アウェイ 横浜FC戦観戦記 その2



専スタというのは臨場感がやはり違う

「具体的には??」と問われたら

「シュートのボールが飛び込んでくる!!」

と絶対に答える。


試合開始前の真剣な練習

シューズと芝とボールの微妙な感覚をシンクロさすために行うシュート練習

ゴールの枠を外れた流れ弾が飛び込む先は絶対に観客席だ。

相当な数が相当な威力で飛び込んでくる。


ポンポンポンポン飛んでくるのだ!!

IMG_4816.jpg
まさに今こちらに向かって飛来しています(笑)


のんびりビールや弁当を食べるわけにはいかない(笑)

その類はボールが直撃すれば総て吹っ飛ぶ(笑)

まるで戦場の豪に身をひそめるように食事をしなければならない。


けど・・・これが・・・けっこう楽しい.


ゴール裏では

「おおお!!!!!」という歓声や

「あぶない!!」

という臨場感ある叫びが飛び交い

更にサポさん達の

「××××!!枠に飛ばせ~!!!」とか

「ナイッシュー!!○○○!!!」

とかの激が混ざる。

選手の気持ちをのせるよう必死なのだ!!


いつ飛んでくるかわからないからちびっこも真剣にピッチ練習を見る。

ついほっこりするつぶやきがちびっこから漏れるとあたりは爆笑する


そして試合で使う「ボール」に思わず触れる・・・

つい「うちに有利に転がれ・・・!!」とか願まで掛けピッチに戻す。


野球の様にボールをいただくわけにはいかないが

結構素敵な時間である。



IMG_4815.jpg


試合は一進一退

前節トンネルを抜けたカマタマーレ

前節久々の黒星、横浜FC

どっちが気持ち的に有利なんだろう・・・・

試合展開では優劣つけがたい状況。


明らかに個人技ではあちらに一日の長があるか??

ボールをきれいに回され、相手に保持される時間が長い。

危険なエリアに何度も侵入を許す。

前半10分、横浜FC の5番・野村 直輝のドリブルシュートは枠を大きく外れたが

一瞬に上がるドリブルスピードに冷や汗。

サイドチェンジを繰り返しいやな感じ・・・・

「どこ蹴ってるの??」的なロングキックの先には必ず横浜のMFがいる。

ついにサイドの折り返しから松下選手に決定機を作られる

僅かにバーの上

「ムギギギギギ・・・・・・」

遠いサイドで繰り広げられる防戦劇に

じりじりと過ごし、心に芽生えた一抹の不安と戦う。


IMG_4827.jpg


しかしカマタマーレも黙ってはいない

中盤で泥臭くボール奪取に成功すると瞬く間にゴール前まで運んでしまう。

特に27分、横浜のカウンターを岡村がつぶし、そのまま持ち込んで最前線の木島へパス

見事な敵の心臓部に届く「キラーパス」

木島はGKと一対一!!!

ビックチャンス!!!

しかししかし・・・・・・・

慎重になりすぎたかボールは無情にも左隅を転がりラインを割る

「うぎゃぁぁぁあああああ」

木島の決定力を敵として、味方として

いやというほど知っている我らはもう、その瞬間は確信しちゃって

回りと抱き合ってたのだが・・・・・(笑)


しかし、その2分後

同じような高い位置から仲間がボールを奪い

木島が受け、そしてサイドの我那覇へループパス

この時点でかなり深く侵入しているわけだが、我那覇はやや戻し気味のパス

小澤が反応。

ダイレクトでゴール前のファーサイドにアーリー気味なクロス。

そこに飛び込んできたのは沼田!!!!


いやぁ・・・

入るときはこんな感じでも入るんだぁ

ヘディング後は綿帽子の様にふわりと放物線を描きゴール右隅のネットを揺らす。

ズドン・・・とかドカンではない・・・・

ふわり・・・・

カマタマーレ攻撃陣のフルキャストでお送りした

極上の先制点ショーの最後のシーンは「ふわり」(笑)


けどけど・・・・・

ああ・・・来てよかった・・・・幸せだ・・・・

カマタマーレ先制!!!!



IMG_4828.jpg



追伸

明日は早くも千葉戦となりました。

う~ん

明日以降はそっち書かなきゃ・・・・

あぅ・・・・・

ブログが追いつかない・・・・

とりあえず横浜FC戦は未完・・で・・・・・


スンマセン

スイマセン

スンマセン




私なんかブログぐらいで「ひーひー」言ってるのに

選手は本当に大変やなぁ・・・・・・・








最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






コメント

No title

こんにちは(^_^)/
勝ったんですね。おめでとうございます。

カマタマさんの背中が遠いです。(+_+)
がんばって上がってくださいね。応援してます。
J2は死守しますから(泣) えーーん...

Re: No title

いえいえ・・・
ウチは金沢さんにPK負けしてますので・・・
0-1(泣)

さすが先輩、土壇場での底力。
歴史と伝統のなせる業かと・・・

対戦を心待ちにしております
よろしくお願いいたします。(=゚ω゚)ノ

ところで阿波讃岐ダービーの新名称はどうなったのでしょうねぇ・・・(笑)
ヘ(゚д゚)ノ

許しましょう^^

でもね〜
アウェーこそ知りたいんですよね〜
時間あればよろしくです

おつかれさまでした。

6日はおつかれさまでした。
当日斜め前くらいに居た12番のユニ着ていた者です。
ゴール裏があんなに楽しいものだとは思いませんでした。
仕事の都合でホームの試合はほぼ参加できませんが(つД`)ノせめて5月31日は観に帰ります!
ぜひとも明日は3連勝の生き証人となってください!

あ さんへ

おお!!!
嬉しいこと言ってくれますねぇ~
機会あればアラカルト的にまとめますね。
またコメントくださいね

ではでは・・・

Re: おつかれさまでした。

おお!!あの時の前の人!!
あの日はありがとうございました。お世話になりました。
なかなかしびれる展開でしたねぇ~

瀬戸大橋ダービーは丸亀でお待ちしています。
また一緒にゴール裏(丸亀はバクスタホームですが)で応援しましょう!!
私はボランティアしてますが魂は一緒です。

残念ながら今節で3連勝はできませんでした・・
次回またチャレンジです!!

またコメントくださいね
ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR