野球でいうと残り12試合で3.5ゲーム差

カマタマーレは来期もJ2で戦うために戦っているといってもいい。

正直「J1挑戦」は先の話である。

残留のため「逃げ切り」体制に入っている。


ざっくり誤解を恐れずに書けば

野球でいう「残り12試合で3.5ゲーム差」。

逃げ切りマジックは「9」が点灯している。


カマタマーレが戦うJリーグ・ディビジョン2(いわゆるJ2)には降格制度がある。

降格争いのルールは

J2で「びり」になったチームは有無を言わさずJ3へ降格。

ビリから2番目は「J3」の2位チームと「入替戦」を戦う。

その勝者がJ2で来年すごせる。


この入れ替え戦にカマタマーレは2年連続勝利した。

故に

一昨年は昇格し

昨年は残留できたわけである。


だがもう二度と「降格の危険性のある入れ替え戦なんていや・・・」である。

ぜひ今年は回避したい。

そのためにこの3.5ゲーム差を堅持したい。


しかし今日、岐阜VS群馬の試合がある。

岐阜さんは現時点で降格対象チーム(ビリ)

マジックナンバーとは彼らに対するものある。


しかし今日は雨天中止の代替試合。

彼らしか試合はない。


岐阜が勝つと勝ち点29。

総合順位は21位に上昇する。



「じーっ」としてて我らは勝ち点差を詰められる。(汗)




試合前の順位は

カマタマーレは勝ち点37点。

順位14位は降格とは無縁に見える。

自動降格対象チーム(最下位クラブ=岐阜さん)と11差

入れ替え戦対象クラブ(21位チーム=大分さん)とも11差


勝ち点3ポイントと単純計算すると。

野球でいうところの3.5ゲーム差。

残り試合12。



それが今日、単独で試合のある岐阜さんが勝つと

彼らは入れ替え戦対象クラブに変わる。

そしてその勝ち点差は「8」となる。


あえて野球で例えよう。

3ゲームを切る「差」になる。


カマタマーレはここまで1勝1敗1分ペース

残り4勝4敗4分で行きたい。

勝ち点16が加算したい。

勝ち点53ほしい。

しかしこれは「とらぬ狸の何とやら・・・・」


NPBのペナントレースと違い

J2ボトムズリーグと言われ、

「降格回避」を戦うクラブがいきなり連勝することは考えられない。

逆だ

中位チームがいきなり連敗することがあり得る。


横浜、札幌、岡山といった強豪でさえも

なぜか勝ちきれなくなったりしている。



つまりわれらがけが人等で勝ちきれなくなると危険だ。

一気に飲み込まれる

そこで0.5ゲーム差は貴重な貴重なゲーム差になる。


今日の岐阜VS群馬

日本のサッカーシーンではありふれた2部リーグの代替開催試合

しかし我らにとっては注目に値するゲームである。


gifubiltugufuraltugu.jpg




カマタマーレブログ村はこちらから!!!



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村


追伸

変なフラグを立てたくない

しかしあえて言おう!!

「J2を盛り上げる為に・・・岐阜さん、ぜひ勝ってくれ!!!!」(棒)








コメント

2.5ゲーム差!

がくおさん
今日の群馬vs岐阜戦は0-1で岐阜が勝利して自動残留までの勝ち点差8になってしまいました!
野球で言うと2.5ゲーム差になり残留争いは面白くなりましたね!(冷や汗・・・笑)
岐阜は2試合連続でOGで勝ち点6をゲットしているので何か持っていますね?(不気味?)
讃岐の残り12試合の前期対戦成績は4勝3分5負で勝ち点15で現在の勝ち点37にプラスすると最終勝ち点52になります!
岐阜の残り12試合の前期対戦成績は3勝3分6負で勝ち点12で現在の勝ち点29にプラスすると最終勝ち点が41になります!
あくまでも、数字の遊びかも知れませんが、北野監督が目標としていた勝ち点50をゲットすると岐阜は7勝5負必要になります!
自動残留するためには、やはり、北野監督の目標としていた勝ち点50が必要になる可能性が高いですね?
他の残留争いしている約10チームの動向も気になりますが、沢山のサポーターに丸亀競技場に来て頂き今まで以上に精一杯応援して選手を応援して必ずやJ2残留を勝ちとりたいですね!
今年もJ2残留を勝ちとった時は感涙に噎ぶ予感がします!
共躍!!!!!!!!!


Re: 2.5ゲーム差!

いやいや・・・・

変なことをブログに書いて海より深く反省しています。



ただ望むところです。

簡単にいかなくて結構~!!!!

総力を挙げて生き残ってこそ

次のステージの扉がが見えてくるというもの。

選手・スタッフはもちろんそのつもりでしょうから

我らも腹をくくってのぞむので良いようです。

目標20位。

J2にしがみつく

かっこ悪くても最大のテーマでしょうね。

みんなでクリアーしましょ~

コメントありがとうございます。

ではでは~

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR