宝物

運命の決戦まであと3日

誘われて初めて見る方や久ぶりに見る方

あるいは一歩進んだ観戦を考えている人がいらっしゃると思う。


これまでさんざんカマタマーレの試合を見てきて

究極の楽しみ方がある。

その方たちにぜひご披露したい。(笑)



「サッカー観戦」って、その究極の楽しみ方は「観戦」ではなく「参加」なんだな・・・と


たとえば

「声を出す」

その声はフィールドで選手と一緒に戦ってくれるんです。

励ましたり、悔しがったり、喜んだり、支えたり・・・・

その声が「12番」をまとってピッチで選手と一緒に戦っているんです。

そのことで本当に選手と同じ喜びや感動を体で感じられる。

選手と一緒にピッチ上の戦いに「参加」する。

この興奮は最上級のエンターテイメンで一度経験すると病みつきです。


たとえば

ゲートフラッグを平日忙しい合間を縫って作る。

それを選手入場の際に掲げる。

これは視覚で試合に参加しているともいえる。

しかしその本質は

選手を心から応援しする父、母、姉、妹、親友となりその試合に「参加」してるのだと思う。

そこにある文字は家族でないと「かけない」温かい言葉に彩られている。

そのフラッグに書かれている選手が活躍すると

作った本人はもう、子供の様に泣きじゃくる。

涙が涙があふれてくる。

かれらの努力をだれよりも知っているあなただから

母や妻や恋人の様に彼らの活躍をうれしく思う。

幼き頃から見知っている親友の様に彼を誇らしく思う。

彼らの努力の花開く瞬間、

熱い思いが濁流となって押し寄せる。

ちば9


たとえばボランティア

選手やスタッフとともにクラブチームを育てる。

地域の象徴として、郷土の誇りを作り育てる。

こんなにとてつもない「生きている充実」を感じる仕事(趣味?)は他にはない。

クラブの成長は自分の喜びと誇りに満ち溢れる。


もう年齢的に、家族の事や様々な事情でカマタマーレで働くことはできないけど

自身の余暇を遣い、この壮大なプロジェクトに参加する。

労力や時間だけを提供するのではない。

これまで本職(今している仕事)で培った技術や経験を持ち寄る。

PC仕事が本職なら素敵なポップボードを作る。

接客業が本職なら観客のアテンドを本職のレベルで行い、教える。

物作りが本職ならイベント機材や看板やボードの改善修理を提案する。

医療従事者ならあらかじめ申し出て頂き、観客の健康状態に何かあれば対応する心でいる。

子供が得意なら、アトラクションで未来ある少年少女を楽しませ、来場したことを最高の思い出に変える。


この一つ一つはカマタマーレにとってありがたく

運営が抱える重い荷物を1つ1つ降ろすきっかけになる。

お金(スポンサーフィー)とはまた別の必要不可欠なサポートができる。

その参加時間は短くていい。

その日、許す限りのほんの少しの時間でいいのだ。

この「参加」はとんでもなく素敵な時間を過ごせる。




自身のファッションセンスやイベント好きを生かした

コスプレや仮装、ドレスアップ、お揃いの応援グッズ、ちょっとしたオリジナルアイテムを身に着けて

来場するのも素敵だ。

究極・・・着ぐるみを着て応援する人もいる(笑)

イベントが華やぐ

楽しそうな雰囲気が映像いっぱいに広がる。

それは新たな友人を呼ぶきっかけになり

興行としての試合を一つ上のステージに導く。

こんな参加もありがたい。


ほかにもフリーペーパーを作り盛り上げる方や

遠距離から駆けつけるという究極の参加もある。

試合の感動と選手への感謝をブログで発信するという参加も大歓迎。



何か一つ参加することを増やそう。

そうすれば世界が変わる。

できる範囲でいい。

ちっちゃな手拍子。

ちっちゃなゲーフラ作成。

小さな声でチャントを歌う。

小さいオリジナルアイテムを身に着ける。

設営だけボランティアをする。

初めてバンデーラ(応援の輪)に加わる。

試合前左右前後の人と握手をする。



何でもいい

参加してみてください。


そして気が付くはずです。

今までと違う景色が見えていることに。

其処で繰り広げられるサッカーは

単なるJ2とJ3の試合ではなく、

何物にも代えられない素晴らしいエンターテイメントであることに。

息子の運動会や娘の発表会と同じく

人生にかけがえのない人が「戦う姿」が見れることに。

そして最後に

この郷土のチームを自分が愛していることに気付くはずです。


それに気が付かず、ただ「サッカー見てきた」ではもったいない。

ぜひ「カマタマーレ応援してきた!!すごかった!!楽しかった!!」となっていただけることを

心からお祈りしております。




最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






コメント

さぁ

いよいよ、泣いても笑っても最後の大一番。
お膝元にいない私でもドキドキして大一番を待っています。
声が届くなら大声を上げて声援を送りたいのですが、仙台から香川ではあまりに遠く、ただただ祈るばかりです。
選手、スタッフ、サポーターのみなさん一丸となって長野を飲み込んでください。
そして、ぜひ勝利の雄叫びを上げてください。

追伸 がくおさんのブログを読むたび、カマタマーレに対する思い、サッカーに対する思いを感じざるを得ません。感動いたします。どんどん続けてください!

祝!

勝利おめでとうございます。
また来季に向け、楽しみが増えました。
どうぞ余韻にひたってください。

No title

おめでとうございます
来年また札幌で!

残留・

おめでとうございます。
また、来年もハラハラ、ドキドキな一年になりますね、また、スタジアムで♪

Re: 残留・

ありがとうございました。
おかげさまで残留できました。
みなさんの力です。
来年も胸を張って一緒にJ2を戦いましょうね。
本当にお疲れ様でした~

papaさま

おかげさまで生き残ることができました。
また来年お邪魔することができます。
その日が今から楽しみです。
応援いただき本当にありがとうございました。

Re: 祝!

応援ありがとうございました。
余韻に浸りまくりで(笑)仕事してません(笑)
来年お会いできる子事、楽しみにしています。
本当に1年間応援ありがとうございました。
ではでは・・・

Re: さぁ

本当に経験のしたことのない大一番でした。
遠方から心配いただきありがとうございます。
けど遠く仙台から応援いただけることとても心強く、ありがたく感じています。
立派なカマタマーレファミリーです。

ブログもお褒めいただきありがとうございます。
つたない文章で書き散らかしているばかりですが・・・そうおっしゃってくれる方がいる限り
頑張って書こうと思います。
また読んでくださいね~
来年お会いできる事今から楽しみです。

本当にありがとうございました

ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017カマタマーレ選手チャント
2017カマタマーレ選手チャント posted by (C)がくお



2017カマタマーレチームチャント
2017カマタマーレチームチャント posted by (C)がくお




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR