fc2ブログ

漏れ聞いた西村イズム




2021041216123815c.jpeg
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



西村監の初采配

ご存じのとおり昨年である





上野山氏の後

ゼムノビッチ氏の前

その間の2戦である





振り返ると

前任のコンセプトでは

「失点多く」「得点できない」状態で引き継いだわけだ。

辞任によるスクランブル発進

動画で詳細を思い出した






4月4日の藤枝戦

まずは複数失点の改善を目指したのか

最低でも引き分け、

初「勝点」を目指したのか

ロースコアな試合だった。

結果90分流れから崩されることはなく

後半セットプレーからの失点のみ

守備の改善の手ごたえをつかむ



返す刀で  4月12日  2回目采配

ホーム 富山戦

ここまで無得点であるカマタマーレ

「得点力不足」を解消のため

ある程度守備強度を犠牲にしてでも

前戦に重心を置く

スカウティングとのずれからか混乱する富山

讃岐先制に成功

その後、相手に前半中で逆転許し

再反撃して終了間際の同点弾を叩き込む

しかし最後

ロスタイムに決勝弾浴びて敗戦

乱打戦を「打ち負けた」

そして乱打戦ができることを確認した。







結果

シーズントータルで4連敗になり

ゼムノビッチ体制へ移行

結果は出なかった。





しかし、

失点しない試合と

複数得点できる試合

わずか2試合で改善した

と評価することもできる

何はともあれ2021の西村体制は終了した



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



聞いた話

西村タクティクスは

テーマや狙いが明確であるなど

今年残っている選手を中心に

評判がいいそうである






今シーズンの監督人事は内部昇格

リリーフ以外の監督経験ないのに

中心選手が多くチームに残っているのは

好意的にとらえていると考えていい。

あの2戦は選手の信を得た采配だった。

また、当時、

「寝る間を惜しむくらいに考えた」といわれるほど

練り上げた対策の提案だったそうだ

勝ち点にはならなかったが

そういう姿勢は現場選手に響くのだろう





さらに今選手には

プロとしての姿勢=規律や時間管理に

厳しく求めていると聞く

外国人監督はそのあたり鷹揚なので

さもありなんではあるが・・・





西村体制の強みははっきりした

自ら選んだ選手を使ること

結果を出したユース、その土台を作ったコンセプトを持つこと

昨年の戦略に好意的な現場選手が多い事

規律厳しくストイックさを求めること





西村監督のスタイルが

ちらほらと漏れ聞こえてきた





練習見学もまだなく

合宿見学もできない

練習試合は日程すら出ていない

漏れ聞いた西村イズム

少しおすそわけです・・・・・(笑)






自分はそのウワサ

開幕確かめに行きたいと思っています。






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR