しょっぱかった(?)ソーセージ(TдT)

フクアリでのスタジアムグルメ

「喜作」のソーセージは量、味とも最高。

IMG_1247
IMG_1247 posted by (C)がくお


タッパーもってエコに購入すると4~5本おまけしていただける

もちろん香川から持参して購入。


しかし、そのソーセージを帰りの車中

意外な塩辛さと共に味わうことになろうとは・・・・

当然、ソーセージの問題ではなく敗戦が与えた心理的なショックから

目から出た汗のせいで塩加減が増量されました。



今回はこの遠征の象徴ともいえるソーセージの思い出から天皇杯2回戦の観戦記を書こうと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





今回の旅は試合時間が変更された関係でかなり余裕の到着

浅草観光とスカイツリーを水上バスで行う

IMG_1236
IMG_1236 posted by (C)がくお


おお!!今までの中で最も豪華!!

すばらしい東京の風景!!

田舎者なのでスカイツリー初めて見たぁぁぁああああああ!!!

IMG_1231
IMG_1231 posted by (C)がくお


浅草寺では「オリンピック東京開催決定!!」で盛り上がっているかと思ったがそんなでもなく・・・


しかし路上で産経新聞の号外をいただく

これはこれで嬉しい!!

記念にとっておこう・・・・

IMG_1219
IMG_1219 posted by (C)がくお

このレインボーブリッジ周辺で7年後熱戦が繰り広げられるかと思うと不思議な気分だ

その頃はう~ん

50歳だ!!!

IMG_1234
IMG_1234 posted by (C)がくお


「外国人記者にインタビューされたらどうしよう・・・」なるわけのわからん心配は杞憂におわる(笑)



浅草。外国人の人多し!!
IMG_1220
IMG_1220 posted by (C)がくお

観光を一段落させ新橋で「帰りの乗り換えルート」を確認して

いざ敵地「フクダ電子アリーナ」へ



蘇我駅到着・・・・・・



アウェイ感満載の駅、っていうか「ジェフ駅」に改名した方がよくね??

あふれんばかりのジェフ。香川の皆さん、信じてください。本当にこれが駅なんです!!!

高松駅と丸亀駅の駅長さんにはぜひ研修で行ってほしいものである・・・

よろしくお願いします!!!

IMG_1241
IMG_1241 posted by (C)がくお

チームの歴史も感じるなぁ・・・

IMG_1239
IMG_1239 posted by (C)がくお

てくてく歩くこと10分


すげー!!!

これがジェフ千葉の本拠地・・・通称「フクアリ」かぁあああああああ!!!

目の前に現れたのは要塞のような最新型のサッカー専用スタジアムでした・・・・( ゚д゚)ポカーン


IMG_1244
IMG_1244 posted by (C)がくお


IMG_1245
IMG_1245 posted by (C)がくお


昨年のベアスタもすごかった

しかしこのフクアリは駅からここまでに至る道中のチームアピールがすごい

そしてスタジアム

その周りの商業施設



オリジナル10



この光景をみて私の脳裏に浮かんだ最初の単語・・・

Jリーグ史上最も歴史の長い10チームにのみ与えられるこの称号

J創世記から存在するチームにのみ名乗ることが許される称号


その歴史と情熱にまず圧倒されるスタートとなりました。





追伸

スタの周りをうろうろ散策するとジェフサポさんに親しく声をかけていただく

そして、その質問のほとんどが

「今日アンドレアでますか??」だった・・・・



ジェフさん・・・・

J1に上がるために強奪せんでくださいよ!!

アンドレア



少し不安になりました

( "・ω・゛)ヨボーン






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







コメント

JR東日本ですから

今回は天皇杯ということもあり、観客数、スタグルは通常の3割くらい。
スタジアムDJ、電光アドボード、その他の企画は無しでした。


>「ジェフ駅」に改名した方がよくね??
更に、通常のリーグ戦だと駅員さんは全員ジェフのレプリカシャツを着ています(^o^)/

ちなみにワンタッチパス(観戦記録カード)はSuicaです。
場内のグッズ売店はSuicaが使えます。

と言うかJEFのJEはJR Eastですからね。


勝負は勝負として、多少なりとも楽しんでいただけたようでよかったです。

恐れ入りました(笑)

いぬサポさんへ
何から何まで恐れ入りました。

スタグルは別としてもあの観客数で
リーグ戦の3割程度とは・・・
うちの無料動員デー並みの入りでした(笑)

事前にジェフさんの平均観客数調べようと
公式HP拝見しましたがなかなか見つからず・・
今思えばそんなファクターを気にする必要はない
チームですよねぇ。
みなさんは、平均1万人お客さんが来るのだから

う~ん、すごい、うらやましい!!

ここまでの道のりは
さぞ苦労が多かったことと思うし
うちも励みになります。

20年かけてもジェフに追いつこう!って。

観戦記録がSuicaといわれても
我々はもうなんのこっちゃさっぱり(笑)
なんかとんでもなく別次元のシステムですぅうう。
けどうちも駅員さんにレプユニ
着てもらうことはできるかも!!
ヒント感謝です。


お邪魔したうちのサポは口をそろえて
いいスタジアムだなぁ~。俺たちもほしいなぁ~
と言ってました。
専用スタがあれほど臨場感があるとは!!

来場した遠征メンバーの多くが
タッパー持参でした
情報ありがとうございました。
スタジアムグルメ楽しめました。

次回お会いするときは
もう少し歯ごたえのある相手に
なっていたいものです。

そして俺たちを強くしたのは間違いなく
2013年のジェフさんですと胸を張りたいです。

来年お会いしましょうとは申しません。
我々も昇格レースギリギリのところで
戦っておりますし
ジェフさんはさらなる高みに
挑戦中のことと思います。

どのカテゴリーでもいいですので
再戦のときまで壮健なれ

ではでは・・・

さぬきとあるサポより
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 


IMG_1337.jpg








2018シーズンチャントはこちらからダウンロードください

http://celeste-de-corazon.com/information/?id=47













ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR