コンサドーレ札幌 アウェイ観戦記2

コンサ・サポの暴風の様なチャントが始まった直後のカマタマーレ陣地の様子。



スタジアムに陣取り、遠くから聞こえるコンササポさんの決起集会らしき叫びを聞きながら

徐々に埋まり始めたスタジアムを見ていた。

不意に飲み物を持っていないことに気が付きコンコース内に戻り購入。

トイレをすませ水を購入した直後にスタジアムで響き渡る太鼓の音。

ホーム・コンコース内で集会していたコンササポさんがついにゴール裏に姿を現した瞬間だった。


急ぎコンコース内の階段を駆け上がる。


そしてそこで見たものは先ほどから一変したホームサポーターエリアの風景。

空席が目立った(実は荷物を置きコンコースで集会してるにすぎなかった)ゴール裏は

瞬時にして数千人規模の赤と黒のユニフォームに身を包んだ人たちであふれ

その人たちすべてが声をだし飛び跳ねている。


赤と黒で彩られた数えきれないほどの無数の大旗が

美しく交互にひるがえっている。


人と旗と・・・赤と黒のうねり。

それに合わせたチャント。

視覚的にも聴覚的にも暴風の様にこちらに吹きつけているようだった。


私はなぜかラインを使い、大本営のカマタマーグループに打電

「出てきた!!札幌のウルトラス!!アウェイ感満載!!」

「エネルギー送って!!」

的な内容だったと思う。


それだけみんなに見せたかったし、それだけ少し心細かったのかも。

(その節は返信いただきました皆様ありがとうございました。チームもサポも勇気もらいました)

そのものすごい数のサポーターに接して今日一番アドレナリンが出た瞬間だったような気がする。



スタジアムグルメは今回は食べなかったが

スタジアム内にケンタッキーやらモスバーガーやら・・・・・

おなじみなナショナルブランドの食べ物があり、さらには名物もあり・・・やっぱすごいわ・・・・



面白かったのはこのカレー

サポ仲間のMさんが捕獲してきた(笑)カレー

遠くアウェイエリアまで危険を冒して捕獲してきたらしい(笑)





ゴロゴロ具だくさんな上、ふかしたジャガイモ丸ごと1個入っている。

何とも豪快な北海道のカレーである。





最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








コメント

負けない

ここのところ負けがない、頼もしいカマタマーレになってきましたね。
あとは、勝ち点1獲得から勝ち点3獲得にできればいうことなし!
必ずできる!生き残れる!
カマタマーレ戦士達はやってくれます。がくおさんをはじめ、カマタマーレサポさん達の夢のために。

仙台は日に日に寒くなり、まもなく冬眠に入ろうかという感じです。(ベガルタ仙台にも冬がきそうですが) 
がくおさんも風邪などひかぬよう気を付けて応援してください。
仙台の寒空より勝利を祈っております。

Re: 負けない

ご無沙汰しております。
実施にお会いしてから早1年たつのでしょうか・・・
来年こそは山形でお会いすべく残留めざし頑張っています。

チームは開幕当初に比べ著しく成長し、結果も伴ってきます。
後半戦だけの数字なら17位相当の勝ち点奪取率です。

けれど前半戦の成績いかんともしがたく
なおも入れ替え戦圏内にとどまってます。

高松は比較的まだ温かく、チームは熱い状態が続きます。
なので風邪はひかない(笑)むしろ暑いくらいでございます(笑)
力の限り頑張ろうと思います。

クラブへのご声援ありがとうございました。
こちらこそお風邪ひかずご自愛ください~。

ではでは・・・


非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR