選手とサポをつなぐ人々

今年とてもうれしいことがある。

キャンプ中の情報を選手が中心になって発信してくれることだ。

結構プライベートな感じのノリで。


Jリーグに昇格してから(しょうがないことではあるが)選手とのふれあいは

練習場とか試合後のバス待ちに限られる。

(昨年は激戦続きでファン感謝祭とかできる状態ではなかったか??)

もちろん練習時間等にもファンと交流してくれる選手には感謝しているが

その「ふれあえるファン数」は限界があると思う。


昔、試合終了後に選手がサインに応じてくれた時代もあった。

フルタイム戦った選手がクールダウンもせずにファンサービスをしてくれた。

当時はとてもとてもうれしかった。


もちろんJリーガーとなった今、選手にそんなことは求めていない。

しっかり自身の体のケアしてほしいと思う。

ただ、J昇格後の新しい選手とファンの交流の在り方を模索せねば・・・との思いはあった。

ふれあう場所を1つ失った「喪失感」は確かにファンにはあるのだ。

今多くの方が選手と「新たにふれあう場所」を探している。


そんな中、選手が模索して(とのことと思うが・・・)私たちに近づいてきてくれている感じが

キャンプはじまってからひしひしと伝わる。


一つは高橋泰選手のブログ

From Yutaka  GET!! 

http://yutakat.blog15.fc2.com/blog-entry-1485.html

IMG_4365.jpg


高橋選手独自の目線からつづられたブログは本当にチームの日常的な部分

そして選手の素顔が文章と写真で描かれている。


彼自身が

ベテランでチームの中心を担うストラーカーで

木島選手や北野監督とむかし他チームですごした経験があって

帝京高校出身(笑)


彼しか持ちえない視線からつづられるブログは

私たちをカマタマーレを身近に感じさせる効果絶大。

つまりデジタルツールを使い、ものすごく人間くさい話題や映像を提供してくれることで

私たちに近づいてきてくれる。


書きにくい(掲示しにくい写真も・・・)こともあるだろうが(笑)

それはあえ明るいジョークを交えながら提供してくれている。


バスでの席次の話などは秀逸な話だ。

思わずほっこりとしてしまう。


天高くそびえる存在になりがちなJリーグクラブ・Jリーガーを

私の学校の、会社の、息子の、兄の所属するチームに変える。


このブログを読み多くの人は

家族のチームを応援するようにこれからスタジアムに駆け付けることだろう(笑)



もう一つ

双璧と言っていい選手発進のキャンプ情報

「オザレポ」

カマタマーレ讃岐 / facebook に掲載中

IMG_4369.jpg


小澤選手はもちろんカマタマーレの中心選手であり

その豊富な運動量や献身的なプレー

果敢な攻撃参加はファンサポ共通の認識ではあるが

一面ハムスターを飼育してみたり

その名前を「釜揚げさん」にしてみたり

ユーモアあふれる漢である。


年齢や加入時期も含めファジーなポジションならではの先輩・後輩イジリを交えた

キャンプレポは存分に楽しめる。

我那覇選手に

「沖縄の成人式は怖いイメージがありますが、ガナさんも暴れたと聞いたんですけど、暴れたんですか?」

なんてことを尋ねる人間はこの人しかいない!!!(笑)

また武田選手には(そもそもはリヨーガ選手の質問らしいが)

「目は開いているんですか?それとも閉じてるだけですか?」

「古田選手が恋しくないですか?」

とかイジリ倒す回はとても面白かったし、チームの雰囲気伝わるし・・・・


これはどちらのブログにも言えることだが

自分もその場にいるような気分にさせられる。


そこにはコメント機能があり (返事はないかもしれないが)

自分の感想がちゃんと選手に「伝わっている」感じがする。

例えデジタル上の交流でもちゃんとした「温かみ」を感じるのだ。




さらに「オザレポ」は泰ブロブとリンクしたり

RNC西日本放送の奥田麻衣さんが

同じテイストで小澤選手に逆取材したり

楽しげな展開を見せている。


当然、パブリックなキャンプレポートも公式ホームページでは紹介されているわけで

その3つのテイストを通してキャンプ情報がふんだんに与えられるシーズン前であります。

カマタマーレ広報さんへの感謝の念が絶えません。


そのせいもあってか(?)今年は此処まで大きな怪我もなく

リハビリ過程の選手も順調なようでますます開幕が楽しみです。


そしてキャンプ明けの土曜にはファンの集いも準備されていて

なおいっそう選手・サポ・ファンの交流が密になります。


2015シーズン開幕に向けて

いろいろなものが少しづつ、着実に積み重なりつつあります。

その積み重なったものの上に立ってみれば

その開幕はもうそこまで来ているようです。













最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






コメント

選手との触れ合い!

 開幕(3/8)まで、あと1ヶ月弱となり、選手は九州(熊本・鹿児島)でのキャンプも今日で打ち上げて、香川での開幕戦に合わせた調整練習に入りますね!
 サポーターは、キャンプ期間中の詳細については各選手のブログやオフィシャルサイト等で情報を得るしかなくモヤモヤとしていました!
 選手も、サポーターからの書き込みを見たり、今週末(2/21)のファンの集いを楽しみにしてくれていると思っています?
 勿論、開幕までの練習を見学に行ける時は、大声は出せませんが、目力で選手を後押ししたいと思っています!
 当然、シーズンが始まれば、スタッフに応援に頑張りますが、もっと、選手とサポーターが触れ合える機会(握手会orサイン会等)を毎試合出来れば良いのですが難しいですかね?(ベンチ外選手等との)
 がくおさん、新しいスタッフとサポーターが増えて、また、選手が全力プレイ出来るように、今シーズンも頑張りますのでよろしく御願いします。

Re: 選手との触れ合い!

そうですねぇ~
この回答時点では(今月は28日までですから)実質開幕まであと2週間・・・
選手は大きなけがもなく、シーズンイン当初からのリハビリ組も順調なようで安心です。
監督も言ってたけど昨年より少し「余裕」はありますね。開幕までの仕上がり過程では。
嬉しい限りです。

私自身はあとでスカパー観戦します~!!応援よろしくお願いします!!
(少しは見るかもしれませんが・・・笑)
ただ本当に「通しボランティア」が試合見ることできないくらいにお客さんが来てくれたら
それはとてもうれしいです。

私、仕事で「練習見学」も「ファンの集い」もいけないのです。
皆さんよろしくお願いいたします。(泣)
練習では温かく見守り、集いでは大いに盛り上がって選手の後押しいただけたらありがたいです。

試合前後のサイン会などの交流イベントは控え選手なら可能かとも思いますが
控え選手でもやはり試合前はデリケートなのかもしれません。

しかし運営側にも家木さんをはじめ選手出身の方が増えますので
その人たちがいろいろ提案があるかもしれませんねぇ。
その時は全力で手伝いたいと思います。

コメントありがとうござました
いよいよ始まりますね!!
よろしくお願いいたします。


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR