽しい応援ツアーになると思います。

もそんなに遠いアウェイでもないと思います。

愛媛八幡浜からあるい三崎からフェリー

三崎から佐賀関へは70分の船旅

IMG_0197.jpg


船旅も合わせて秋の行楽かねて九州へGO!!!

そんでみんなで力合わせて応援しましょう~




カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR