カマタマーレの求人に思う


カマタマーレは昨年の夏ごろから運営スタッフの正社員求人を出していたと思う。

私も職業柄(社会保険労務士として)興味深く求人内容(特に雇用条件)を観察した。


決して高くない給与

多くない休日

残業もそれなりにあるだろう

ボーナス実績なし

むしろ厳しい雇用条件と言える。


私の事務所なら誰一人応募はないかも・・笑


それが半年で50人を超える応募あり!!

プロスポーツクラブのそれもサッカーJリーグで働きたい方は

多くいることに改めて驚く。

HPでの募集である以上対象者は全国に人材を求めたことになる。

その中で2名採用

25倍!!

本当に狭き門である。

IMG_1661.jpg


ただ・・・・ふと思う・・・・


給料だけでないものがあるのかな・・・・

それが「社会人としての充実」や「お客様の喜びの共有」などに限定するつもりはない。

何よりそれは「プロスポーツクラブの社員としての自身のキャリア」「経験・実績」

これに尽きるのではないだろうか・・・・



=そこで得た経験、ひょっとしたら実績

それが説得力ある言葉として次のステップのアドバンテージとなる。


選手がやはり給料のいいJ3より多少安くてもJ2チームにこだわるのは

そこで得られる技術や経験が違うからなのだと思う。

見られ方が違うのだ。


同じように「給料が安くても」カマタマーレというJ2クラブで3年働きました

というだけでガンバでもレイソルでも募集があった時に面接でアピールができる。

そこで語られる成功談や失敗談は先方に魅力的に映るだろう。

強力な武器でありストロングポイント。


後発のJチームならなおさらだし

ほかのプロスポーツでも同じ。


いわゆる「金銭報酬以外の報酬」=「意味報酬」が非常にパフォーマンスよく

得られるのが魅了なのだろう。


それを思えばやはり正式な求人をHPで募集してくれているのは

「ビックチャンス」である。



しかし、残念がら奥さんと子供を抱える人は

このチャレンジは難しいかもしれない。

私もそうだ。

私が20年前ならやはりチャレンジした。


今はできないがそれを残念に思うけど悔しくはない。

私は私のできることをしたいと思う。


逆にチャンスを行動に移せる若者はどんどん応募してほしい

うらやましく思う。

もちろん自身で「その世界に行きたい!!」と思うならという条件つきだが

行動するに値するチャンスだ。

今まで培った技能(職業経験・実績)がサッカーの情熱、カマタマーレ愛と一体化して

大きな力になり、活躍でき、充実した時間が過ごせるに違いない。


そんなチャレンジができる若者は

やはり少しうらやましい


カマタマーレ営業=>J1チーム企画広報=>ビックチームの役職クラス=>どこかのGM・社長

というステップが始まるかもしれない。

可能性は行動し始めた時点で0%ではないのだ。


また、郷土愛と仕事の充実がこれほどマッチする仕事もないだろう。

やはり香川県民としてはここに尽きるのも事実である。


営業職については募集継続中


カマタマーレは若者に「いいチャレンジ」の機会を提供していると思います。





最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 


IMG_1337.jpg








2018シーズンチャントはこちらからダウンロードください

http://celeste-de-corazon.com/information/?id=47













ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR