長﨑のスタジアム



ピカピカなんですよね

本当にうらやましい

このスタジアム完成を待ちわびてJFL時代を過ごした長崎サポさん。

その粘り強さには頭が下がります。

その甲斐あってかスタジアムの完成年にJ2昇格。

2012年の長﨑さんはJFL最強だったと思います。

その年の2回対戦中、2回とも負けました。

2回目はもう「うちにとっては後がない」状況の

しかも濃霧につき再試合(平日開催)でした。

今でも忘れません。

86分にカマタマーレが勝ち越しに成功。

よしっ!!!もう大丈夫!!!

そう思ったのもつかの間・・・・

その後の猛攻を浴び、10分間で3点失う。

ああ・・・・

怒涛の大逆転劇をされてしまいました。

当時のブログ 運命の10分

当時はもちろん中継もなく、ツイッターや速報を何度も更新しながら・・・・社内参戦。

最後の10分がフリーズ状態になり、何が起こっているかわからない・・・。

その逆転負けの報を試合終了後に受け取りました・・・・。

平日開催でしたので当然観戦にも行けず…

仕事場でうずくまったのを覚えています。


うちがJ昇格した後は3度戦い

通算2分1敗

まだ勝たせていただいてない・・・

1-1、0-1、0-0といつもロースコア。

しかし、大きく試合が壊れるのではない。接戦だ。


更にカマタマーレの戦術上、襲い掛かってくれる相手の方が相性がいい。

つまり相手のホームこそがカマタマーレ伝家の宝刀の切れ味が増す。


横浜、熊本、福岡、札幌、水戸の勝利はアウェイ戦。

またしぶとく、あるいは劇的に引き分けた磐田戦、徳島戦もアウェイ。

この「引分け」2戦は相当盛り上がった。

つまりテンションが上がるエンディング確率がアウェイゲームに多い。

いわゆる「行った甲斐がある試合(あたり!!)」が50%の確率で入っているわけである・・・・笑。


さらにピカピカのスタジアムは気持ちいい

IMG_3012.jpg

IMG_3038.jpg


観戦しやすい

IMG_3014.jpg

IMG_3018.jpg



名物「あごだしうどん」がうまい

うどん県民は一度食べてみる価値あり

IMG_2961.jpg


スタグルもにぎやかだ

IMG_2953.jpg


長﨑で泊まるもよし

福岡で泊まるもよし

IMG_3068.jpg

私は昨年、福岡に泊まり中洲へ

IMG_3069.jpg

屋台でラーメン食べたり焼き鳥食べたり

IMG_3070.jpg

ホークスの試合も場合によってみられる。



当然長﨑は夏休みの宿題にもってこいの歴史の町。

世界遺産に登録された場所(軍艦島)もあれば佐世保にはハウステンボスもある。


長﨑よいとこ

一度は訪れての損はしない。

そして・・・

カマタマーレの伝説的な当たりくじが今回に入っているかもしれない。

私の魂お預かりいただける方・・・募集しております。(笑)






カマタマーレブログ村はこちらから!!!



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村








コメント

No title

長崎行きます!
PVで観てくれている人達に聞こえるように目一杯声出して来ます。
酒の力を借りて叫んでやるー!ビールの力を思い知れーーー!(笑)

Re: ウルトラライトSの父 様

よろしく、よろしくお願いします。
讃岐サポの心意気見せてやってください。
選手の背中押してください。

そして楽しい九州旅行を堪能くださいね。
こちらからエネルギーを送ります~
魂預けます

つ魂

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR