鋼鉄の心臓で

≪2015明治安田生命J2リーグ 第25節≫

■ 開催日    : 7月22日(水) 19:03 KICK OFF

■ 試合会場  : 栃木県グリーンスタジアム

■ 試合結果 : カマタマーレ讃岐 0 - 1 栃木SC


敗戦


7戦負けなしとは

2月近く敗戦を経験してなかった訳で

そう思うと自身かなり過保護に育ってきた2月と

自覚がある訳で。


大昔の長篠の戦い。

最強無敵の武田軍団が壊滅的大敗をした際

武田の老将が呟いたそうだ。

「我らの過ちは若者に敗戦を経験させてこなかった

事」と。


確かにくやしい。

明日仕事に力入らない。

しかし

しかし

敗戦はいつだって我らを強くした。

今日はもっと強くなるための試練。


断じて1敗を受け入れられぬほど

讃岐サポはやわではない。

だってあの地獄を闘いぬいて

あの激戦を生き残ってきたのだから。


また、日曜、丸亀にあつまりましょう。

鋼鉄の心臓を携えて





こころ穏やかになりたい人

カマタマーレ女子マネージャー

春奈さまの北海道での一枚をどうぞ。












にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






コメント

勝ち点3に飢える?

がくおさん
7試合負け無しで十分なはずなのに、昨日の栃木戦の敗戦はやはりこたえ悔しさで眠れませんでした!
昨年の勝ち点33に対して今年はシーズン半ばで勝ち点30点を獲得しており、本当なら余裕で試合の応援が出来るはずなのですが、下位チームの追撃にビクビクしている私のか弱い心臓の鼓動が聞こえます!
しかし、まだ、上位のチームとの勝ち点も僅かであり、まだまだ、上位を狙える位置にいることも確かです!
天皇杯(8/31)までの5試合(ホーム2試合・アウェイ3試合)が今後の終盤戦に向かっての山場になるような気がします!
大切な5試合ですが、用事がありたぶんスカパーでの応援になると思いますが、気持ちは選手及びサポーターと共躍すべく応援します!
今後ともよろしく御願いします!

Re: 勝ち点3に飢える?

応援お疲れ様でした

確かに寝付けない夜
ロスタイムに被弾するのは野球でいうサヨナラゲーム並みに応えますねぇ・・・
負けた方は・・・

ただ仰るように昨年からは飛躍的な成長
ここは自信持っていい
しかし今年は中位下位が混戦
ここは気が抜けませんねぇ・・・

本当に胃が痛い(笑)
まさに鋼鉄の心臓で行かねば・・・われら、精神的に持ちませんねぇ・・・

仰る通りココが正念場
栃木は前回対戦した際に14位でした。
それが今回試合前には20位
逆にわれらも秋にはそうなりえるという恐ろしい混戦です。

これからも応援よろしくお願いいたします。
頑張っていきましょ~!!

コメントありがとうございました
またコメントくださいね

ではでは・・・・


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR