敗れる



試合終了後

ヴェルディサポさんの勝利ダンスをみる。


忘れない様に

次のステージに進む為に

みんなで唇を噛み締め見る。

終わるまで見続ける。



なぜか今日は見ておかねばと思う。

それは多分…

自身の中で育ちつつある「良くないもの」

を浄化する為の様な気がする。


今節も

最初の15分

前半の試合展開

時間帯を区切り見ていると

うちの術中がハマりつつある。

作戦は成功しつつあった。


強固な防御陣を築き

それを崩そうと前進して来た相手に

カウンターを放つ。

自陣深い位置より「あっ」というまに

相当決定的な所まで進入している。



一進一退ではある。



…がうちには相当な自信があった。

これまで幾度も難敵相手に

同じ様な展開で

とても有効だった一撃必殺の宝刀が

今日も相手を打ち倒せる。


そういう期待に満ちた前半だった。


歯車が狂い出したのは最初の失点。

あのシミケンさんが相当な抗議

スタジアムビジョンで得点リプレイが流れない。

さらに選手の抗議が続く。

正直、そこにいるカマタマーレサポは

事実自体の真偽は遠すぎて判断不能。

ただ状況証拠的発想だが

リプレイを流せない以上

全員誤審を疑いたくなる雰囲気。


しかし、認められず試合再開。


それほどきわどいプレーだったのかと思う。

しかし、勝利の一撃は

同点への一撃に

期待へ変わる。


そう、それで充分なのに

どうしても最初の失点に

潔ぎよくなれない自分がいる。


まだ独善的な妄想が私のチャントに混ざり

全てのゴール裏のエネルギーにマイナスの

響きを与えたかもしれない。

サッカーの女神様はそういう響きのチャントは

とても不快なのでしょう。


結果、望んだ同点劇と間逆のシーンが

後半ロスタイムに起こる。(´Д` )


故に最後までヴェルディのダンスをみる。

今日の自身の強烈な戒めのために。



もちろん、こんな残念メンタルは私だけです。

アウェイ遠征サポは

堂々と味スタでヴェルディサポさんと

応援合戦を繰り広げました。

屋根のおかげで声が反響。

一体感が半端ない。


それにアウェイエリア来場者数が600人

これはすごい‼︎

最近のアウェイ観客数の充実はもう

素晴らしいの一言



負けましたが

自身の戒めと

アウェイの飛躍的な充実を

お土産に今から讃岐にかえります。



大丈夫

讃岐は前進しています。

これは間違の無い事実だと思います。

みんなで元気に週末丸亀で

元気に会いしましょう〜〜




また、詳細はかきますね。

素敵なこともたくさんあったのです‼︎





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

コメント

悔しい!!

がくおさん
猛暑のアウェイ応援お疲れ様でした!
私はいつもと同じで家内とスカパーで勝利を信じて応援していました!
前半は、攻め込まれてはいましたが讃岐ペースで試合が進んでいたので悪くても勝ち点1は間違いないと思っていました。
しかし、1点目の不運(相手ハンド?キーパーチャジ?)で完全に相手方ペースになり負けてしまった瞬間は今シーズンでもっとも悔しく脱力感を感じました!
応援に行かれていたがくおさんはじめサポーターの方はもっと生で敗戦を見られたので悔しかったと思います!
しかし、J2残留にはあと15試合を闘わなければならないし、私たち以上に悔しかったと思う選手を後押しするために全力で応援します。
これから、東部運動公園に練習見学に行って選手を激励してきます!
これからもよろしく御願いします!

私も現地観戦して来ました。ほんまは、サポーターの呼び掛けに答えて寄っていけばええのでしょうが…どうしてもゆっくり試合を観戦したかったので、ゴール裏の上の方で観戦応援させていただきました。
年齢とともに、老眼でなく、近眼になっているので、どうしても見えにくかったのですが…自然発生的に声がでてましたが…
アウェイ席600人ですか…凄いですね。

試合負けました…率直に、ヴェルデイの育成が、チームの底力になり実をつけ花を咲かせようとしているのでしょうね!
我が家も早くカマタマーレ讃岐U-18出身選手がピッチの上で活躍して欲しいですね。
群馬戦、共に戦い共に喜びを分かちいましょう。
長文失礼しました。
追伸、毎回楽しく、文書力の凄さに感心しつつ読ませていただいています。これからも楽しみにしています。

残念!!

本年初めてのアウェイでした。
家族とともに香川から自走して遠征に行きました。
試合前、早く着きすぎて味スタのロイホで休んでいました。お会計時にカウンターで座っていたのががくおさんでしょうか。挨拶してもらってうれしかったです。(人違いでしたらごめんなさい)
試合は非常に残念でした。しばらく脱力感で歩けませんでした。あの暑くて蒸し蒸しするなか、選手はがんばってくれたと思います。いつもカマタマーレの試合を見ると、自分もがんばらなければと元気をもらいます。

P.S ブログ毎回楽しみにしています。

No title

お疲れ様でした。
試合展開&結果と内容。その他諸々・・・分かっちゃいるけど自分に全てを納得させるのに時間がかかる試合でした。自分も宿に戻って久しぶりに酒飲みました。

唯一の救いは駅までの帰路、多くの緑サポの口から「讃岐の10番がヤバかった」「引っ込めてくれたのはラッキー」という声が聞こえた事です。

次戦ホームでチームも我々も仕切り直しです!

Re: 悔しい!!

いやぁ・・・試合は残念でした。

本当に作戦は成功しつつあったんです。
一枚上手でした。ヴェルディが・・・

しかし最後の失点シーンは木島が全力で防戦に戻ってきて・・・
そのままシミケンさんと一緒にぶっ倒れて・・・もう涙が出ました。
誇らしい男です。

1点目は正直ゴール裏では「なになに???」「オフサイド??」ぐらいの????状態でして・・・
スカパーで見れば明確なハンドやチャージではない微妙な感じで審判リスペクトせにゃならんかな・・という今は感じです。

あと15試合
この敗戦を糧にまだまだ戦えます。
これからもよろしくお願いいたします。

東部は熱いから熱中症気を付けてくださいね・・・笑

ではでは
コメントありがとうございました。

Re: ヤマシタさん

アウェイ参戦お疲れ様でした。

いえいえ
その方にあった応援スタイルで!!
自然と声を出していただけたなんてそれだけで感激です!!
これからもおよろしくお願いいたします。
あと15試合団結して戦いましょうね~!!

アウェイ600人
むしろ関東在住のうどん県民のほうが哀愁を誘うチームなのでしょうか!!
ホームより・・なんか・・・お祭り感ありますよね!!アウェイって(笑)

またご一緒できたらうれしいです。

ヴェルディはまさしく今の順位相当の実力。
昨年や春先とは別チーム・・・
確かな育成に裏付けられた土台はさすが名門!!
いつか育成からカマタマーレの星が誕生することは私も祈ってます
その意見位わたくし全く同感です。

いつもお読みいただきありがとうございます。
またコメントくださいね。

ではでは・・・


Re: 残念!!

東京遠征お疲れ様でした。
家族で参戦なんて・・・素晴らしい・・・うらやましい
(最近うちはだれもついてきてくれないもので・・・笑)
いやぁ~ロイヤルホストでお会いできてうれしかったです。
またどこかのアウェイのファミレスに入るときはちくまさん家族を探します(笑)

試合は残念でしたが東京で家族と楽しまれたのならうれしいです。
また、脱力感はもうみんな半端なく(笑)
散らかったけどその瞬間が全員ファミリーと思うと意味があるかもしれません。
27年味スタの600人に参加できたことがなんかうれしく思います。
もちろんお留守番部隊の念力にも感謝してますが・・・笑

選手は頑張ってくれました
誇らしく私も思います。

またお声をおかけください。
よろしくお願いいたします

ではでは・・・
コメントありがとうございました。

Re: めっと様

本当に東京遠征ご苦労様でした。
確かに環境的には地獄の死闘の中でさらに敗戦という
まぁ・・・修行の様な・・・経験でしたねぇ・・・
けどメットさんをはじめみんなで応援できたことが私は誇らしい。
あの600人に参加できたことがうれしい。
また一緒にアウェイで応援しましょうね。
めっつぁんおコメントなければ今回・・私、参戦してなかったかもしれません笑

そうですかぁ・・
高木がそんなに評価されて・・・・誇らしい・・・・・

さてさて今週のホームも応援よろしくお願いいたします。
わたくしもアウェイゲートで頑張ります!!!

ではでは・・・
またコメントくださいね~

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR