俺たちの想いは一つ




さて、本日はどんな結末か?(笑)、




受け入れますよー

今日この先に何が待ち構えていても。

約束しますよ〜

香川にいるみんなと

現地にいるみんなと

力の限り応援する事を。


相手は名門、最強、王者、

様々な形容詞が付くジュビロ磐田。

現地組は

ボコボコにされて寝台特急に乗るかもしれない。

パブリックビューイング組は

不貞腐れて古馬場に繰り出すかもしれない。

スカパー組は早々におやすみなさいかも


けど終了の笛が聞こえるまで

みんなで力合わせて戦いましょう。

お留守番隊は現地へエネルギー送電を

現地組はそのエネルギーをチャントの声量に変えて

選手の背中おしましょう。


私も皆さんの願いを声量に変えて

大きな声で叫びます。

だからTVから聞こえる声はみなさんの声です。




頑張ってきます‼︎



俺たちの想いは一つ

勝利、信じ戦え

讃岐の誇り胸に

いざ行けゴールめざし。



みなさん、7時にお会いしましょう〜〜‼︎

(=゚ω゚)ノ








カマタマーレ情報豊富なカマタマーレブログ村は

下のボタンから入れます‼︎


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



コメント

無事に到着されましたか?
カマタマサポーター集結していますね。
良いゲームになるように頑張って応援しましょう!

追いついた

後半、アディショナルタイムに追いつき、ドローに。

素晴らしい展開でしたね。がくおさんが応援に行かれて、選手たちも発奮したのではないでしょうか。また今後が楽しみです。
次節はホームで金沢戦ですね。
金沢には控えのDFに嶺岸という選手がいます。仙台出身でうちの次男と同学年、高校時代は輝いていた選手です。もし彼が出場となりましたら、一声声援してやってください。
ロアッソ熊本にも息子の同学年のシュミットダニエルというGKがいるんですよ。
彼らの活躍を見て昔を懐かしんでいるこの頃です。

Re: ジュビロサポーター様

無事につきました。
駅までも駅からのバスも
バス内の選手アナウンスも
昨年体験させていただきむしろ懐かしい!!
けどやっぱり・・・うらやましい・・・

本当にコピーしてこのスタジアム持って帰りたい
高松の駅前にペーストしたいです。

いつかまたお邪魔したいです。
お気遣いありがとうございました。

ではでは・・・

Re: 追いついた

コメントありがとうございます。
いやいや・・・わたくし個人の力は「軽微」でございます。
讃岐からの祈りや選手の頑張り、監督コーチのたゆまぬ努力で昨日の結果かと(笑)
素晴らしい展開の試合を私は堪能させていただきました。
この感動の熱を持ち帰り、新たに伝えなければと思います。
本当に今後が楽しみです。

峰岸選手は控えですが京都戦ではフル出場でいい仕事してた様な・・・・
今週の千葉戦もベンチ入り。若手の有望株では・・・???
シュミットダニエル選手に至ってはすでに主力で
先週相当、讃岐は苦労させられました。
間違いなく有望若手キーパーでしたよ!!

今週の金沢戦で注目してみますね。
試合は見れないのですが何か接触することになったら(笑)


またコメントくださいね
ではでは・・・


すごい方たちと知り合いなんですねぇ・・・・
マジ2人とも主力選手
非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR