fc2ブログ

社労士的に


2020011215481173f.jpeg

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



人生において

「あの時もっと頑張れていたら」

そう後悔することがあるかも知れない。

しかし社労士的には否定する。





どんな人もその瞬間

できる限りのことをしている。

あの時はあの時の事情がある。

どうしても頑張れなかった事情があるのだ。

責任を感じる必要がない事実があるのだ

「ああするしかなかった」のだ



例えば

「もっと勉強しておけばよかった」

事実は

「生活のためにバイトするしかなかった」

それ以上のことはない

自身にフォーカスすれば

その時はそれで精いっぱいだったんだ




だから

「できたはずの努力をしなかった」

のではなく

「あの時はああするしかなかった」

そう考えて今を肯定するのは

メンタルヘルス上とても大切なわけだ

サボリを肯定しているわけではない




そもそも

「できるはずの努力をしなかった」



「努力すれば〝なんでも″解決できる」という前提のあり

この前提について

私はとても懐疑的である。





「めちゃくちゃ頑張ったの目標に達しない」

現実は普通にある。

受け入れがたいことかもしれないが

努力万能の前提は

達しなかったことに相当のダメージを与える。

苦しんできた人をたくさん見てきた




ドラゴン桜の柳先生も

「結果が努力を裏切る、そのことが人を一番傷つける」

・・・と受験における一つの警鐘を鳴らしている






そもそも

「もっと努力しておけば」という

実現困難な幻想は

今の現状認識を困難にする

今おかれている現状を

受け入れることができなくする



カマタマーレを取り巻く人々は

怠け者でもなければ

能力のない人でもない

その時はそれが限界だったのだ




だからその過去の上に成り立っている現状に対して

できうる限り力を尽くしてえた現実に対して

「今まではこれが限界だった」

「今はこれでよい」

と受け入れるだけでよい。

それによってはじめて「今」に

これからの選択肢に集中することができる

結果、成長していくことができる。





この記者さん

ご心配いただきありがとう

「サッカーは文化として地元に全く根づいていない」

スタジアムの立地や輸送手段など警鐘を鳴らし

「できることがあったはずだ、間違っていた」

・・・と暗に言いたいのかもしれない。

ご意見はありがたく受け入れよう



しかし

選手・監督、サポさん、スタッフさんは

その過程で全力のエネルギーを注いでおり

その結果が今なのだから受け入れよう。

過去の上に成り立っている現状を受け入れ

「だが今はこれでいい」と受け入れて

「今」にフォーカスしよう。

その方がチャレンジは建設的で前に進む





さぁ、今にフォーカスして

行動と選択積み重ねていこうぜ!!









にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR