ヴェルディさん

今シーズンおいでいただきましたヴェルディサポさん。

事前搬入で全員搬入作業のためにスタジアム中に入る。

みなさんすごく仲がいい。印象的な光景でした。

それと東京オリンピックの宣伝横断幕が印象的な記憶。

ああ・・・東京でオリンピックするんだなぁ・・・と改めて実感。



通算成績は2勝1敗。

勝ち越してる。

相性は悪くないのではと思う。

カウンター使いのうちにとって

相手の高い個人技と流れるようなパスは脅威ではある。

・・・が前がかりに前進してくる相手とは相性がいい。


その結果が通算成績になって現れるのか??

敗戦もまだわれらのスタイルが完成せずさまよっていた2014年シーズン序盤だ。

昨年後半は何とか降格圏を逃れようと猛追した直上20位が東京ヴェルディ。


2014年9月6日 第30節にはアウェイ 味の素スタジアムで雨中の戦い

0―1 讃岐 が勝利。勝点差は4と最大限まで縮まった。

東京はデング熱騒ぎとか・・笑

色々あったことを覚えている。

IMG_3565.jpg

今年はGWでの対戦。第11節。

永田選手の復帰と先制弾で勝利した。

「4月=未勝利」から脱し今の成績につながる切っ掛けとなる節だったかもしれない。


しかし

しかし


お互い3月遭わないうちに状況が激変

我ら讃岐は前評判の降格圏内をひとまず脱している。

ヴェルディさんは自動昇格まで狙おうかという位置まで来ている。

我ら12位  

ヴェルディ4位(2位ジュビロまで勝点差「4」)



私が若き頃、仰ぎ見たヴェルディは常に強者。

Jリーグの・・いや・・・アジアの王であった。

いろいろあって今は残念ながら違うかもしれない。

けど私にとってあの緑色は日本サッカー界の王様の色なのである。


今回対戦するヴェルディが本来の姿に近いのだろう。

自動昇格のための障害の一つにすぎない「讃岐」を蹴散らす。

課題は「堅守をどうこじ開けるか・・・」


そんな風に考えているに違いない。

「負ける」なんてことは一切考えてない。


・・・・・・・それでこそヴェルディ・・・・・・・・・

本来の姿・J初代王者。


いやいや・・・こうでなくっちゃ!!


楽しみ楽しみ





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

No title

がくおさんももちろん週末味スタ行かれますよね?私も参戦します。
昨シーズン行けなかった味スタ。楽しみです。

今別のニュースで話題の調布、今日もゲリラ豪雨があったようで当日もずぶ濡れの可能性大ですね。
でも雨が降ったら降ったで吉兆と思えばいいか!

Re:めっと様

明日よろしくお願いします。
迷ってましたがいただいてコメントを読んで決心しました・・・笑

明日ご一緒できてうれしいです。
ヴェルディに一泡吹かせてやりましょう!!!

あす味スタで!!!

追伸

確かに雨心配ですねぇ・・・・・ゲリラ豪雨・・・

ではでは・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR