冷静に分析してみれば・・・

あった!!

昨年のヴェルディ戦の写真

仕事の都合でボラお休みして観戦

なんか・・かすかな記憶では・・・・後半ミドルを決められ敗戦・・・だったような…(笑)

昨日のデジャブーのような試合だ・・・・

今度は丸亀でリベンジ!!

たくさんのご来場をお待ちしています~!!


IMG_2647.jpg



さてさて当時を振り返るとヴェルデイ戦・・・・昨年の5月6日まで12戦勝なし

その後、群馬に敗れ13戦勝なし。

更に愛媛に敗れ14戦勝なし

0勝2分12敗



現在は10戦消化して 2勝3分5敗


まぁ、開幕してから調子よかったのもあって

ここ7戦勝なし3連敗中はさすがーに堪える。(笑)



しかし、昨年より成績は良い。

それがどうしたといわれるかもしれないが(笑)



ちょっと思い出してほしい・・・昨年後半に痛感した事・・・・・

「あの『14試合勝ちなし』の時期にたった3勝でいいからしておけば・・・20位をとらえていたかも・・・・・」

・・・・・という想い。


最終的にヴェルディさんとの差は勝ち点9差=3勝分だった。

今年は10戦ですでに3勝に値する勝ち点9を得ている。

まだ4戦残しノルマクリアー。

もっと言うなら「14戦中、勝なし、勝ち点2」の状況から「奇跡の生還」を果たしている。


現在19位・・・・

やっぱり悪くない・・・・


1か月間「ず~と」勝てない事

1か月間でわずか「2点」しか奪えないこと

これは確かに残念に思う。

サポとして不安だし不満。

ついに降格・入れ替え戦ライン付近にも近づいた。

22位(ビリ・自動降格圏)まで勝ち点はたったの3差・・・

「今年は富山さんの様な突出して調子悪い所はいないよ~」という声 (富山先輩スイマセン・・・)

まぁ・・・確かに恐怖である。

わかる。


しかし、しかし・・・・

13位の北九州さんとの差も勝ち点3である。

いわゆる混戦状態だ

13位から22位まで10チームが勝ち点6差の中で混戦・ひしめき合っている。

昨年はヴェルデイさんだけ相手に「勝点差6」を追いかけていた事を考えれば

この下位集団に踏みとどまればいい。

けが人の復帰を待ち、流れが変わるのを待てばいい。

昨年より全然状況はいい

わがチームは混戦の乱戦の中に突っ込んで行ってしまった。

しかしそれはそんなに悲観することでもないかも・・・・

だって乱戦に強そうだし・・・(笑)


その根拠として下位10チームの記録を見てほしい

注目すべきは失点数

下位チームの中でカマタマーレだけ突出して少ない失点数

20点を超えて失点しているチームもある、

平均しても15点近くなる総失点数になる下位10チームの中

僅か9失点

我らが愛するチームは1試合で1失点していないのだ。

乱戦を制し抜け出せる武器。

それは安定した強固な守備陣。



確かにその分、総得点は同率でビリだ・・・(汗)

それが堅守のわりにこの順位に甘んじている原因と認める。


しかし・・・・・・


ケチャップは必ずでる。

出るときは必ず出る。

そしてドバドバ出るのだ。


故にこの状況を悲観しすぎることは何もないと思う。


さて、さて・・・我らの応援力・団結力の出番です。

苦しい時こそみんなで一致団結。

サポ・ボラ・選手・運営のみんなの団結力を見せつけるGWになりそうですよ~!!!

共躍2015の正念場





ヴェルディ戦の後は横浜戦

アウェイですが好調キングカズが出てくるかも・・・・・

みなさんGWはカマタマーレで盛り上がりましょ~













最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




コメント

No title

いつも楽しく読ませてもらってます。
お互い苦しい時ですね。(-_-;)

7月上旬の21節終わった時に10位にいたら
PO狙えます。がんばって滑り込みましょうね。
ではでは \(^o^)/

あ、丸亀ではお手柔らかに願います。

正念場!

チームは3連敗で19位と非常に厳しい状態ですね!
しかし、昨シーズンの今頃と比べたら状態は良く、混戦状態で高木選手等の故障者が復帰すれば巻き返しは可能だと思います!
5月も強敵相手に6試合ありますが、そのうち4試合はホームであり沢山のサポーターで応援して選手を後押ししましょう!
何処のチームも5月が正念場であり、勝敗が今後のシーズンを決めるような気がします!
選手・スタッフ・サポーター一体となって勝利目指して頑張りましょう!!!!

失点数

着眼点一致しました(^^)失点しなければ少なくとも勝ち点1は得られますものね!ポジティブ要素なのは間違い無いです。

あと個人的には警告(退場&出場停止)数も目安になると考えてます。貴チームは現在16と多くも少なくもない状況でしょうか。これが試合数より少なくなって、失点数が今まで通りなら成績が格段に良くなると思います。昨年のJ2では松本や北九州などが該当してるんですね。

観点の一つとしての提案でした(^_^;)

Re:徳島サポ様

コメントありがとうございます。
貴チームとの対戦が今から楽しみです。
胸をお借りいたします。
よろしくお願いいたします。

徳島さんはいずれエンジンがかかるものと思います。
しかし、我々はこのポジションが主戦場です。
悲しいですがその現実と向き合い
覚悟をもって戦います(笑)

経験もクラブ予算も観客数、認知度も
まだまだ下位レベルです。
けれどここから少しづつ成長していくつもりです。

ぜひ徳島さんはPO圏内で暴れてくださいね。
いつか岡山さんと愛媛さんとウチを加えた4クラブで昇格争い・・・
またはPOを戦いたいですね。

う~ん

それってすごい!!!

またコメントください
ではでは

Re: 正念場!

そうですね~
永田だけでなく高木も復活待ちでしたね!!

救世主がたくさんいるようです。

そして何より充実著しいホームサポーターがいる
声援に支えられて選手は普段以上の力を発揮するかもしれない。
昨年の長野戦、やっぱりホームのほうがカマタマーレはひと味もふた味も違いました。

それは違いを生み出す素は「声援」だと思うんです。
素晴らしいプレーには拍手と歓声を
苦しい時間は「声援」を
失敗は励ましを

こんな状況だからこそ団結して応援したいですね。
私、ゲートボラなのでホームゲームは声を出せません。(笑)
・・・・が気持ちの中でチャントを奏でます。

そして、しんちゃんさんをはじめサポーターの皆さんに魂預けています。

よろしくお願いしますね。

コメントありがとうございました。
ではでは・・・

Re: 失点数

着眼点一致うれしいです!!

まぁ・・清水が怪我したらいきなり土俵際かもしれないのですが

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


正直清水によるところは大きいのですが

堅守は相当なレベルで成熟しつつある感触が実はあるのです(笑)


おっしゃる通り0封すれば必ず勝ち点1以上が得られます。

下位ライバルと対戦した時に敗戦して勝ち点ゼロのダメージより

相手に勝ち点3も積み重ねられてしまうことが怖い。

そのまま順位差に勝ち点3が反映されてしまう。


引き分けなら1しか渡さない。

対戦対象の相手に対して

相対的な順位に変動は起こらない。

これがこの混戦を抜け出す武器なのではないかと思ってます。


後カードの概念はなかったです。

確かに怪我同様のダメージですね

累積なりレッドなりの出場停止は・・・

いやはや勉強になりました。

スタジアムでは冷静に選手が戦えるよう応援しますね(笑)


コメントありがとうございました。

またコメントくださいね

ではでは・・・


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR