アウェイ福島戦観戦記 その1

この風景の先、かすんで見える阿武隈山地の向こうに

今なお福島の人々を、いや、日本人総てを苦しめている福島第一原発がある。

IMG_1079
IMG_1079 posted by (C)がくお

東北新幹線 郡山駅直前にシャッターを押しそんなことを少し考えた。




福島県は県の大きさは香川とは比較にならない。

豊かな自然、とりわけ大きな山脈に囲まれ、その雪解けの水が豊富なのだろう。

これだけ猛暑が続いても川には相当量の水の流れがあり、しかもとても透明度が高い。


まさに清流


それが市内近くを流れている。香川県では考えられない(笑)。

こんな自然豊かな場所に住む人々の心を曇らせている震災と原発・・・

少しやりきれない気持ちになる。



しかし、その終息に向けて日々闘っている人々が多くいる以上、

そんな心配をする方が逆に「失礼」にあたるかもしれない。

精一杯福島を堪能して多くの人と触れ合えばそれでよし。



そう思い直し福島まであとわずかとなった行程を楽しむこととした。



今回は参戦しないアウェイゲームとして私の中には予定されていた。

お盆前は何かとスケジュールが立て込む(笑)

しかし、福島在住の祖母にしばらく会っていないこと

子供たちがそこで夏休みを過ごすことになったことも重なり、私も急遽、福島入り。

父母、祖母、妻そして子供たちと少し早いお盆休みをいただくことにした。

今回はこちらがメインで観戦は家族に頼み込んで実現したイベントの一つだ。

(こちらのお願いにエネルギーを「かなり使った」ことは否定しない・・・笑)


駅に着くと妻と子供たちがお出迎え

評判の餃子屋さんに連れて行っていただく

飯坂温泉で評判のお店が福島市内に出店しているらしい。


浜松といい宇都宮といいJFLは餃子と縁があるチームが多いなぁ(笑)

今回のグルメは義父任せ

おいしい餃子をたらふくいただく



ここのお店「照井」と読みます


IMG_1088
IMG_1088 posted by (C)がくお


今フランス(!?)で大人気の「円形」で出てくる餃子

IMG_1090
IMG_1090 posted by (C)がくお


いや~大人気です!!入店まで45分まち!!

IMG_1087
IMG_1087 posted by (C)がくお


ラーメンまでいただく。うまし!!!

IMG_1092
IMG_1092 posted by (C)がくお


今年、本格的にアウェイ参戦し始めた若き友人は

私のアウェイ観戦記のグルメにも興味をひかれ「参加するようになった」

との秘話を聞かされたことがある。

ちょっと感動した経緯があり、今後もその地でいただいた名物は記録していきたいと思う。


何はともあれこの餃子を3皿、ラーメン2杯を小学生含めて5人でペロリと平らげれるぐらいだから

いかに食べやすくうまかったかが想像いただけるものと思う。


いやーまじでうまかった!!

今度はサポーター仲間を招待したいぐらいである。


しかし、試合開始時間が迫る

満腹の至福に浸る時間は少なくして急ぎスタジアムへ

信夫ヶ丘競技場へ



IMG_1093
IMG_1093 posted by (C)がくお


メインスタンド以外は芝生

生島というよりは昔の屋島競技場を少し大きくしたようなイメージのスタジアム

うらやましいのはかなり街中にある




お!!!見えてきました!!

われらがサポーター軍団

今日は1個分隊ほどかもしれませんが頼もしい仲間が集結しております!!!!!

やっほー!!おそくなりました~!!!

今日も頑張りましょ~!!!!



IMG_1095
IMG_1095 posted by (C)がくお


追伸

あわてて駆け付けポール下の芝生に落ちアリジゴクのように上がれなくなる妻と息子(笑)


ちょっと・・・わらえた・・・・

IMG_1098
IMG_1098 posted by (C)がくお






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村














コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR