GWアラカルト  新たなる名物サポ & アウェイゴール裏の風景



横浜戦でひときわ目立つ巨大ゲーフラ

熱烈な小澤サポが相模原・湘南あたりから現れたのかと思いきや

昨年長野の入れ替え戦でもご来場いただいた「口だけハードワーク」氏の制作物でした。

このゲーフラの作成意図と掲示の顛末は彼のブログから

あの男が来た日には (新時代は俺が創る~新時代の夜明けぜよっ~)


小澤選手も気に入ったらしく自身のブログで紹介

ブログ オザーッス!! 小澤雄希
2015-05-07 18:53:06 より

連勝だぜー!より


まだまだサポーター総数は心もとないカマタマーレ

関東アウェイは首都圏在住のサポさんに頼らねばならない。

MさんTさんはじめ多くの在京サポさんの援軍により応援は成り立つ。

そして他クラブ掛け持ちサポさん達もありがたい。


まぁ・・・この人の行動力は突出してるので(笑)このまま名物サポさんになりそうである。

「カマタマ」出演の日は案外近いかもしれない。(笑)



我那覇の決勝点

横浜戦は先制し、相手が退場し、追いつかれ、勝ち越す展開

1行では簡単に表現できるが相手が1人減ってから相当相手の時間を作られてしまった印象をうける。

1点ビハインドと1名の退場者

これが横浜に死力を尽くさせる原因であると思う。

少ない人数で攻めなければ何も生まれないという状況が

彼らのすべきことを明確にし

ゆえに彼らの判断を早くする。


一方こちらは「守るのか??」「攻めるのか」

「勝ち点3是が非でも」なのか「アウェイで勝ち点1は上等」なのか??

これはプレーヤーが結構つらい事だと思う。

そりゃ経験なり自力が豊富であれば

試合の終わらせ方を知っていると思う。


ゴール裏からは

「攻めようぜ!!」「リード忘れろぉぉおお!!」「やることはっきり!!シンプルに!!!」

などの類の声援が多い。

応援する方も何かうまくいってないチームの雰囲気を感じ取っていたのだろう。



残念ながらこのあたり、「うちのチーム」にはまだ希薄な部分だと思う。

成長の余地がいっぱいある「伸びしろ」の部分ではないかな。



試合前何やら綿密に上村ヘッドコーチと話し込む我がCB

IMG_4806.jpg



失点のシーンは大久保選手に「落とされて」-

パク・テホン選手に「すらされた」のボールがゴールイン・・・・

これとて後でスカパーで確認したに過ぎない。

現地ゴール裏では「え・・・?????えぇぇぇえええ!!!!」って感じ。

「!!!・・・あ~やられた~」ではない。


最後の砦、シミケンさんの「壁を破られた」のではなく

かれも「どうしょうもなかった・・・」というイメージ。


よほどその事態が意外だったのだろう。

彼が想定していない事が起きるくらいDF陣は

「あわてた」

あるいは

「いっぱいいっぱい」

だったのか??



しかし、しかし・・・

こんな状態を救うのはやはり百戦錬磨のベテラン

数分後のコーナーキックを我那覇が頭で合わせて貴重な勝ち越し弾となる。

そしてそれが決勝点に。

IMG_4833.jpg


昨年なら西野が醸し出していたこの雰囲気。

今年はこのベテランFWから感じる。

「なにをあわてているんだ・・・」というオーラが背中から立ち上る。



カマタマーレはベテランの活躍で勝利

今季初の連勝。

結果、昇格後、初の3連勝をめざし

GW、丸亀で最後の戦いに臨めることとなった。

当然、CKをけった永田のセンターリングも特筆すべき絶妙さだった。


この時のゴール裏は

「ん・・ん・・はいった??・・・入った??  我那覇喜んでる??は、は、は、はいったぁぁぁぁあああああ!!!」

のような感じか??(笑)

少し遅れ気味、ちょっと自信なさげなおとなしい反応だったかもしれない。(笑)


失点は目の前で・・・

得点は遠くで・・・・(笑)


場合によってはこんな環境がゴール裏なのです。



それでもそこに通う事、やめられないですねぇ・・・・・

まだ来たことのない人は是非一度!!

ゴール裏もアウェイ遠征も(笑)







最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR