鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムとは

こんなところらしい(笑)

写真はないのでPCを撮影。




IMG_5161.jpg



一度だけ行ったことがある

カマタマーレに熱狂的になり始めた4年前

JFLリーグは「夏の中断」というのがあり

カマタマ不足から隣県の徳島へサッカーを見に行く

恥ずかしながら41歳で初めてのJリーグ観戦。


お盆の開催日で徳島市内は阿波踊りで観光客にあふれていた

だから試合見に来るお客さん少ないのでは??と思った

全然違った。

たくさんのサポーターやファンであふれかえっていた。

当時のカマタマーレの観客規模からしたら信じられない隣県の盛り上がり



花火が打ちあがり

イベントで浴衣着用の方無料デー

試合前の花束贈呈は横綱「白鳳」関

相手はザスパクサツ群馬

鈴木隆行選手が加入1年目


なんとまあ豪華なイベントかと感心したものだ・・・


総てが違いすぎる

いつか追いつく事叶うのかしら・・・・・

当時の正直な感想だ。



しかし今週

その仰ぎ見た相手と同じ土俵で戦える。

同一リーグ、同カテゴリーで公式戦で戦える。

追いつけたとはおこがましくて言えない。

ただただ同じステージに立てたのだ。

それだけでうれしいじゃないですか!!


卑屈になるつもりはない

けどけど、この感動を抱えて謙虚にお邪魔するつもりだ。

あの日はスタジアムのどなたとも話はしなかった

故にメインスタジアムに向かい叫びたい

「ようやくここまでこれました~」と(笑)


160名募集のバスツアーほぼ完売

中讃地区(丸亀市、坂出市)発のみ残り僅か残席をのこすのみ。

おそらくこれも売り切れるだろう。

まだの方はお急ぎください!!


自走組・関西組含め500人は下らない「大応援団」が着々と編成されつつある。

鳴門までの道のりはカマタマーレステッカーを張った車を相当数見かけるはずである。


その本隊というべきバスツアー組に名前を連ねる事ができて幸せ。

みなさん盛り上がっていきましょ~!!!!!



追伸

FAXしてお金振り込んで・・・・何の連絡もないけど・・・これでいいんですよね・・・・

みんなも特に電話で最終確認とかないですよね・・・・

「このFAXで最終案内です」って特に電話はしませんよっという意味ですよね・・・

電話あるとしても

いっぱい参加者がいて順々に連絡があるんですよね・・・・

たぶん・・・きっと・・・・月曜申し込んだから・・・・


たぶん・・・・皆さんと日曜お会いできるはずです・・・(笑)



追伸の追伸

このブログアップして5分後に電話ありました(笑)

ありがとうございました~!!

ひょっとしてバス会社さん・・読者様??

なわけないか(笑)







カマタマーレの最新情報満載

魂こもったサポーターブログありますー‼︎

こちらからポチッと!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ






コメント

No title

がくおさん、がくおさん

お願いですから「お手柔らかに」お願いしますね。
絶対に本気だしちゃアカンですよ
ウチ、マジでがけっぷちなんです。

ポカリスウェットスタジアムで東四国クラシコ
略してポカシコ(笑) うーーんw

ま、冗談はさておき...
お気をつけてお越しください。
いい試合にしたいですね。

繰り返しになりますが
お 手 柔 ら か に お願いします。
ではでは\(^o^)/

Re: 徳島サポ様

いやいや
こちらこそよろしくお願いします。
現在リーグ最少得点で目標は20位ですので(笑)
お手柔らかにお願いします。
うちはず~っと崖っぷちです(笑)

ポカシコ??面白い!!今後、私のブログでその通称、使わせてください~

さてさて、当日は初めてアウェイ参戦する讃岐サポさんも多いかと思われ
戸惑うことも多いと思うのですが
どうかよろしくお願いします。

コメントありがとうございました
ではでは
当日楽しみです。

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR