アウェイ徳島戦観戦記 監督の一言

先制直後の風景

IMG_5247.jpg



スカパーの放送中

前半6分30秒の讃岐サイドのピッチレポート

奥田麻衣レポーターから驚愕の報告が入る

「讃岐北野監督が両サポーターを見比べて『うちが勝ったな・・・・』とおっしゃってました」

との内容。



スゲェ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!



あの人はめったにわれらを褒めない

まさに12番目の選手としてコアエリアに集う我らに接する。

勝つために

このクラブを戦う集団にするために

なにより生き残っていくために

我らにも相応なテーマーを与え

高い要求もしてくれる


お客さん扱いせず

12番目の選手と扱ってくれることに喜びも確かに感じるわけだが

「たまには褒めてよ~」は少なからぬ本音である。(笑)


それが試合の主導権も定まらぬうちにサポーターの風景を見比べ

1100人程度の数で劣る味方スタンドを表して

「勝った」

と言ってくれた。


間接的に「サポーター・運営の奮戦努力に感謝する」という

現場指揮官の最高の評価と思う。

この雰囲気を作ってくれたこと

この大声援を作り出したことに

高い評価を与え

援軍にまずは「礼」を述べられたように感じた。


ビッグフラッグ収納中

IMG_5236.jpg



昨日も述べたが今まで我らは

JFL時代30人でもアウェイジャックできた。

一部を除けば相手に組織的なホームサポ・チャントが存在しない。



昨年はむしろ「ホームジャック」されかねないホーム動員数。

悔しい思いもした。



ホームエリアでチームチャントが途絶えることはなかったかもしれない。

しかし、声量という面では(対戦相手により)ピッチサイドでは違って聞こえたのだろう。

選手たちから「もっと!!もっと!!俺たちに力を!!」という叫びが聞こえるたび

何とかしなければとサポーター全員が心底思った。

サポ・ボラ・運営の一人一人が

できる範囲で努力し工夫を凝らしてきた。


そして隣県ではあるが

ついに遠征サポーター1100人以上の大部隊を編成し

ついにホームチームと互角に渡り合える「Jリーグ」規格のアウェイスタンドを出現させたのである。


守護神運営担当家K氏が鳥肌が立ったのは

その風景から受ける衝撃だけでなく

ここまでの長い道のりを思い起こしての事と思う。



その動員・応援力は少なからず選手の力になったと思う。

これは彼らの言葉からも

試合展開からも間違いないと思っている。


でなければあの徳島から

仰ぎ見た巨大クラブから先制し

88分という絶望的な時間帯に逆転されてなお

再び追いつくという芸当は

普通ありえない。


選手がサポーターを盛り上げ

サポーターが選手を奮い立たせる

その正のスパイラルにもしかしたら近づいているかもしれない。






先制直後の歓喜のスタンド

IMG_5246.jpg


殊勲の藤井選手ゲーフラ

IMG_5283.jpg



次節のホーム開催がせまる。

まぁ徳島で見た光景はそうそう連続するものではないと思う。

いつもの3000人集客の通常営業に戻るかもしれない。


しかし、

あの風景を

あの一体感を感じた1100人の仲間たちは

もう、カマタマーレを生活の一部にしている。

矢が降ってもスタジアムに駆け付けそうな「熱狂のサポーター様」だとおもう。


私の経験上「アウェイ参加サポさんのホーム観戦率はほぼ100%」との感触がある。

遠い旅先であればあるほどこの法則は当てはまる。

このブログでアウェイ観戦記を書くのは

素晴らしい体験をさせていただいた者の責任として

多くの方にシェアする義務があると思っているからに他ならない。

・・・・が

そしてその体験を自らしたいと思う方を

1人でも増やすことも目的とさせていただいている。


それはとりもなおさずサポーターの熱をより広く多く「伝導」いただける

仲間を増やすことになると信じているからだ。



アウェイ遠征サポーターが

札幌に3000人行くまで書き続けようかと思う(笑)

岡山・愛媛はもちろんの事

セレッソに1000人動員して大阪人を驚かせてやりましょう~!!!(笑)

今の我らなら出来る!!!


IMG_5273.jpg






このブログ村には

カマタマーレに関する素晴らしいブログ・画像がいっぱい!!

ここから探してくださいね〜。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ




コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017カマタマーレ選手チャント
2017カマタマーレ選手チャント posted by (C)がくお



2017カマタマーレチームチャント
2017カマタマーレチームチャント posted by (C)がくお




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR