天皇杯2回戦

さてさて・・

90分間の内容はともかくとして

まずは天皇杯1回戦を突破した。


J公式戦とは違う難しいテーマを抱えながら

結果が出たことに(個人的に)は満足を覚える。


試合に出ていない選手の「カン」みたいなもの・・・・

今回の戦いで研ぎ澄まされただろう。


競馬で「叩き2戦目要注意」

つまり休養明けのG1ホース(いわゆる強い馬)も試合勘なければ初戦は凡走する。

2戦目は見違えるほど仕上がるので侮れないという意味である。

本来の力が発揮されるという意味である。


つまり

苦しいながらも結果を出したことで試合勘が戻った選手多数・・・

=「選手層に厚みが出た」と考えたい。
(それには早目の次の出場機会を得なければ効果は薄れるものでもあるが・・・・)

けが人が出た場合のマイナスはそれなりに予想できる範囲にとどまる。

・・・・と期待しよう。(笑)



今シーズンは極めて無難に成果を得ている。

まさに成長の証。

天皇杯に限って考えれば2年連続1回戦敗退だった。

今年はレギュレーション変更によるものとはいえ2回戦に進める。

選手・サポ共にうれしいことである。


また、2回戦の相手が「モンテディオ山形」さん

昨年2敗

通算7失点 0得点

彼らも今期昇格して、J1で苦労しているが

間違いなく「格上」である。

いや、格上どころか「全く歯が立たなかった」といってもいい。

その相手にシミケン、仲間、永田、ユージを加えて全体として成長しつつあるカマタマーレが

どこまで通用するか大変楽しみである。


昨年監督が

「今年の成長を確かめるためにも来年J2でなければならない」

と入替戦前にコメントしていた。

まさにそんな成長を計る試合である。



土曜日 涼しい19:00キックオフ

1泊+山形観光=素敵なアウェイツアーである。

地理的に山形なんてなかなか訪れる機会はない。

たぶん僕らの知らない文化に触れることができる。

ひっぱりうどんとか食べてみたい(笑)

またサポーター文化も素晴らしく楽し好いスタジアム観戦になると思う

しかも今回はTV中継はない

リアルタイムで見れるのは現地遠征組のみ。 


う~ん


こんな時に名勝負や「ジャイアントキリング」が起こるのよねぇ・・・・・・

しかし

お金ない

時間ない(土曜日11時ぐらいまで所要あり)


ああ・・・悶々と過ごす水曜日・・・・・笑





丸亀にご来場の山形サポさん達

IMG_3160.jpg


IMG_3155.jpg






カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村



コメント

No title

逡巡しましたが私は行くことにしました。
さすがに一泊しますがいつものように自走ですw

観光はおろか土産買う時間もないかもしれません。

Re: No title

コメントありがとうございます。
そうですか・・行かれるのですね・・・・
私は少し難しそうです。
魂をお預けします。

長年の勘ですが
なんかとんでもないことが起こりそうな気がします。
歴史の目撃者になるかも!!!

私もぎりぎりまで努力しますが
いけない場合は魂預けますね
よろしくお願いいたします。

くれぐれも体調気を付けて!!!

ではでは

校正

重箱の隅をつつくような話で申し訳ないのですが
天皇杯2回戦の相手は

「モンテデュオ山形」ではなく
「モンテディオ山形」さんです。
相手さんのあることですし、
訂正をお願いします。
すいません。

2回戦も全力で応援しましょう!

Re: 校正

Σ(゚Д゚;)アラマッ
(/ω\)ハズカシーィ

ありがとうございました~!!!
さっそく修正しました。
2回戦も全力で応援しましょう!

昨年のもチェックしました・・・
2014年6月23日と6月25日
2つの昨年のブログは「ディオ」になってるのに・・・今回はなぜ??
どこから「デュオ」になったのかしら?????

相手さんが見る前に修正できたこと感謝感謝感謝・・・
(いや・・ておくれかも・・・・)

またコメントくださいね
校正も大歓迎

むしろたすかります・・・・
♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュ


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR