天王山とは

雌雄を決する戦いなら

15日の長野との決戦は「ここが天下分け目の関ヶ原」と呼ばれるはずである

しかし、すべてマスコミは「天王山」と表現している。


まぁ、どちらの表現でも重要な試合にかわりはないのだが

そこには関係各所や県民意識が少なからず反映されているように思えてならない。


「関ヶ原の戦い」と天王山が戦略的な要所となりえた「山崎の戦い」

どちらも政権闘争の戦争の雌雄を決する場であったが

敵味方の判別が難しくどちらが裏切るかわからない関ヶ原と

あきらかに敵味方がはっきりし戦略的な要所を奪取することで戦の趨勢が決まる「天王山」では

やはり意味合いが違う。


関ヶ原に敗れても豊臣軍は依然「大阪城・大将秀頼公」は健在であり主権争いは決着するものではない。

それに対して「天王山(山崎の戦い)」は光秀・秀吉とも予備兵力を持たない軍同士の激突であり

敗戦から復活することは限りなく難しい状況である。



また「戦そのもの」はとても拮抗していてもその山の奪取が一気に流れを変えてしまうことも意味する。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




カマタマーレは万一ここを敗れても

勝ち点差は1、残り九試合を考えても致命的な打撃は受けない。

主導権を握れる意味合いではむしろ「ここが関ヶ原」といった方が実情に近い。


しかし、しかし・・・

やはりここが「天王山」なのであろう。

少なくとも勝ち点2差をつけられているパルセイロにとっては・・・

「引きわけ」すら許されない。


対してわれらはこのシーズンで最も戦略的な重要性が高い試合を奪取できれば

リーグ戦すべての流れを引き寄せれる


町田、金沢の3位グループは「2位狙い」にその重きを置かざる得ない

讃岐戦に対する意気込みは少なくともこれ以上増幅しない。

パルセイロを破れば町田・金沢の戦闘意欲もその対象を変えなければならない。


とりわけ固くなることはないと思う

冷静に我慢強く「ここで」勝ち点を重ねる事に集中する。

万一かなわなかったとしても焦らず次節に備える。

そうならないよう声をからし選手の後押しをする。

それだけ。

普段通りそのままでいいと思う。





天王山から一望できるものは当時の政権中枢「京都」であり

我々が見えるものは「J」なのかもしれない



今思う事をつらつらと・・・・

みなさんスルーしてください(笑)

画像 370
画像 370 posted by (C)がくお






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




コメント

No title

天王山応援いけない(残念)
9月15日(日)の長野との試合は、J2昇格を優位に出来る天王山ですが、私、仕事の関係(日曜日なのに?)から応援に行けません。
たぶん、試合中は、カマタマーレ讃岐の勝利を祈りつつ仕事をしていると思います。
試合終了時刻と仕事が終わる時刻が同じなのでカマタマーレ讃岐の勝利を味わえるのを祈っています。
皆様方には、私の分まで、応援をよろしく御願いします。

しんちゃんさんへ

魂お預かりします。

それぞれみなさん実生活では
レギュラーポジションをお持ちのことと思います。
その責任を果たすため仕事をなさることは
称賛に価します。

スタジアムに駆け付けれる者が
来れない方たちにかわり全力で戦います。

どうかお仕事頑張ってください。

魂お預かりいたします。

朗報を届けたい!!(笑)。

コメントありがとうございます。

追伸

次のホームの金沢も強敵です。
そこでお会いしましょう!!

ではでは・・・・

前日練習観戦

明日の試合には、応援に行けませんので、前日練習を見に、東部運動公園に行ってきました。
選手は、いつも以上に、監督の指示で基本練習をし、明日の長野との天王山に備えていました。
高橋及び木島始め全員で明日の試合に向けての意気込みが感じられました。
明日は、最高の試合をしてくれると思いますので応援よろしく御願いします。

しんちゃんさんへ

選手は最高の試合をしてくれました。
ピッチコンディションは最悪でした。(笑)
引き分けでしたが熱い試合でした。
また、宜しくお願いしますね。
コメントありがとうございました。
(=゚ω゚)ノ
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR