fc2ブログ

宝山湖練習場を作るために4



202109151047397b0.jpeg

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ

にほんブログ村


さてさて

なかなか書くのはつらいが

現在のトップチームについて。




後半戦開幕後3連敗。

勝ち点13で現在最下位。





正直何が悪いのかわからなくなってきた。

監督の戦術に忠実で

懸命に戦いつつ

新しい若者も起用している。

試合中、優位な局面も多々存在する。




どこがわからないのかわからない

これは学生の試験前では最悪の状態である




ただ事実として・・・・・

うまくいかない

試合に負ける

自信を失う

負のサイクル



興行的にも

試合に負ける

順位が下がる

マスメディアに露出しない

お客が減る

負のサイクル




現在は期待しては失望し

何とか気持ちを持ち直しては

また落胆する。




たまに報われてもいいかと思うし

夢見る時間があってもいい

しかし「呼吸できない」くらいに

落胆の連続。

苦行が続いている。

もはや週末が苦しい





・・・という現実のみ存在する






しかし

これは我らが望んだ選択肢であり

そしてこれはその副作用だ。

J2時代の終盤

ベテラン・実績主体の編成で

生き残る可能性が増えても

これ以上望めないと考えた。

(もちろん北野さんは両立、いやむしろそれ以上を試み

上村さんは正面から取り組んだ

そのこと存じ上げている)

北野さんが去った後

「育成型クラブにならねばならない」

そう考えたクラブ、私も賛同し変化を望んだ。

少なくとも多くの方が容認したと思う。

育成型クラブへの変貌

今、その方向に沿って進んできている。

最初からやり直した。




結果、我らが待ち望んだ

・若手の起用

・ユースからの昇格

・高校生のデビュー

など手に入れた。

チームの平均年齢は大幅に下がった。

夢や希望だらけである



さらには

トップ昇格の道が大幅に開けたユースは

結果を出し続けている。

我らのユースは浦和レッズユースを

3-0で倒せる。

U-18日本代表の中心選手まで存在する。

202107202129208e1.jpeg



ただトップにおける実戦は

「経験浅い若者」で戦う以上

老獪なベテランの狩場になることあり得る。

あるいは失敗を我慢して我慢して我慢して

その成長を待たねばならない。

成長と成績は必ずしもリンクしない。

負けて学ぶことの方がはるかに多い時もある。





さらに次の段階は

我慢して育てた選手が

あっさり移籍していくことであろう




ここまで育てたのになんで!?

そう感じるかもしれないが

移籍の対価を手に入れている



結果その移籍は代謝を促す。

新しい才能が躍動し始める

すでに森川が抜けても

より薩川が走り回っている

そこまでして育成型クラブ





そして最後にたどり着く状態が

トップ先発メンバー半分がユース出身

平均年齢も26歳前後

毎年新しい選手が頭角を現し

一部選手が「ミスターカマタマーレ」としてチームをすべ

その年に外から入団した血が

さらに戦術の活性化を促す。




今のサポの苦悩は

この苦しい時代は

無駄でもなければ空虚でもない。

結果にコミットを求めない育成

この時間は

今カマタマーレの養分となり

大きな幹を育て

深く深く根を伸ばす

そんな「養分」になっている。

ただ時間を要する

それだけの事である。



強いて言うなら

私は

もっともっとユースの試合を見に行きたい

次のカマタマを担う夢を見たいなぁ。

コロナが終わればであるが・・・





ではそれを、阻害する唯一条件は何だろう

この「負けても選手を育てている」という希望を

根底から壊すものは何だろう






やはりそれは「練習環境」

クラブハウスと

占有できる芝フルコートピッチ

この未整備である





当たり前にあるものがなければ

人は集まらず

それでも集まった才能が怪我をする



もう一度書くが

「あって当たり前」の環境・施設なのだ

Jクラブである以上

息を吸うくらい

上位カテゴリーを望むなら

東からお日様が昇るくらい

ない方がおかしい





ただ奥ゆかしい県民性と

プロクラブを育んだことのない地方ロジックが

10億程度のお金を集めるエネルギーを

どのように集約すればいいか

最初の一歩を模索している




今はそんな時代なのだと思う

そしてこれはだれもが通る

成長への過程かと思う。




だから

負けても負けても

スタジアムには通う

心から応援する

選手の成長を楽しむ

練習場建設について発信し

行動する。





いつかカマタマーレが次の時代を

新しいクラブに生まれ変わること

確信して

今から楽しみである。




一応宝山湖についてはこれにて終了

まぁ、わが社は三豊市の宝山湖ボールパークを支持いたします。




好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき




紹介サイト は下記に

企業版ふるさと納税の目的


202109151049470b0.jpeg

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ

にほんブログ村






申し込みはカマタマーレを通じてお願いします。

申し込み様式の取得はこちらから

https://www.city.mitoyo.lg.jp/material/files/group/11/kifumouside_name.pdf

20210914103836_00001.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ

にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR