fc2ブログ

焼肉屋さんでカマタマーレを思う

一年前の話だか

うちの近所に焼肉屋ができた

歩いて1分 

やったー\(^o^)/




うれしさの反面

何もこの時期に・・・・

いくら排気が優れた飲食とはいえ

この時期でもなくても・・・

((´・ω・`;))


しかも100メートル先には

県内の焼肉店の王 ○○むら 屋島店

王者メニュー比較して

種類で太刀打ちできない

飲み物の種類でもかなわない

こちらは「打ち込みうどん」はない

それでいてメニューの単価は

 焼肉 なか○○ と変わらない。

どこを見ても勝てる要素がない

同時多方面侵攻されている

キングダムの秦の国ぐらいピンチだ

((((;゚Д゚)))))))





これはさすがに・・・・・

案の定一度も行列ができたことはないし・・・





とても心配する

しかし、しかし

開店1年をめでたく迎え

今も雄々しく営業を続けている。

もちろん近所のよしみ

がくお家は応援を兼ね

そのほとんどがこちらの利用になる




しかし、その行為は

我慢してるでも、仕方なくでも

カマタマ重ねて忍びなくでもない!!!

こちらを選択し続ける理由

来店には明確な理由がある




それは

「わが焼肉屋」にしかない特徴があるのだ。






それは・・・・




「上タン塩」の質と味加減・・・・・

これがもう病みつきになるクォリティなのである。






もちろんどちらがうまい

どちらが高品質

それはわからないし

好みもあろう





しかし女性陣が口をそろえて

「ここのタン塩おいしい!!!」

・・・とのたまう。

そしてこれは「ここ」でしか味わえない!?

ここでしか食べれない。




今はオミクロンで昼だけ営業

女性陣が言う

「・・・タン塩・・・ロスやわぁぁあ・・・」

これは本物である




つまり焼肉食べたい!!・・ではなく

またあのタン塩食べたい!!

と行動動機が変化しているのだ

そうなるとここ以外の選択できなくなっている



ここでメニューの単価がライバル店と同水準は有利になる

もちろんタン塩以外も食べるからだ

メニューの厳選はオペレーションの合理化であり

作業効率は良い。店長とバイト1名で対応できる。

ゆえ売り上げから粗利が大きく残る。

貧乏暇なしにならないのだ。




住宅街という立地

駐車場は隣接スーパーと共用

おき放題

店内で並ばない、またない

無煙ロースターでなくて

煙が上に流れるのも

オールドファンには人気・・

何より入店を待たされない

たぶん予約もいらない




ライバルの総売り上げではかなわない

客席数が違いすぎる

しかし

利益率は相当良いのかも知れない






何が言いたいのかというと

どの世界にもジャイアントキリングはある

それは

巨人と正面がぶり四つで戦わなくていい

強力な武器が1つでもあれば

戦局は好転するのだ





カマタマーレ

我らのタン塩は何なのだろう

そこにだけしかない強み

見つかればJ1クラスのライバルも倒せる





そんなことを美味しいタン塩をいだだきながら

ドゥンガ加入を見ながら思いました。





追伸

息子と2人んで訪れた際、帰り際

「大学・・東京いくの??」と珍しくマスターが声かけてくれる

息子「いや・・まだ決めてなくて・・・」

「わし・・新宿区の大学いってて・・・」と懐かしそう

そこまで私が東京時代の話をして

駅名や街並みリンクするものがあったのだろう



んん・・・・・

新宿区の大学ってそんなにないよな・・

わし 

もしかして最寄りの駅は・・・・

「ああ・・○○駅 ××大学wwwww」



・・・・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・

もちろん大学カーストとかもはや意味はないのだが

頭のいいひとはいて

その人が商売の基本外さず

しっかり根付こうとしているのかもしれない



恐れ入りました




高松市内に住むW大OBサンたち

先輩を救援に行ってあげてください

コープ屋島敷地内にできた焼肉屋さんです

ジャイアントキリング起こしそうな予感がします。







焼肉 凪 さん

https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37011551/






202107111543030f5.png


追伸の追伸

女性陣曰く

タンだけやない

ハタミもロースもやぁああ

恐れ入りました・・・



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR