ねたなし・・・・けど・・・なかよし・・・・・笑

写真は6月の梅雨時にお越しになった長崎サポさん。

日曜日の午後6時キックオフ。

その日には帰れなかったでしょうに・・・・

熱心な長﨑サポさんに感謝感謝感謝。





アウェイいかない(いけない??)ボランティアのかなしさ・・・

なんのネタもございません(笑)


今日も屋島大橋でカマタママグネットつけたMさんの車と並走・・・このネタでは1本書けない(笑)

しかも長﨑も家庭の都合でいけません(泣)

というか試合時間に自宅にいれるか微妙・・・・・


ああ・・・

しばらく「ネタ」飢饉に苦しみそう。




ただ水戸でのラインダンスがなんか素敵で・・・・・

そのことが書きたくて。



先日は久々のスカパー観戦でした。

いつも勝利の後はブラウン管(?)のなかで騒いでます。


その時には気が付かないのです。

しかし改めて客観的に見てみると

うちは

①選手との距離が近い

②サポーターどうしの距離が近い

なんかいい感じでまとまっています。

20150818123207991.jpg

あんなに広いバクスタ芝生席で

男女・若老総ての人が

まるで高校野球の同級生が勝ったみたいに

「ぎゅっ」とひっついて喜ぶ姿は

独特のものの様な気がします。


もちろんいい意味で。


いつもネットで「讃岐サポ楽しそうだな~」との記述を見かけます。

そりゃあ勝つことに異常に飢えているかは他サポさんには理解しにくいかもしれません。

だから勝利の暁には特別

他サポからしてもうらやましい仲の良さに見えるのかもしれません。



確かにたくさんのお客さんに来てほしい。

倍のサポーター数にしていきたい。

私もその思いはあります。

それがかなわないジレンマに苦しみますが

少ないゆえにこの一体感や温かみがあるのでしょう。

一度巨大化するともう後には戻れないと思いますし

今はいちばん最も贅沢に楽しい時期かもしれません。

もちろんこのままの観客数でいいとは思っていませんし、

いずれ大入りのスタジアムができるでしょう。


だからこの少人数でアットホームなサポーター瞬間は

今だけで貴重で・・・・・幸せな時間。


新しくいらした方

うちのサポは「応援歴の長さは全く関係ありません!!!」というスタンスですから

どんどんハマって!!!

この贅沢な瞬間を共有しましょ~。

よろしければ一度アウェイへ!!!






カマタマーレブログ村はこちらから!!!



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

よー見かけますよ(笑)

Mさん

私は意外に気が付いてないです~(笑)
実はあの日を最後にダイエットのため自転車通勤です。
暫くは自転車道路にご注目ください(笑)

水戸戦で初体験

がくおさんこんばんわ
遅めのコメントですが水戸戦でラインダンスを初体験しました(笑)
アウェイ観戦歴4年目にして初めて、
それはもう周り中のサポーターとハイタッチ
続いて楽しい楽しい歓喜の♪ラインダンス♪
アウェイサポーターは止められませんね (笑)
是非是非皆さんもご参加を(^_^)

これからの関東組にとって今後の試合が西の方だけなので
ホーム最終戦の観戦を模索しております(^_^)

Re: 水戸戦で初体験

おお~
うらやましい~
ラインダンス踊りましたか~

本当にダンスの瞬間はみんな仲良さそうで幸せ感が伝わりますね~
特に水戸戦のときには相当な人数がギュッとかたまって大騒ぎしている感が
よそ様にはないアットホーム感があり・・・笑

アウェイの団結も手伝ってなんか病みつきになりますよね~
私なんかはもう病気のレベルです(笑)

今度アウェイご一緒しましょうね~
まずは最終戦
千葉戦でお会いしましょう~

セレッソ戦はもしよければ・・・

コメントありがとうございました。
またお願いしますね~

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR