これぞクラシコ




先取点を奪い

80分まで優勢。

立て続けに被弾

あっと言う間に土俵際に追い詰められる

そして渾身の同点弾

その後も凄まじいばかりの攻防


これぞクラシコ


いまは心地よい疲労感と一緒に

ツアーバスの中にいます。









本日のクラシコ観戦者たちの

素晴らしいブログがあるはず‼︎

ここから探してくださいね〜。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ






コメント

No title

がくおさん がくおさん

お疲れ様でした。いやー最期にカマタマさんに本気だされてしまいました。(泣)
4番7番いい選手ですね。この2人がスタメンでいる限りはそうそう負けないでしょう。

でもいい試合でしたね。今度は丸亀でケリつけましょう。(笑)
ではでは\(^o^)/

課題?

がくおさん
徳島との東四国クラシコ応援お疲れ様でした!
私はサッカーは素人ですが、昨日は多数の課題が見えた様に思います。
先取点を取った試合は、讃岐は守りを固める戦法ですが、残り時間がだいぶあったので、もう少し攻めても良かったのではないでしょうか?
また、選手交代によって試合の流れが変わることも怖いですね?
勝てなかったけれど、引き分けて勝ち点1をゲットしたことは良かったし、課題を克服して勝ち点を積み上げて欲しいです!
これからも、カマタマーレ讃岐を応援しますのでよろしく御願いします!

Re: 徳島サポ様

昨日はお邪魔いたしました。

アウェイゲートでは職員さん、ボランティアさんに心のこもったホスピタルいただきました。
讃岐サポの1人としてお礼申し上げます。
またツアーバスをこれほどまでアウェイゲート近くに停車させていただき
ほとんど歩くことありませんでした。
感謝感謝感謝です。本当にありがとうございました。

試合は守備が自慢の讃岐が終了間際の10分で2失点
瞬く間に逆転(笑)
恐るべき破壊力。そして個々の能力が高い!!
さすがに歴史のあるクラブがJ1でもまれた経験とは
これほどすさまじいものかと思いました。

讃岐遠征サポも初めてのクラシコ楽しめたと思います。
今度は丸亀でお待ちおしていますね。
いい経験できました。

ではでは・・・・
再戦のときまで壮健なれ

Re: 課題?

しんちゃんさん
鳴門でのアウェイ戦お疲れ様でした。
そうですね・・・いろいろ課題も見えた試合かもしれません。
よく練習を見に行く友人は
「リードした設定で20分リトリートする練習」も繰り返し研鑽しているとの事
ある意味予定通りの「勝利の方程式」発動で
逃げ切りを試みたのかもしれませんねぇ…

そして、逃げ切れなかったどころか逆転を許した。
タイミングなのか技術的な事なのかはわかりませんが
今回、
「答が不完全な問題がわかった。」
「修正し向上できる機会を得た」
と前向きにとることとします。

かなりのんきな回答かもしれませんが
お許しを(笑)

次はきつちり逃げ切れますよ~(笑)きたいしましょ!!

これからもよろしくです~


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR