雨降りやまず 愛媛FCアウェイゲート体験記



これほど土砂降りのホームゲームはいつ以来か・・・。

昨秋の山形戦で雨と傘のテーマで書き綴った記憶があるが

雨量的には2011年の台風接近下で開催された秋田戦を思い出す。

あの頃はメインスタンド屋根の下で見る1ファンであった。


入場時にバックスタンドには屋根がないこと

傘をさしての観戦はできない事

チケットもぎる前なら屋根ありのメインスタンドへの座種変更可能な事

マイクで呼びかける。


愛媛サポさんは理解が早く

いち早く小さい子供の健康を考え変更する方

ものともせずレインコートで入場していく猛者

さまざまなサポーター模様が繰り広げられる入場ゲート


ああ・・・雨が止めばサポさんに苦労かけずに済むのに・・・・

恨めしく空を見上げる


応援は熱い

試合前の決起集会は鬼気迫る迫力

今季好調なチームを支え続けてきたのだろう

IMG_5336.jpg

Sゲート上で応援するのは愛媛さんが初めて(笑)



今回もボランティアに差し入れをいただく

いつもご配慮いただきありがとうございます。

みなでおいしくおただきますね。



IMG_5339.jpg



雨の中「彼」が丸亀に来てくれた。

かれはもっとも有名で人気があり

芸に秀いでスタジアムを盛り上げる。

そして愛媛にとどまらず日本のサッカーシーンを盛りあがてくれている。


丸亀初登場 「一平君」
IMG_5328.jpg


敬意を表して近づき握手していただく

彼は雨が好きなのだろう

生き生きとして楽しそうだ。

スタジアムに入れてあげたかった

レギュレーションで叶わず申し訳ない。

また来てくれたら嬉しい。


結果は引き分け

500人を超えるサポーターが愛媛よりご来県(アウェイゲートだけで500人弱)

本当にありがとうござました。

皆さん風邪ひかれませんように




最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

コメント

感動!

がくおさん
愛媛との北四国決戦は天候も試合も凄かったですね!
私と家内は3年ぶりの競技場での一緒の応援でしたので、是非とも、バックスタンドのホ-ム側応援席で応援したかったのですが、試合開始前から土砂降りでしたので、がくおさんのお気遣い頂きましたように、風邪をひいてもいけないので、急遽、メインスタンド側で応援しました!
いつも、応援しているバックススタンド側が真正面に見える場所で応援していましたが、土砂降りの中必死で応援しているサポーターの方々を見て感動しました!(メインスタンド側は少し静かでしたが?)
また、試合が進むほどピッチは水たまりが出来る最悪の状態でしたが、讃岐の選手はボールに食らいつきゴールを目指していた姿に感動しました!
また、スタッフの皆様も普段とは違う雨天での試合だったので、肉体的にも精神的にも大変だったと思いますが大丈夫でしたか?
私は、金沢戦からスタッフ+応援に復帰しますが、気持ちを新たに頑張ろうと思いましたし、家内も皆さんから元気を頂き、また、機会があれば競技場で応援する日を楽しみにしています!
これからも、カマタマーレ讃岐を応援出来ることを誇りに思える一日だったと思います!
今後も、よろしく御願いします!


Re: 感動!

メインスタンドからの応援ありがとうございました。
奥様が風邪をひかなかったか心配です。

そうですか・・メインスタンド側からはそう見えるのですね・・・・
選手も引き分けでしたが素晴らしいスピリットを見せてくれたようで頭が下がります。

お客さんは満足してくれてまたリピートしてくれればうれしいですね。
アウェイゲートスタッフはみんな元気に雨にも負けず頑張ってくれました。

愛媛からもたくさんお客さん来てくれました。
ありがたいことです。

週末はホームゲームが続きます。
またよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございました
ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR