アウエイ松本観戦記

写真 2

このブログは基本的には遠路駆け付けたアウェイ来場のサポーターさん達へのお礼と

ホームボランティアの募集、そしてアウェイ観戦の土産話で構成されております。



今回はまずはこの「半端ない蕎麦の量」をご覧ください。(笑)

あちらの蕎麦は注文の際にグラムで注文するシステムの様です(笑)

うどん1玉200グラムとして「1玉半はたべるだろう~うどんでも・・・」と考え300グラムで注文する・・・。

出てきたのがこれ!!!!



更にうどんのトッピングのつもりで「野菜天ぷら300円」もセット注文する。

香川県でのトッピング感覚で注文してこれまたえらい目に合う・・・・

写真 1

これが彼ら「松本サポーター」のソウルフードか・・・・

「カマタマより蕎麦~」と歌いたくなるきがする・・・・

こちらは返礼の一コマ

この出来事は

今節のハイライトっぽく語られているのがうれしい

心温まる交流でした。


さてそばの話に戻ろう。

コストパフォでは100円200円のうどんにその優位性がある。

・・がボリューム感・ヘルシーさでは蕎麦に劣ること認めざる得ない・・・・。

うどん大、特大は500~800グラムであり総カロリーが半端ない・・・

それに対して300グラムでカロリー控えめでこの満腹感・・・・

はじめて帰路のインターで何も食べず、しかも空腹ではなかった。

きもち帰宅後も元気である・・・。胃腸が特に・・・(笑)


試合結果はいろいろな人が書き記してくれているし

パブリックビューイングもあった。

私があえて書く必要はないと思うし、

みんなそれぞれの感動を私の私見でみだされたくはないのでは・・・(笑)

何より次の試合が明日(23日)に迫る。

印象に残ったことだけ書き記そう・・・


まずは、素晴らしいスタジアム





9000人を超えなお、松本ボラさんに「今日はガラガラ・・・」と言わしめてしまうほどの動員力(驚)




そしてホスピタリティ





白熱した試合展開



1万人を相手にその重包囲下、少数でたたかうこの高揚感!!!



すべて山雅劇場での一コマ

この1コマは今年の冒険を彩る大切な経験でした。


いやぁ・・・・いいね・・・・


あのチームに虜になる人々が多いのがわかる。

最後の猛攻を浴びた際、山雅サポーターはエンドレスで

「 ONE SOUL!!!」チャントを繰り出す。

そして・・その瞬間が我らにとって最も危険な時間だった。


このチャントは試合の流れをあきらかに変えた。

足が止まりかけていた山雅選手が

最後のエネルギーを振り絞ってディフェンスラインを前進させる。

そして鬼神の様な波状攻撃をはじめた。

「応援が選手の足を動かす・・・・」その典型を見たように思う。


我らのエネルギー残量は少ない。

正直この「最後の猛攻」はきつい。

「支えきれるか・・・・」


正直、歓喜の爆発にわれらの願いがかき消されることを覚悟した。

しかし、力の限り叫んだ少数の讃岐サポのわずかな言葉がサッカーの女神さまに届いたのか・・・・。



歌い叫び、選手とサポーターが死闘を繰りひろげた先に

その握りしめたこぶしを開くと、なんとか「勝ち点1」が残っていた・・・・

そんな結果であり感覚だ・・・


彼ら山雅サポーターをひきつけるエネルギーは「魅力」ではない。

「魔力」の様な強烈なエネルギー。

対戦相手すら魅了してしまう不思議な魔法。


帰宅した遠征サポすべて口をそろえ「とても素晴らしかった!!」という。

これは結果だけに影響されるものではない。

おそらく敗れてもそれと同質の感想を得たに違いない。


今回は3月のホーム主催ゲームで

私がアウェイゲート担当の際、よくしていただいた松本サポさんへのお礼をしたくて

なんとしても訪れたいアウェイの地であった。

そして素晴らしい体験ができました。


丸亀へお越しいただいた山雅サポさんで

「私もホームではボランティアをしています」とおっしゃっていた方

おもてなしありがとうございました。

お会いできませんでしたがこのスタジアムのどこかで奮戦してるのだろうなぁ・・・

・・・という感慨を抱きながら、試合を堪能させていただきました。


貴チームの今シーズンの健闘をお祈りします。

いや、行ってください。J1へ!!!





さぁ、終わった事はここまで!!!!

明日、勝ちましょう!!!!

そして来シーズンもこのステージで戦うために!!!

今回もJFLでしのぎ削った長崎さんが相手です。

私は一生懸命「アウェイゲートボランティア」します。

試合見れないのはちょっと残念だけど・・・みんな、まかせた!!!

この勢いで明日も勝利を!!!

どこにいても思いは同じ


俺たちの「 ONE SOUL!!!」

ちょっとだけ・・パクリ・・・(笑)




最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






コメント

応援お疲れ様でした!

お蕎麦美味しそうですね!
試合も、お蕎麦とうどんのこしの強さ比べのようでしたが、勝ち点1を讃岐に持ち帰ったことは、今後のJ2残留争いにおいて大きな勝ち点になったと思います。
1万人近いサポーターはほとんど松本山雅サポーターだったと思いますが、スカパーで見ていましたが応援では負けていなかったと思います。
今日も、東部運動公園に練習を見学に行きましたが、平日でしたが多数のサポーターが来ていましたし、熊野社長も見学に来ていたので色々話をしましたが、選手も頑張っているので、サポーターもボランティアスタッフも頑張って欲しいと言われました。
当然、残り10試合でJ2残留が決定しますので、悔いのない応援及び少しでもボランティアスタッフとしてお役にたてるように頑張りたいと思います。
明日の長崎戦勝ち点3をゲットする為に頑張りますので、よろしく御願いします。

山雅戦お疲れさまでした

はじめまして、山雅戦試合前に山賊バーガーを食べながら挨拶した者です。
お約束どおり初めてコメントします。
さすがに、山雅さんの応援には圧倒されっぱなしでしたが、なんとか勝ち点を持って帰ることができて本当に良かったです。それと今回のコメント、あの場にいた感情を見事に表現されていますね、私も同じような想いでした。
この勝ち点を無駄にしないよう、選手を後押しできるよう、明日は精一杯声を出して応援しますので、ボランティア頑張ってください。

No title

コメントありがとうございます。
ばたばたしてましてスイマセン。
すぐにコメントお返ししますね。
ちょっと待っててください~

Re: 応援お疲れ様でした!

コメントありがとうございます。
松本は訪れてみたいスタジアムでした。
実は私、新卒社会人の最初の赴任地が諏訪で、松本近郊に20年前に住んでいまして・・・。
その時はJの匂いどころか日本代表がまだW杯に出たこともない時代で、
山雅やアルウィンもなかったと思います。

当時お世話になった土地なのでただただ懐かしくいってきました。
応援も1万インに負けじと頑張って声出しました。
200人くらいはサポーター・ファンが駆けつけてくれてました。

中に「ははじめてアウェイに応援にきました」とおっしゃる丸亀在住のご婦人2名組がいらして
アウェイ観戦も含め応援の広がりを感じました。練習場の見学も多いようですねぇ。
嬉しい限りです。私、今年はばたばたしていてまだ行ってないので(笑)

蕎麦もおいしかったです。
また行ってみたいと思わせること自体、山雅さの魅力なのでしょうねぇ~

ではでは

コメントありがとうございました。


Re: 山雅戦お疲れさまでした

先日は声をかけていただきありがとうございました。
お会いできてうれしいです。
その後は無事に松本を楽しまれ、香川にお帰りになれましたでしょうか?
私は残念ながらとんぼ返り・・・日帰りでしたので・・・

また、アウェイで一緒に応援しましょう~!!
コメントをいただきありがとうございます。

山雅さんの応援の感想は全くもって同意いたします。
あの人数で一糸乱れずチャントを奏でられると正直お手上げなところがあります。
しかもゴール裏だけでなく
バック・メインからして統一された応援とは本当にに迫力がありました。

頑張って引き分けた選手に感謝感謝。
応援していただいたサポーターに感謝感激です。

ブログの表現をお褒めいただきありがとうございます。
ブログ記事に同意のコメントいただくと
このブログは私の独りよがりでないと安心できます(笑)

時々あることないことおもしろく・・かいてまして・・・
このブログの信ぴょう性ははなはだ低く・・・(笑)

これからもあの時の「勝ち点1」が意味あるように頑張って励みます。
またスタジアムでお会いしたら声かけてくださいね。

またお会いしましょう
コメントありがとうございました~

ではでは・・・

No title

ご来松ありがとうございました。
応援合戦楽しかったですね。
応援、スタグル、試合結果みんなひっくるめてサッカーですもんね。
こんな経験ができるのも地元にチームがあるおかげです。
もちろん勝ってもらいたいけどJ1だろうがJFLだろうが
どんなカテゴリーでも頑張っている選手を応援するのを楽しみたいです。
また応援合戦しまよう!

Re: No title

山猫様
先週はお邪魔いたしました。

いやぁ・・・素晴らしいですね。
選手・サポ・スタジアム・ホスピタリティ。
また、あの神々しい山々が見えるスタジアムのロケーションは
香川に無い物なので更にテンションが上がりました。

気候も過ごしやすいし、蕎麦がおいしいし。

JFL時代、今年と・・
どうやら同一リーグでさせていただくのは1年限定の定めの様ですが(笑)
我々がいつの日か上のカテゴリーにお邪魔する日までそちらでお待ちくださいね。

まずはわれらJ2残留が絶対使命ですけど・・・(笑)
山雅さんの今シーズンの健闘をお祈りいたします。

来シーズンはスカパーで山雅さん応援しますね。
ではでは

コメントありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR