アウェイゲート体験記 愛媛FC戦 ぽっつーん編

 




10月19日正午ごろ・・・・

こない・・・・誰も来ない・・・・・(全然ではないけど・・・想像と違うぞ・・・)


愛媛サポさん・・試合日・・間違えたか??

試合会場・・・間違えたか??

運動会か村祭りでもあるのか・・・まだ稲刈りは・・・・



予期せぬ風景に戸惑い撮影した1枚



岡山戦ぐらいサポーターが来場した場合、混乱してはいけないと思い、

ミーティング2時間前の10時に試合会場アウェイゲートに到着。


さすがにキックオフ6時間前。

やった!!まだだれも来てない!!

スタジアム清掃を始めてているボランティアさんに加勢できないので申し訳ないが、

入場や事前搬入を誘導する場合、

いかに早くアウェイのお客さんより来てゲートを準備をするかは重要なポイント。


むふふ・・・・


これで安心して誘導できるし、お客さんにも不便をかけること避けられそう。

ゲート増設作業にいそしむ。

待機列コーンの延長にいそしむ。

最前列エリアを少し後退させ、混乱になりそうな手荷物検査場を増築し、

もぎり、パンフ配布エリア2ラインに変更。

待機列で待つ人たちがわかりやすいよう看板の位置を変更し、

レギュレーションを見やすい位置に変えたり

ゴミで困らないようにエコステーション(ゴミ箱)を設置し

待機列の近くに置いたりする。

11時ごろにはベテランボラのOさんも加わわっていただき更にそのピッチが上がる。


あと少し・・・あと少し来ないで・・・もう少しゆっくり来て・・・お迎えの準備が整うから・・・・

心で祈りながら設営にいそしむ。

正午にはおそらく100人・・・いや岡山戦並みと思えば150人は下らない人たちが並ぶだろう。

ウキィー○×▽■!!!!!

焦り・混乱しながら2人で大車輪の設営作業。

そしてついに正午前、何とか一通りの準備が整う。


そこで冒頭の状態(笑)




ここですでに先行して木陰で休んでいらっしゃる愛媛サポさんからひと言・・・・・

「なんかみんなスタジアム来る前にうどん食べに行ってるらしいよ~!!!」



あはははっははははははっははははははっ



恐れ入りました



何とか自分の応援したいポジションを得るため

かなり早めの到着を目指すアウェイサポさんが多い中

ほぼ・・・その大多数がまずは「その土地のグルメを楽しんでから!!」という共通の姿勢。

一人や二人でなく・・・そのほとんどが・・・・・

これが愛媛サポさんの特徴というか

何とも「のどか」でそして「肝の座った」スタイルか・・・


どこ座っても応援は一緒!!!

選手に精いっぱいの声を届けますという事か。


別に早入りのアウェイサポさんに困っているわけではない

この統制のとれた価値観的な気質にちょと戸惑いとなんか驚きと感心・・・・


チームの数だけ特徴があるようである。




ちなみにその後、次々に現れるサポさんは徐々に膨れ上がり

最終的には700人越え。

松本さん並みの遠征部隊が到着した。




愛媛サポの皆さん

お気に入りのおうどん屋さんは見つかりましたでしょうか??

サッカー以外でもたまに食べに来てくださいな(笑)








最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



追伸

昨日のブログタイトルで貴チーム名を間違っていました。大変失礼しました。

( TДT)ゴメンヨー



コメント

今回は偶然こちらのブログを拝見しました。
色々なサポーターの形があるんですね♪
愛媛さんの雰囲気はオンリーワンでいいなと思いました。
私も時間が出来ればボランティアしたいと思います。

初めましてさんへ

コメントありがとうございました。
ぜひまた私のブログ覗いてくださいね(笑)
確かに愛媛サポさんの気質はびっくりでした。
隣県で土地勘あるし、丸亀スタの事情にも
他サポさんより精通していたからかもしれません。
けどいい人ばかりでした。

ボランティアも大歓迎です。
是非一度体験しに来てください。
結構楽しいですし、カマタマーレー友(カマ友)がたくさんできます(笑)

ちなみに申し込み方法のホームページです。
http://kamatamare.jp/information/volunteer.html

はじめましてさんへ2

私は、後半戦からボランティアスタッフをしていますが、がくおさんはじめカマ友がたくさん増えて、丸亀競技場に行くのが前半戦以上に楽しみになって来ました。
当然、試合の応援をしたいのでカマタマ事務所に相談したら設営→応援→撤去でも良いとのことでしたのでボランティアスタッフに参加しましたが、多くのかま友が増えたことと、裏方でカマタマーレ讃岐を支えていることの喜びと、今まで以上にカマタマーレ讃岐を応援する気持ちが高まりました。
また、他チームのサポーターをお持てなしの気持ちでお迎えすることで、感謝の言葉をかけて頂き来年もJ2残留してお出迎えしたいと思いました。
ボランティアスタッフは、来年還暦を迎える私から老若男女様々おられ、時間帯も自分で選べるので気楽にスタッフになって、カマ友になりませんか?

しんちゃんさん、補足説明感謝感謝感謝!!!!(=゚ω゚)ノ

返信ありがとうございます。
もちろんボランティアに参加したいです♪
ただキックオフの時間によりますね…
今シーズン中に1度は参加出来れば良いかな♪
申し込みページまで貼って頂き感謝感謝です☆

Re: タイトルなし

できる範囲で~
無理をしないで~
楽しくないとうれしくないので(笑)
いつかお会いできる日を楽しみにしてます
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR