FC2ブログ

印刷戦観戦記 その4



いよいよ試合が始まる


IMG_0894
IMG_0894 posted by (C)がくお



試合開始2分 

敵陣右サイドの密集地帯を迂回した新加入SB持留が

印刷のDFラインを突破し絶妙なクロス!!

ドンピシャのタイミングで味方FWへ(関原へのクロスだったように見える)供給される。

枠に飛んだカマタマーレFWのヘディングを印刷GKが手をいっぱいに伸ばしかき出す


「おおお!!!!!」


歓喜ともため息ともつかない感嘆の声が上がる



いつも若干ホームラン気味になりがちな・・いやいや・・ファーを狙うセンターリングとは明らかに違う

鋭く速いクロスがPKエリア真ん前・ゴール正面に供給される



全員が期待する。



間違いなくカマタマーレは新兵器を手にした。

その実感がある。

我が新型のSBは果敢にオーバーラップし危険なクロスを供給できる頼もしい奴だ。

そう感じた瞬間であり、序盤の主導権を握った瞬間だった。



直後CKが2回続く。

カマタマーレは主導権を握り、相手を自陣深くに押し込みつつある。

最終ラインもジリジリ前進している。



上々の立ち上がり

ごらんのとおり「高い」DF最終ライン


IMG_0911
IMG_0911 posted by (C)がくお




スタンドに目を転じてみるとそこには讃岐の大サポーター軍団

リードに合わせ、乱れぬチャントが続いている


対して印刷サポは(申し訳ないが)コールリードするのは数人であり、

組織的な応援ではないようにお見受けした。



こちらはほぼホーム戦のゴール裏を持ってきたような人数

声援の統一感と音量的には「ホームジャック」状態。

カマタマーレ・チャントは大音量で西京極に響き渡っていた。


もう一人の新加入選手「岡村」も長身でいながらテクニックが確かだ

1対1で勝負した時の勝率が素晴らしい

必ず相手DFを1人消してからパスを出すイメージが残る



前半はあきらかなる「優勢」



この状況を証明するように試合後の数字を見ると

前半は「シュート数・コーナーキック数」は印刷が放った分の2倍浴びせた



シュート・コーナーキック・フリーキックなど

ゴールを狙った行為のいずれかが「平均3分半ごと1回」繰り返されたことになる。

そう考えると「まさに猛攻」



しかし、しかし、しかし・・・・

実際現場で応援していた私たちが「そう」感じていた時間は長くはなかった。




実は「やたらと相手のFKが多かった」事がイメージに残る

いいところになると「こちら側」のファールでボールが止まり「印刷側」のFKになる。



その瞬間は攻め込んでいても

相手FKで大きく一気に縦にボールが戻ってくるので最終ラインは帰陣せざる得ない。

そして奪い返し、そして再度DFラインを前進させる








その繰り返しの戦局の中で予期せぬ出来事が起きる



前半17分

カマタマーレ被弾 0-1



このあたりで気が付くべきだったのだろうか??

しかし、「何に」気が付くべきだったのだろうか・・・・??



う~ん



前半立ち上がりの勢いが消えつつあり、膠着化してきたかな?と感じた直後の出来事だった。


IMG_0902
IMG_0902 posted by (C)がくお






カマタマーレ最新情報満載(!?)のブログはこちらから探せます!!

ぜひのぞいてみてくださいね~!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

















コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2020シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR