正念場かも

本日の四国新聞の先発予想が事実なら

明日は今シーズンの最大の山場だろう。

ひょっとすると

クラブの将来を占うゲームかもしれない。



ベテランの多いチームが

連戦の続く夏場を乗り切るには

ターンオーバーと呼ばれる交代制の休憩

が必ず必要。

これは仕方がない事で理解できる。

その分、今年の戦力として

未知なる選手が投入される。



ずばり、勝敗の帰趨が読みにくい。



交代で出た選手が活躍するなら

それは喜ばしい事で選手層が厚く

よりチームは安定するという利点は確かにある。


万が一望まぬ結果になっても

経験と課題を手に入れられるだろう。




しかし、我らには余り時間的なゆとりが無い。

最下位チームですら勝ち点8差に迫っている。

不本意な成績に甘んじていた

強豪達は目覚め、完全に追撃体制に入った。


讃岐がいくら勝ち点を重ねても

引き離す事能わない。


下位チームは

ここ10試合は我らを上回るペースで

勝ち点を積み上げてる。

この事を思うと

明日は新しい試みにチャレンジしつつ

結果にも拘わざる得ない。

厳しいミッションである。




あるいは明日の先発フォーメーションが

怪我人が続出の野戦病院状態によるものなら

これは恐怖だ。

今ここからの試行錯誤がはじまる。

代わりが効かないポジションなら

フォーメーションや戦術ごと

今から作りたさねはわならない。



ここまで順調だった事は

前節まで大きな怪我人が居なかった事が大きい。

そのアドバンテージを失うのは恐怖である。


ただ時間や相手はまってくれない。

淡々と明日は、次節はやってくる。



ならばチャレンジするのみ

より大きな声で

よりポジティブな言葉で

クラブの新しい試みを

鼓舞し励ますのみ。


これが何としても必要。


我らボランティアにはこれができない。

故にバックスタンドに参戦予定の皆さま

どうか、どうか、よろしくお願いします。

明日はどんなメンバー、

フォーメーションになろうと

スーパーポジティブな言葉でクラブのチャレンジを

後押ししてくれる事よろしくお願いします。


「何やってんだよ‼︎」

と言いたくなるかも知れません。

けど明日だけはどうかどうか

「大丈夫‼︎大丈夫‼︎できてるよ‼︎ok‼︎ok‼︎」

とポジティブな応援で選手を乗せて下さいね。



大丈夫

必ず道は開けます。

いや切り開いて来たじゃないですか。


明日、バックスタンドに駆けつけれない事は

身を焦がすくらいの痛恨の思いです。

けど持ち場を離れるわけにはいきません。

皆さんの最も近くで祈り続けます。

どうかどうか選手の背中の後押し

よろしくお願いします。

勝ちましょう‼︎大丈夫‼︎大丈夫‼︎









カマタマーレブログはこちらから‼︎

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


コメント

夏場の天王山!

がくおさん
今日の北九州戦は、連戦で夏場の天王山になりそうですね!
しかし、北九州も連戦ですし、讃岐は多くのサポーターの応援の後押しを受けるホームで試合が出来ることは若干有利でしょうか?
私もスタンドで北九州戦を応援したかったのですが、親戚の法事があり残念ながらスカパーでの応援になりそうです!
昨日は、前日練習を見学に丸亀市営陸上競技場に行きましたが、選手の皆さんは体調も良く北九州戦にかける意気込みが見られました!
あとは、北野監督の采配を信じて、ピッチに立たれる選手はじめ控えの選手、スタンド及びスカパーで応援されるサポーター、スタンド廻りのがくおさん等のスタッフのみなさん一体となって頑張りましょう!
わたしも、家内と勝利を信じてスカパーで精一杯応援します!

Re: 夏場の天王山!

応援ありがとうございました。
本日何とか勝利を収めることができました。

選手やサポさん達の頑張りのおかげです。

いやいや・・・試合内容は・・・まだこの目でスカパーを見てないのですが・・・笑
サポさん達がうれしそうな笑顔で今日の奮戦ぶりを教えてくれました。

想像していたターンオーバーはなく沼田選手以外はいつものメンバーでした。
強くなったもので・・・相当押し込まれていたようですが
少ないチャンスを生かして勝ちきったそうです。

仰る通り夏場の連戦「天王山」最良な結果と共に乗り切りました。

しかし、まだまだリーグ戦は続きます。

これからも応援よろしくお願いいたします。
ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR