アビスパ福岡

公式戦が再開する。

現在位置を確認してみよう。

カマタマーレ讃岐 J2リーグ 2年目

順位 14位

勝ち点37(9勝10分11敗)

最下位との勝点差=11

入れ替え戦対象チーム(21位)との勝ち点差=8


つまり・・・・

ざっくり言えば・・・・

3連敗すれば

また入れ替え戦を戦う可能性がある。

今の21位に捕捉される可能性大。

1度捕まれば再逆転が至難の業であることは昨年から学んだ。


1戦1戦を大切に戦い

「負けない」試合に徹する。

塹壕戦と言われようが負けないことに徹する。

残り12戦

12引き分けでも目標の勝ち点50にほぼ到達する。


しつこいようだが

まずは負けない。

負けないように応援。



具体的には

押し込まれようようが、

バックパスで逃げざる得ない状況が頻繁になろうが

前半0-0はうちのペースと割り切る。


伝家の宝刀「カウンター」を信じる、期待する。

それまでみんなで「じっ」と我慢する。

乾坤一擲の矢を放つまで

みんなで歯を食いしばり頑張る。

選手の心が折れないようにポジティブに励ます。


そして搾り取って得られた得点なら、

虎の子の1点を死守する。

死守=死んでも守り切るという気概。


決してスカッとする試合でないかもしれない・・・・・

けど選手の懸命さを支える声を上げ続けてほしい。


いつかきっとフロンターレやレッズに4-3で打ち勝つ日が来る。

必ず来る。

そんな日が来るために今日を戦う。

そう信じて、それまでの辛抱だと思い「頑張る。」



・・・・と言ってもホームの応援はみなさんが頼り・・・・

選手の背中押してほしい。

くじけそうなら励ましてほしい。

チャレンジする勇気

気持ちを支えるポジティブな応援を

よろしく、よろしくお願いします。




応援についていろいろ考えがあっていい。

しかし、ここはひとつ総合的な状況からポジティブな応援を・・・・・

試合中にはどうかどうか・・・・お願いします。

これは個人的なお願いです。





さてさて・・・いきなりリーグ戦の再開はアビスパ福岡さん

元J1の名門。

かつて佐賀で開催された天皇杯・浦和戦では

「応援人数少なかろう」と一部サポさんが援軍に来てくれる・・・(笑)

個人的には親交深いクラブである。

しかもなぜか相性がいい・・・・

昇格後、初めて(引き分けで)勝ち点を得た相手。

レベスタでここまでカマタマーレが2勝。

通算2勝1分


ここが怖い・・・・

もし、なんとなくその相性によりそってスタジアムのムード作ると大変なことになりそう。

今年は春先「絶好調のアビスパに当たって砕けろ!!」的な謙虚さと開き直り、

昨秋もよく似た心境「何とか引き分け・・・しかしできる事なら・・・・」この焼けつくような切望。

こんなヒリヒリした心境がチャントに乗った時何かが起こる。


絶~対、油断しちゃぁダメ

勝ち点48の5位が相手です。

恐ろしく巨大で強力な戦力を有する名門と戦う。

7分3分で分が悪い。

2分を謙虚さ、死力を尽くした声援で埋めるうことができて

はじめて引き分けれるかどうか・・・・・


ここからスタート




・・・・・と思われます。


気持ち謙虚に盛り上げていきましょ~


追伸

アビスパサポさんの魂の声援を少しでも鈍らせるべく

アウェイゲート特殊班は渾身のアテンド

「ええ湯加減」の雰囲気になるよう心から親切丁寧におもてなししておきます。

だからカマサポの皆さんよろしくね~


福岡の皆さん

たくさんのご来場、心からお待ちしております~

道中無事で丸亀に・・・ピカラスタジアムにきてくださいね!!!




昨年ご来場の福岡サポさん

IMG_2509.jpg






カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村




コメント

残り12試合になりましたね!

全力で我々も闘うのみですね!

ホームもアウェイも微力ですが参戦します。

応援の仕方はいろいろあると思いますが、心は一つです!

Re: タイトルなし

いよいよ勝負どころですねぇ

選手・サポ・ボラ・運営一体になって闘いましょうね~

アウェイではよろしくお願いします。

ホームはみなさんの後ろで頑張ってますので

応援お任せします。

よろしくお願いいたします~

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR