残り8戦にして思う

前回のブログには多数の方から励まし、応援のメッセージをいただきました。

誠にありがとうございました。

改めて応援しているサポ・ボラ仲間の暖かさに感謝してます。

本日は「暑苦しく、あとで読むのがきつい、削除候補」の第2弾です。

またもやヲタクネタとからめて何の考えもなしに書きました(笑)

御笑読くださいますようお願い申し上げます~

ヾ(゚д゚;) スッ、スマソ


下記の写真は記念すべきカマタマーレJリーグデビューの日のブログに使用したものです。




千本桜より

三千世界 常世之闇(とこよのやみ) 嘆く唄も聞こえないよ
希望の丘 遥か彼方 その閃光弾を打ち上げろ

総ての世界が常に闇に閉ざされて
ついには嘆く声も聞こえなくなった絶望の只中
そして、希望の丘は遥かかなたである。
しかし、
その過酷な道を照らすべく閃光弾(照明弾のようなもの)を
さぁ打ち上げよう。


希望への挑戦であり明確な目標の確認であり、行動を起こす第一歩である。

しかし

その閃光弾が照らし出すものは

希望の丘までの道のりが

果てしなく遠く細く険しいことを知らしめるだけ・・・・・・かもしれない。

其処で待ち構える敵の強大さを知るだけ・・・・・・・・・かもしれないし

闇が覆い隠してくれていた自分の位置を白日の下にさらし

むしろ自らの危険を招くだけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・かもしれない。


しかし

すべての事実を知り

受け入れ、

更なるリスクも覚悟して

初めて希望の丘への道が開ける


故に「閃光弾をうちあげろ!!」というセリフは

総てを覚悟した強烈なメッセージかもしれない。



僕たちの今シーズンの冒険もクライマックスを迎えようとしている。

残り8戦

希望の丘までの道のりを照らす「閃光弾」もすでに打ちあがったことと思う。

巨大な敵、細く険しい道、たどり着く可能性

総て「充分に安全で快適な旅」ではなさそうである


しかし、この冒険を皆さんと一緒に進める幸せを感じる。

たどり着いて見せましょう。

約束の地に

どんな試練が待ち構えていたとしても。



週末丸亀でお会いできる事を楽しみにしております。




最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

コメント

残り8試合

残り8試合(ホーム5試合・アウェイ3試合)が、心臓の鼓動のように時を刻んで行くのでしょうね!(どんどんと早く鼓動を打っていく・・?)
監督・選手・スタッフ・サポーターが一体となって闘って、どんな結果になろうとも潔く受け止めるしかないのでしょうね?
先日、クラブ・スポンサーの努力により、讃岐にJ1ライセンスが与えられ、将来の希望も見えてきました。
当然、サポーターとしては、今年、J2残留して、来年、J1昇格を目指すチームになって貰うためにも、残り8試合をチーム・スタッフ・サポーター一体となって頑張ることが使命であり、一般の香川県民に将来サポーターになって頂き、丸亀競技場を常に1万人のサポーターで選手を後押しし、J1昇格に導きたいです!
まずは、私たちサポーターが、J2残留の可能性がある限り、諦めず、今まで以上に応援することが大切だし、将来、讃岐がJ1で闘う姿を夢を持ち続けたい!
今期絶対J2残留!、将来J1昇格!

Re: 残り8試合

ですよね!!
あっという間の2月かもしれないですね。

それは幸せなことかもしれません。
カマタマーレがなければ味わえない時間ですから(笑)

人事を尽くして天命を待つ
私としては「今できること」を一生懸命したいと思います。

J1ライセンスもいただけたことだし
あとは多くの観客のもと試合させてあげたいですね。
選手たちも気合が入ると思いますので。
頑張って友人誘います。

いつもボランティアありがとうございます。
ボランティアにサポーターにフル活躍でたすかってます。
あと8戦よろしくお願いいたします。

コメントありがとうございました。

ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR