クラシコの注意書き・・・

これは岐阜さんのスタジアムグルメ






朝一で徳島の社労士O先生から電話

「がくおさん、もちろん徳島にお越しで?」

「ええもちろん~」

「いや~いらっしゃる前に一度電話しなくちゃとおもって~」

「わざわざすいません」

「お手柔らかにね」

「いやいやこちらこそ新参者ですから・・・・」

「できれば勝ち点置いていって!!」

「いやいや・・・それは・・・私らも苦しいんで・・・・!!」

「うち、いまいろいろ大変なのよ~」

「うちは年中大変です(笑)」

「そっか~」

「勝ち点1づつでは・・・??」

「う~ん、うち・・・ず~と勝ち点1なの」

「いやいや・・・大丈夫ですって!!徳島さんなら」

「何はともあれ道中気を付けて、お待ちしてまぁ~す」

「どもども・・・」

「そうそう・・うちの駐車場はね・・・・・・」


こんな感じの会話。

お互い愛するクラブのプライドを仮面の下に隠し

バチバチと泣きごと合戦を繰りひろげる。


同業からかかる平日電話が仕事ではなく、

日曜日のサッカー談議!!

対戦で盛り上がり、クラブの近況に花を咲かせる・・・

こんな時代がきたのだなぁ・・・ちょっと「うるっ」と来る(笑)




そう・・・これぞ「クラシコ!!」(笑)




さて皆様

徳島サポーターO先生から耳寄り情報です。

1万人を超えた時も周辺駐車場は満車にはならなかったそうです。

そりゃ試合開始直前に来たら

それなりに遠いと駐車場にはなると思いますが

「ない」ことはないそうです。

さらに7000人台なら「開場時間前後で充分駐車場間に合うのでは・・・?」と思うとの事。

ポカスタの駐車場キャパはそりゃ~丸亀とはくらべものにならんぐらいありますわなぁ・・・・・


ただあくまで善意の情報提供です。

必ず当日そうなるとは限らないので

みなさん、公共交通機関利用か

早めの到着をおすすめいたしますね。


ただ駐車場一つもつい「丸亀感覚」で考えていた。

やはり徳島は歴史が違う・・・・規模が経験が雲泥の差ある歴戦のJクラブだ・・・・

今の順位で測っちゃいけない

巨大で精強で経験豊かで遠く仰ぎ見る相手である。

死力・全力を尽くしてその先の奇跡を掴み取らんばならない相手だ。

そのことを「「絶対に」忘れて引けない




ぜぇ~ったい華やかな遠足気分は試合開始前まで!!!!!

自分自身、近隣アウェイで心が躍る気持ちを抑えきれない

間違いなく自覚がある。

しかし、今までにがい薬もを飲んできた。

忘れちゃいけない2年前の佐川印刷退却戦

182997804.jpg



あの悲劇繰り返してはならない。

大軍団大炎上大敗北そして大敗走

血涙の退却戦

今、あのときの雰囲気にちょっとだけ似ている。


スイマセン・・・ちょっとだけ水差しました・・・・


え!!!今もあの時も「浮かれてたのはおまえだけじゃぁぁぁあああ!!!!」って!?


ヽ(; ゚д゚)ノ ビクッ!!


う~ん

そうかもしれない・・・(笑)

みなさん鳴門でお会いしましょ~




追伸

お詫びにアウェイで食べたグルメ一覧を(笑)

初めていくポカスタにはきっとおいしいものたくさんありますよ~!!!

まだ参戦決めてない方、ぜひ一緒に応援しましょ~

おいしいものたべてかえりましょ~!!!

素晴らしさサッカーの思い出とともに・・・・




これは岐阜さんのスタジアムグルメ




福岡ではラーメン食べました


IMG_5012.jpg

IMG_5013.jpg


大宮では売店も立派

日陰のコンコースで食べれる

IMG_5091.jpg


アウェイはいろいろ取材される

これも恥ずかしいけどイベントの一つ

IMG_5105.jpg

スイーツ!?もいろいろあると思う

IMG_5092.jpg


レベスタのスタグル屋台風景

IMG_4891.jpg


横浜では試合後、家系らーめんを食し・・・

IMG_4839.jpg

試合前は中華街から出張の唐揚げチャーハンも食べた

チャーハン本格的!!

IMG_4800.jpg


金沢でおでん

IMG_4716.jpg


京都では京風うどん

IMG_4574.jpg







カマタマーレの最新情報満載

魂こもったサポーターブログありますー‼︎

こちらからポチッと!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ






コメント

No title

うちの爺さん婆さん(両親)がとりぎんスタジアムに続く2度めのアウェイバスツアーの鳴門です。
普段は丸亀でA席年間パスなので、慣れないビジター席です。
飛んだり跳ねたりは出来ませんが、アウェイ参加の皆様よろしくお願いします。

Re: アプロさま

こちらこそよろしくお願いします。
キックオフ前までは雨かもしれません。
屋根がないから風邪ひかないでくださいねー。

久々といってもあの鳥取入れ替え戦経験者は
歴戦の勇者です。(笑)

鳴門でお会いしましょ〜とお伝え下さいね

コメントありがとうございました。
ではでは
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR