fc2ブログ

守り切ったぁぁああああああ (´;ω;`)ウゥゥ

20231121160425ee4.jpeg


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


死ぬ気で守り切った

今村の鬼神のようなセーブ

フィールドプレーヤーも

コースに覆いかぶさる様に

「体張って」守る

それでも

「逆転も不思議でない猛攻」を

浴び続ける




沼津は上位との直接対決残す

その時すでに

鹿児島は敗退し

富山も劣勢

勝てば昇格の可能性が大いに残っていた


必死だ


こちらは失うものはない

次の成長に進みたい

だから結果にこだわる




気合と気合

根性と根性

そして 双方 総力戦

5人全員投入し

それでも最後は消耗しきる

終了時にみな座り込む



結果

沼津は昇格の道が閉ざされ

讃岐はイエローで

長谷川の2試合出場停止。

今期はもう出れない


双方おびただしいい代償?を払い


試合は終結した








・・・・・・


・・・・・・


・・・・・・



さて讃岐目線で考える

試合序盤われら圧倒的有利だったのだ

サッカーにおいて

2点を守るのにこんなに苦労するか??

3点目がこんなに獲れないものなのか??

・・・・と考えた。

いや悩んだ・・・



なぜなら実況アナが

「讃岐の前半15分までの得点数はリーグ2位」

とのコメントがあった

それは予言であったかののように

今日も2点を奪取する



わが愛するチームは

ゼロ戦のように

その運動性能と火力で序盤圧倒できる

しかし

燃料が切れたごとく運動性能を減退し

防戦に回る後半は

決壊したように失点を重ねる



いや・・・

運動量だけが原因でないかもしれないが

極めて試合展開が危うい

守り切れず逆転まである

では攻撃は最大の防御と

前半のサッカーを90分続ける?

後から出てくる選手も頑張ってる

しかしクォリティを維持する絶対数が足らない

そこまで補強のお金があるだろうか・・・




では序盤の2点守るにはどうする??




ちょっと考え思い出した

あああ・・いた・・・



JFL時代、秋田豊氏をして

「讃岐は60分サッカー」といわれた。

前半その強力な攻撃陣でリードを奪い

割り切った戦術で残り30分を守り切る




当時はなるほどと思った


外からそう見えるのか・・・



J2でバージョンアップした

「エブソン」という要塞を得て

清水健太という防御指揮官をえた



そしてJ2最少失点のクラブになった




あの時のエブソンが「今」いれば

主導権もって守り切れるかな!?



・・・・夢のようなコラボを思うwww



奈良坂も宗近もボロボロになって最後は守っている

そこに野球のクローザーのごときエブソンが

デデデ~~~~ンと登場!?

はじき返しまくる。

迎撃専用のアフリカンなぞ

もはや反則レベル



その上で攻撃は「カウンター」1本

伝家の宝刀でとどめを

3点目を狙う

今は岩岸や小山が裏抜けを図るのだが・・

やはり見本となる男が讃岐にはいた




かつて讃岐のカウンターは

「襲い掛かっては危険」

といわれるほど切れ味が鋭かった

その象徴が


木島良輔



岩岸、鳥飼、小山に福井

体格に決して恵まれてるとは言えない良輔に


彼らは多くを学べただろうなぁ




膠着した戦況

どうしても「あと1点」ほしい戦況

センターラインあたりを漂う良輔に

ワシらありったけの願いを預けた



若者たちよ

そんな雰囲気をまとってほしい

そんなことを願う今節の終わりに








すきな讃岐をもっと上に





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

コメント

No title

うちが1-3で負けた沼津に勝ってる!
次節怖い。

Re: とある様

今年の讃岐は強いっすよぉぉぉおお(笑)
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR