徳島戦を前に思う

徳島ヴォルティス

現在14位

9勝11分11敗

得失点差-4

カマタマーレ讃岐

現在15位

9勝10分12敗

得失点差ー5

こう並べると一見拮抗しているように見える。



しかし、もしJ2も前期、後期2シーズン制(J1の様に)なら

セカンドステージ(7月からの二回り目だけで考えると)

徳島 6勝1分3敗で5位

讃岐 3勝3分4敗で14位


つまり

実力が拮抗した相手と「決戦」に挑むのではない。

春先とは明らかに違う様相を呈している。

はっきりと上位へのチャレンジ戦であろう。


背後にある目的が明確に違う事を知る。とあるブログから・・・・

その記事によると徳島ヴォルティス の最終目的は

「残り全勝してプレーオフ進出」だそうだ。

昇格を諦めない背水の陣、明日なき戦いを継続中とのことだ。

今節讃岐に敗れた場合、その目的が絶たれかねない。

そこに生まれるサポの気迫たるやものすごいものであろう。

想像できない。


我らは「降格・入替え戦対象」の勝ち点を計算しながら残留戦線を戦う。

そこには星勘定が計算できる。

そこにクレバーな計算が必要であることは間違いない。

しかし、そのクレバーさ故に昇格エネルギーに飲み込まれてしまう危険あり。

そして飲み込まれ押し流された先で

大きく口をあけて待っているのが入れ替え戦や降格の危機・・・・・

そんな背景を感じる「クラシコ」であるわけだ。



2012年 J2リーグ最終戦

町田ゼルビアVS湘南ベルマーレ

町田は勝たねば降格してしまう。

ベルマーレは勝たねば自動昇格できない。

この双方切実なる極限状況下において

この双方後がない状況において

結果は残酷だった。


0-3で湘南勝利


同じ危機感でも

同じ思いでも

残留エネルギーより昇格エネルギーに軍配は上がった。



今節は危険と考える故だ



全力で最終10戦を戦い抜くために今節の結果は本当に重要。

そして、この状況下で頼りになるのは声だし応援サポも含めた観客全員の「気持ち」か・・・


相手は昇格を狙う強豪・・・・

その相手から「生き残り」をかけて勝ち点を奪う。

相当難しいミッションだ。

そこをぐっと飲み込み懸命に応援した先に掴めるものがある。

あると思う。

そう信じて昇格候補の猛攻をしのぎ、何とか乾坤一擲のチャンスを得れるよう応援する。

その気迫が選手に伝わる、乗り移る・・・・・

それが唯一の突破口、アリの一穴になるかもしれない。


今回、私はそう思い臨みます。



14位 徳島 VS 15位 讃岐 ではない

5位 徳島 VS 15位 讃岐 の戦いです。


昇格を狙う、恐ろしく強力な、経験豊富な、危険な危険な隣県の先輩で格上に挑む

J昇格2年目のわれらのチームの戦いです。



みんな!!しまっていこ~!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



え・・・そんなことは言われなくてもわかってる??

油断してるのはお前だけじゃぁぁぁあああああ・・・・・って・・・・


いや~

そうじゃないかと思ってたんですよ~(汗)(汗)(汗)

(;´∀`)






これは前半戦アウェイーポカスタでの風景です。

IMG_5258.jpg

IMG_5212.jpg



ん・・・・

セカンドステージだとすると

前節や残りの対戦カードとかは・・・・・・・・

福岡 6位
徳島 5位
愛媛 7位
熊本 4位
大阪 3位
大宮 1位

(゚A゚;)ゴクリ


今、現在下位に苦しむ

大分さんは16位

岐阜さんは12位

Σ(゚Д゚)

後期は・・・・完全に中位相当の成績じゃん!!!!


うう~ん・・・・・・

険しいね

死闘ですね。

サバイバルですねぇ・・・・・

が・・がんばっていこ~!!!!










カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村




コメント

No title

がくおさん がくおさん、

ご無沙汰してます。
近づいてきましたね。クラシコ
楽しみだなぁ。

残り11試合で6位の愛媛さんまで勝点10差。
無茶だろうと思いつつ、いやいや勝負は最後まで
わからんよ と自分を励ましつつ。
思えば3年連続J2最下位の暗黒時代をから比べたらPO狙いなんて夢のまた夢です。
でも最後まで奇跡を信じます。(笑)

というわけで恒例の今回も本気出しちゃだめですよ(笑)お願いします。

特に、永田・沼田 両選手には沈黙していてもらわんとイカンですね。別のカードで爆発してください。

日曜日、いい試合にしたいですね。
あ、アウェーゲートにいらっしゃるんですか?
挨拶させていただきたいです。

ではでは\(^o^)/

No title

厳しいデータですね。

一戦一戦強く強く強く絶対絶対絶対勝つ!強い思いを持って、選手、チームスタッフ、サポーター、ファンがみんな共に闘いましょう!
諦めない気持ち…最終戦フクアリ千葉戦まで…継続は力なり!

Re: 徳島サポ様

ご無沙汰しております。

今回もよろしくおねがい致します。

胸借ります~!!!

しかしお強いですねぇ・・・

楽しみなクラシコです。

最後まであきらめないサポさん達がいれば

プレーオフは夢ではないと思います。

我らは環境を整備して今年でない未来にプレーオフの夢を見ます。

これも必ずかなうと考えてます。

いつかJ1でこのクラシコを!!!

これも叶いそうな気がします。

それでは当日お待ちしています。


道中お気をつけて~~~~!!!!!

ではでは・・・

またコメントくださいね。

Re: ヤマシタ様

確かに厳しいです。

けどもともと2014年21位なんで(笑)

そもそもすべての相手が厳しいような気がします・・・笑

自身の弱さや実力を認めてぶつかるときに

無類の強さを発揮するカマタマーレ。


そのことを自身が忘れないために書きました

みんなはそんなことないと思いますが、一応書いてみました(笑)

まずはクラブを信じてクラシコを楽しみましょ~

ではでは・・・



非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR