エネルギーが尽きるまで・・・・


この暑さで

気力

体力

財力

総て空っぽになりそう(笑)


さんざん今回の参戦について迷ったが

行くことにしましたわ!!!!

・・・・・・・・・笑



その全エネルギーが尽きるまで

駆け付けて応援したい。


ヨシッ!!

人生にそんな時があってもいい。

後悔はしない。



まだ私の中に戦う燃料は残ってますよ~

今は純粋に楽しみです。

楽しんできます。



東京遠征に参加される方

味の素スタジアムで!!!!




巨大スタジアム 味スタ 紹介

IMG_3535.jpg



飛田給駅から、もうその威容が見える。

今年の天皇杯の決勝に使用されるらしい。

IMG_3532.jpg



スタジアム内もすごい!!

ワールドクラス・スタジアムです。




たのしみ~



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




コメント

忘れないうちに(^_^;)

帰路途中に足止めさせてごめんなさいm(__)m

さて今日感じた事を。参考になれば幸いです。
1)声出しの陣取りについてなんですが、味スタの様に屋根or二階席あるスタジアムの場合は最前列より少し後ろ(=中段辺り)に陣取って屋根の反響を利用するのもありと思います。
2)最前列で『誠』の旗振ってた女性が輝いてましたね!特にカーナバルチャント時にキレあるダンス付きで跳ねてたのが印象的でした。既にやっているかもしれませんが、彼女の様な人を丸亀で点在させてその周囲を煽るのはどうでしょう?
以上二点がくおさんに判断委ねますが、コールリーダーさんor応援団長に伝えて頂き参考になればと思います。

追伸
カミングアウトして胸のつかえがとれました(^_^;)
またちょくちょくコメントさせて頂きます!

Re: 忘れないうちに(^_^;)

いえいえ・・・
こちらこそ引き止めまして申し訳ありません。
無事に帰宅されましたでしょうか・・・
1)2)につきましてはCLさんや後援会さんに伝えます。
一生懸命やってくれてる人たちなので喜ぶと思います。

ご提案感謝感謝感謝です。
またお会いできる日を楽しみにしています。
観戦いただいたこと、わざわざカマタマーレエリアで観戦いただいたこと
2重の感謝です。

カミングアウトはお気になさらず。
むしろうれしいし応援させていただきますね。
僕はあのチームを尊敬してますので・・・・

またコメントください
お返事遅くなりスイマセン。

ではでは・・・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR