今更聞けない。。。 番外編 

先日書いたブログの記事が思わぬところで話題になり

ちょっとした物議を掲示板で醸しだしているように思われます。(笑)


当事者として言葉が足らない所や改めるべきところもあったと考え

今回は番外編として記載しますね。


掲示板での意見は前回記事のコメントの3番目がその本質を指摘いただいたと感じます。

そしてそれをコメントくださいましたUnknow氏も

私を非難しているわけではないことを理解しています。


ただあまりにも鋭い指摘であるがゆえに私の心情を記すにうってつけです。

彼に対して回答した内容を紹介することで前回記事で伝えたかった真意を紹介できたらと思います。


また掲示板で充分な理解をお示しいただきました方、更には擁護いただきました方

ありがとうございました。(かなり・・・うれしい・・・笑)


ではでは・・・


コメント3

No title

”超板”にリンクが張ってあったので拝見いたしました。
サポーターの欲求と、運営側の現実的な課題のジレンマはよく分かります。大変よく分かりました。
それを踏まえても緩衝としてのボランティア(という風に読めました)はかえって危険なのでは?

ボランティアはあくまで自主的にチームを支えたい、という考え・行動力を尊重したほうがいい。ボランティア参加者に対して、振る舞い方や何かを求めたり理想を押し付けては元も子もないかと・・・ボランティア参加者も窮屈になり兼ねないかと・・・

貴殿の記事は(意図的でないことは重々承知ですが)、讃岐のボランティアたるもの酸いも甘いも汲んで行動せよ、運営とサポどちらの意見も弁えて、妥協点で振舞えよ、と聞こえ、ボランティアのそもそもをネガティブにしてしまうかの印象を持ちました・・・
この感覚、私の学のなさで私だけがそう受取ってしまっただけであればいいのですが。

”まずはフラットなボランティア精神”で経験して、中にはそれから運営とサポ(や来場者)皆が納得できるよう立場を汲んで行動しよう、と感じるボランティア参加者が増えれば一番ですね。

                                                             2015/02/01(16:38)
                                                                  Unknow URL


回答

Re: Unknow さま

コメントありがとうございます。
ご指摘いただきましたことよくわかります。
ネット上でブログに対する否定的な見解があることの理由がよくわかりました。

おっしゃる通りです。

ボランティアに参加するうえでそこには規制、理想といった制約があってはいけないとわかりました。
あくまで「フラットなボランティア精神」の中から
自主的な衝動や行動から進化したものに次の貢献活動はゆだねるべきでした。

私は物事を合理的に進めることにこだわり過ぎていたのかもしれない。
今見えている景色から一歩でも二歩でも進めるために、
その前進のためには少し窮屈でも今は「妥協点で振舞えよ」を受け入れざる得ない
・・・と考えていたフシがやっぱりありますね。
会社組織ならそれは必要な試練でもあるわけで・・

しかしボランティアはその自主的な好意において根本が成立している以上
そこを踏み込んで求めることは受け入れる側からは控えるべきことであり
その方が健全に多くの人にボランティアに「集ってもらえる」と思いました。

一部の人達の否定的な意見はここのあたりに配慮のない事に強い嫌悪感を抱いたのかと思ったりします。

ただどうしてこのような文章になったかと申しますと
私の本質はボランティアではなく「サポーター」なのです。

このブログ記事自体はサポーターとしてクラブの向上を願う仲間たちに
その理想の実現性を高めるために「ボランティア参加という方法もある」と提案したにすぎません。
物言うボランティアなんかクラブにとって脅威以外何者でもないのかもしれませんが・・・(笑)

サポーターには理想とかけ離れた現実を嘆くという悲しい状態から
歯を食いしばって理想に「近づく」充実感を感じる場所があるという事実を
シェアしたかったのです。

ええっと・・・これ自体余計なお世話だったかもしれませんが・・・(笑)


これはサポーターのままボランティア参加している私の素直な感想です。
故に次回の記事は「ボランティア参加しても試合見れます」なわけです。

ボランティア責任者として貴殿のコメントは大変ありがたく勉強になりました。
気が付いていない過ちを修正する絶好の機会であり、未来のブログ大炎上を未然に防いでくださいました(笑)
今後は自主的なボランティアのその純粋さを最大限尊重し、運営に励みたいと思います。

コメントありがとうございました。
またコメントくださいね。

ではでは・・・


追伸
かなりサッカー運営に造詣の深い方とお見受けしました。
ひょっとして有名なライターさんですか??
宇都宮徹壱 にコメントもろたんかと思いました(笑)


                                                            2015/02/02(12:58)
                                                                 がくお URL












最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017カマタマーレ選手チャント
2017カマタマーレ選手チャント posted by (C)がくお



2017カマタマーレチームチャント
2017カマタマーレチームチャント posted by (C)がくお




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR