fc2ブログ

この「祭り」の成功から



20220513105245885.jpeg



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




展開していたクラウドファンディングで

400万円をあつめた。

最低目標金額の2倍資金が集まる。

これは特別な響きを持つと思う。

讃岐はスポンサーフィー、行政(税金)支援を除く

収入を得た。

サポーター、ファンから興行収入とは違う資金えた

クラファンを成功させた。






スポンサー様の支援はとてつもなくありがたいが

スポンサー様の晩のおかずが1品減ることはないかな。

行政にはとてつもない支援いただいているが

ごみの収集や道路工事が滞ることはないだろう。





クラウドファンディングとは

サポーターが自ら稼いだお金を

「クラブの成長=若者の夢の為」と

「ほしいものを我慢して」協力したはずだ。

そして素晴らしいことに

「その方がうれしい」と考え協力したはずである

その思いはこれまでに個々存在していたが

初めて束ねることができた

成功という形になったのである。





もちろん

返礼なりのインセンティブは存在する

喜んでほしい

楽しんでほしい

しかし、

返礼の市場価値と支援金額考えれば

販売行為や購入行動ではなかろう。

やはり寄付というか支援である。





さらに

私物を提供した選手、

現役時代の思い出を提供したスタッフ、

かまたま広場で支援呼びかけたユースたち

それに応じるサポーター

その風景がとても尊い





一体感があった。





少年たちは

サッカーに打ち込むだけでなく

その環境を自ら守るアクションをした。

そのことを私は好意的にとらえている。

自ら意志を示し、訴えた。

手を上げ、彼らを支える人の顔を見た

これからの財産になるはずだ。

選手以外の人生を歩んでも

サポーターとして指導者としてスポンサーとして

讃岐に戻り

より大きな力をクラブに与えてくれるのだろう





集めた大人は

これから大きな責任を負う

最終の総額がいくら、

運営会社のフィー何パーセントのいくら、

残ったお金がいくらで、

何にどう使ったのか!?





正確で明確な説明を行う

その責任を果たさねばならぬ





なぜならこれも



企業姿勢を示す「広告宣伝」であり

そして讃岐を強くする「お祭り」だからである







これ限りではないだろう

趣旨に賛同する、資金調達をおこなう事は

これからもあるだろう

その時にまた

皆が喜んで参加する「土壌」を

祭りの雰囲気を

しっかり作っていかねばならない





みんなで作り上げるクラブ

讃岐愛を表現する祭り

サポとファンは答えた

これからは受け取った側の腕の見せ所である。







にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR