fc2ブログ

営業支援しまっせ!!

20190903190008a48.jpeg
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



友達を連れてきてほしい

カマタマーレの営業君にお願いされている

「御社社長(わし)は年に一度だけ支援者の「席」が使える」

清掃活動で磨いていた席のことだ・・・・

「みんなが磨いた席を俺が座るわけにはいかん」

・・・・ともっぱら年パスB席でサポ観戦してきた。

私の本質はサポーターである。

20191120153731751.jpeg




しかし




「今シーズン、一度も使用していないのでぜひ使ってほしい」

「その時は『お友達』を連れてきてほしい」

・・・とのことである。

「もちろんお友達も待遇を同じにするので来てほしい」




来年に向かって

着々と武器弾薬を用意するのが営業軍団

ピッチ同様の死闘を繰り返している。

その気持ちにはこたえねばならぬ





「ワレラガクラブ」に必要なものは

たくさんたくさんあるが

その一つスポンサー獲得

そしてその輪の拡充である

現在のコロナ渦において

これは間違えなくプライオリティが高い





「来たら最後!?とか・・すぐにどうこう言うのでなく」

「見に来てくれて知っていただくことが大事で」

「その積み重ねが大きな輪になり、ムーブメントになり」

「香川にはこういうサッカークラブがあって」

「TVと違うリアルなサッカーに触れてもらい」

「Jリーグというコンテンツ知ってもらって」

「スポンサーはクラブにいかほど重要か理解してくださり」

「故に一緒に応援してくださり」

「それでいて WIN WIN 期待できる関係」




こういう「お友達」と来てくださるとありがたい

・・・・・というオーダーである





私はスポンサーは天上人であり

そもそも法人なら実在しないと考えていたし

自分の好きでやる分と

会社がビジネスでする話を分けて考えていた




だがそこにも

サポやボラと同じ熱量、

「応援したい!!」という人間の情熱がある。



繰り返しになるが

スポンサーの一翼を担うこと

クラブにとって

とてもとても「ありがたい事」である。

しかし会社への見返りは

明確なものでも

即効性のあるものでもないだろう。


自らスポンサーする事の価値を探し、

掘り下げ波及する模索しないと

なかなか費用対効果はあわない。

故、担い続けることは

その会社の企業価値を高める

そのこと感じたり、納得いただける

そんな可能性秘めた「お友達」を同席してほしい

そんな孤軍奮闘中の営業からの応援要請。




うん

了解した




誰か一緒に行きます。

ひそかに私のブログよんでいる

私のクライアント様!!

率直にお誘いしますから・・

いかがでしょうか??(笑)

「私のはまっているもの・・・一緒に見てくれませんか???」

・・・・ピン!!ときたら・・・・

その時はよろしくお願いします!!!







ワイがスーツ着てスタジアムうろうろしてたら

そういうことで・・・・

がんばっとるなぁ・・・

ということで・・・(笑)







好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR