瀬戸大橋ダービーです!!



日本ダービーではありません。

瀬戸大橋ダービーです。

日本中のスポーツファンは

お馬さんの「ダービー」が話題かもしれませんが

岡山・香川県民はぜひこちらのダービーにご注目ください。(笑)

ご安心ください。

出走時間も重なりません。

瀬戸大橋ダービー 13:00 キックオフ

日本ダービー    15:40 スタート



遺恨や歴史的な対立なんか一切ありません。

ただただ・・・負けたくないという思いのみ。

クリーンで純粋なライバル心が発火燃料の「お祭り」




昨年は

第1戦

アウェイ岡山では2-0から怒涛の反撃で追いつかれ

かなり悔しい引き分け・・・



第2戦

先制するも追いつかれ前半は1-1

後半ダービー男「沼田」の決勝点で勝利!!


年間順位は相当離れていましたが

試合は激しく拮抗した展開。




なぜそうなるのか??

なぜだろう・・・・




やはり、それは郷土愛。

「今住んでいるところを愛し、誇りに思っているから」に違いなし


瀬戸大橋をはさみ、対岸に住む人々のチームに

お互い「負けたくない」という思い。

その思いが激しくぶつかる

それがピッチに伝わり名勝負が繰り広げられるのだと思います。

昨シーズンのベストマッチと言っていいほどのスリリングな試合でした。


そして今年も期待できます。

郷土の意地と誇りがぶつかり合う

まばゆいばかりの死闘が


そして、これからもそうあり続けるでしょう。


故に

讃岐サポはビックフラッグを今節に照準を合わせ作成してきた。

クラブはコレオの準備として7000枚の用紙を準備する。

スポンサー様は記念品を準備くださる。


岡山サポさんは

瀬戸大橋を渡る「臨時列車」を編成し

大軍団で押し寄せてくる。

アウェイ・チケットは相当売れていると聞く。


今節は2015シーズン瀬戸大橋ダービーの第一ラウンド

われらが丸亀競技場で行われる。

まずは母なるスタジアムに寄って闘う。


迎え撃つ方だ。


桃太郎が3個連隊(3000人)やってくる

よく訓練された精鋭桃太郎隊の御一行様が主賓だ。

ぜひ青鬼君1個師団(1万人)で出迎えましょう。


桃太郎軍団をご機嫌で岡山に帰してなるものか!!

その日ばかりはきびだんごに興味なし

讃岐っ子ならうどん1杯で90分戦える!!


元気な青鬼君(さん)の志願者求む!!!

初参戦大歓迎!!




I want you !!!!  
for  サックスブルーエリア・・・・・(笑)


Unclesamwantyou.jpg






追伸

まだそんなに激しく応援は自信ないけど

一度「カマタマーレ」の見てみたい・・・という方

ホントに大歓迎です!!!


繰り返しになりますが

ダービーはお祭り感がいつもの試合よりある。

イベントやスタジアムグルメ、お土産も充実です。

多彩に入念にイベントとして準備されています。

過去2試合も白熱する展開でした。

今回も期待できます。

はじめてくるなら瀬戸大橋ダービーはまさにうってつけです。

そして心から楽しむコツは「熱く讃岐を応援いただくこと」だと思います。

できることなら何か水色のお召し物を着てお越しくださいね。


できれば「ゆとり」を持ち会場入りしてください。

13:00キックオフ

1時間30分前ぐらいのご来場をお勧めします~!!


う~ん

スタグルで昼食取りながら

ワクワクドキドキして「待つ時間」も素敵ですから

もう少し早く来てもいいかも!!!


首を長くしてお待ちしております。(笑)

よろしくお願いいたします。










カマタマーレ情報いっぱいのブログは
こちらのブログ村から‼︎ 
是非のぞいて下さいねー

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ


コメント

こんばんわ

いつも楽しみにしてます、このブログ。
対ファジアーノ戦はファミリーかつ友人4名参戦します。
がくさんの呼びかけで、多くの方が来られると思います。
がくさんはアウェーボランティア?
ぜひ、迷った初サポ、初観戦者の方々をアウェー側からホーム側へ案内ください
「こちらはファジアーノ岡山応援側です。カマタマーレ讃岐の応援はアチラ側です!あっついカマタマーレ応援くださ〜い!
おっと、私は中立です〜^^ って」

アウェーボランティアって大変ですね

No title

日曜日はお邪魔させていただきます。
岡山サポはバカばっかりなので去年同様にかなり早い時間にたくさんアウェーゲートに集結するはずです(笑)
勝って一鶴をジャックしたいと思いますのでよろしくお願いします。

Re: ヒビパパさま

日曜日はご来場誠にありがとうございました。

いえいえ・・皆さん熱心な方で・・・個性的な方もいらしゃいましたが(笑)
それも岡山さんの豊かなチームカラーなのでしょう。

そしてみなさんホントにお早いおつきで(驚)
8時30分過ぎにはすでに50人程度
どんどん増える。

そのころホーム側は数える程度だったと思います。

いい意味で愛すべきサッカー「バカ」
誇らしいクレイジーなチーム愛

見習いたいですね。
いつかカマタマーレサポも朝7:00岡山のスタジアムに並ぶ日が来ますように(笑)

本当にご来場ありがとうございました。
11月にお邪魔いたしますね。

とあサポファン様

コメントありがとうございます。

アウェイゲートでおもてなし頑張りましたが
岡山の団体様にホントたくさん来ていただきまして・・・・
久々にバテバテな一日でした。

けっこう間違えてゲートはいる人います(笑)
ついつい(笑)マイクパフォーマンスしそうになりました。

このコメントをよませていただいたからかもしれません(笑)

試合は残念でしたがビッグフラッグお披露目や
選手の気持ちが入った試合だったようでよかった。

勝ったのは岡山
得点したのは讃岐

2人のダービー男は不完全燃焼
次回アウェイでの対戦が楽しみになりました。

お友達動員ありがとうございました。
また丸亀スタジアムでお会いしましょう。
まずは大宮かな

ではでは・・・


追伸
最初のコメントは
とあサポファンさんが岡山サポさんと思いこみ
勘違いしコメントを返信したものです。(汗)

大変失礼いたしました。
読み返せば「讃岐サポさんじゃん!!」となりまして・・・

重ね重ね失礼いたしました。
またコメントくださいね



非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR