SC相模原観戦記 1


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

格安航空券を使い神奈川県相模原市へ

朝6:00時 自宅出発

まずは隣県のこの空港へ移動

7:05到着

7:45フライト

9:05羽田へ到着

IMG_0668.JPG



京急線、相鉄線、相模原線と乗継スタジアム最寄り駅はここ

IMG_0670.JPG

ハラタイマ駅・・・・

すげぇ名前のえきだなぁ・・

この時点で11:10

文明の力・・・すばらしい・・・





電車内の道中スマホで某掲示板の相模原板なんか覗く


「うどん達は田舎もんだから大観衆が弱い。3000人くらい動員して威嚇!!」

みたいな内容を発見



・・・ははは・・・確かにわれら田舎もんだが・・・・

相模原線から見える風景はそんなに変わらんよ

わが故郷と。



むしろこの風景・・・親近感がわく・・・

神奈川県でも横浜駅周辺とは雰囲気が違う

大都会にあるのどかな町のチーム

それに、うち今、動員苦しんですけど前節は6000人弱動員しとるがな・・・



JFLリーグにおいて初顔合わせ・・・・



つまり

我々にとって相模原は未知なる相手であるように

先方にとってもカマタマーレは

あんまり情報のない「未知なる四国の町のチーム」ということ

この「書き込み」はそれを物語っている



そういう意味では

「やりにくさ」というか

「不気味さ」というか

「不安」が漂う移動時間を過ごしました



駅を降り、徒歩でスタジアムを目指す

駅から徒歩くこと25分

山あり谷あり、鶏小屋あり・・・

(心が狭いので田舎者といわれたことを少し根に持つ・・・笑)


この道はスタジアムまでの実際の道です!!

(人間の小さい私・・・笑)

道.jpg



見えてきましたスタジアム

へぇ~

こりゃ立派だ~

外観.jpg


メインスタンド

メインすた.jpg



オーロラビジョンもピカピカで

ビジョン.jpg



どこぞの「初代ファミコン」といわれる奴とはずいぶん違う

いやいや・・われらが母なるホームスタジアムを悪く言っちゃだめだな

いつもありがとう丸亀競技場のビジョンくん

速く新しくなってね!!




長野ほどではないけどお客さん多数

地元に愛されている感満載

素敵な選手やスタッフが多いのだろう

そのことがよく伝わる


アウェイ会場感.jpg


アウェイ感.jpg


天候曇り時々晴れ

気温26度

極端に熱くはない

雨が降っておるわけではない


今日は灼熱の激戦にはならない


根性とか精神論が入り込まなさそう

サッカーの技術と技術がぶつかり合う

きわめて「スマートな」展開になりそうな予感・・・

快適な観戦環境に期待膨らむ時間だったことが記憶されている(笑)







そう、そしてその予感はすでに奴が張り巡らした罠だったことを

この時は知る由もなかった・・・


|
|
| ̄ ̄\/|
|  ▼ |/
| 皿 /   カマタマーレ・・・・
|  /
|⊂
|









追伸




おいしそうなスタグルが並ぶ

並んでいる・・・・・

しかし、カマタマーレサポが並んだスタグルは・・・ココ!!!

屋台うどん2.jpg



どこまでもうどん県民。

うどんを愛する民族・・・・


udonnyatai.jpg





しかも今回は動画付!!


相模原スタグルの神様お借りします

ユーチューブで視聴できる

名もなきカマタマーレサポが相模原でうどんをすする動画



名もないどころか歴戦の有名サポさんですが出演者も撮影者も(笑)

ちなみに私もこの横で同じもの食べてます

しかし・・これって・・・うどんにはみえんなぁ・・・


うどん?.jpg


けどおいしかったよ

鳥栖の「かしわうどん」と並ぶご当地うどんに認定します!!




そのほかの相模原観戦記

こちらから探してみてくださいね!!

ぽちっと!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR