岡山アウェイゲート体験記(休載あけです・・・スイマセン編)



さすがに夏は仕事がばたばた忙しく

お盆明け以後、「お休みのない有様」で過ごしてまして・・・

ブログを「少し」(汗)お休みさせていただいてました。

それでもカマタマーレライフは元気に満喫していました。


このブログをこのまま終えても、お読みになる奇特な方は30名前後ですし、

その方たちの人生をこのブログが影響するとは思えないので

それもいいかとおもったのですが・・・(笑)


しかし、しかし・・・

今年一年のカマタマーレの航跡を記しておくという自身の誓いに忠実になるべく(笑)

少し夏バテを脱した現在、ここ直近3戦の体験記を残したいと思います。まずは先日の岡山戦から。

まだ少し夏バテぎみですが・・・・・・



上の写真はご存じのとおり8月31日に行われた

第29節 岡山VS讃岐 「瀬戸大橋ダービー」と銘打たれた試合会場アウェイゲート付近です。

この日は何か胸騒ぎがして

いつもは参加しない「事前スタジアム清掃」に参加すべく朝9時50分にスタジアム到着。


到着後、集合場所でボラ仲間から

「すげぇーよ!!!もうファジサポさん集まってきてるよ!!!並んでるよ!!!」

との情報をゲット・・


まじか!!!!冷や汗たらり・・・・


アウェイのお客様が場所取りが確定した後に

こちらのオーダー(都合)で動いてもらうのは申し訳ないので

仲間に理由を話し、やはり清掃ボラをお休みしアウェイゲートに向かう。


その時の写真がこれ



本当だ!!もう来てくれている。

試合開始までまだ8時間はある。

いやいやすごい・・・

はるばる早くからのご来場、誠にありがとうございます~!!!

d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b


この段階で余裕で松本サポ(これまでのアウェイ観客数レコード)の倍は待機してくれている。

このまま列に残って熱中症になっては大変と思い、急遽待機列を増設。

まずは仮の場所取りをしてもらい木陰に避難いただく。

この日は素晴らしい晴天だが、逆にそれが体調を崩す原因となっては申し訳ない。

少しレギュレーションにはないがあくまで「仮待機列」ということで荷物を置き太陽から避難いただく。

その間、列整理の基準となる「コーン」「バー」を増設し続ける。

松本戦の際、増設した待機列の余裕で3倍はあろうかという長大な・・・・・万里の長城みたいな待機列を作る。

(岡山サポには「あれで・・・??」と言われてしまうかもしれないが・・

残念ながら磐田戦を含めても我らアウェイゲートは1000人超えを体験していない・・・)

しかし、しかし・・・・その万里の長城をはるかに超える「津波」と言っては不謹慎かな・・・大応援団が

何と開場30分前につめかける。

キックオフ30分前ではない。開場(試合開始2時間前)30分前にこの状況である(笑)

その画像がコレ!!!




いつもは「先入りの少数サポさん」との交流、見習うべき美点、応援の特徴とかつぶさに見て

レポートして手本とさせていただいているのですが、本日に限ってはその余裕はなし!!!!(笑)

写真もこの2枚のみ・・・・


ひたすら大声でアテンドし、質問に答え、列整理を少しでも早く

この酷暑から脱出してもらえるべく「文字通り」走り回る・・・・・


しかし増設した特別仕様の待機列も開場直前にオーバーフロー・・・・

・・・・いやはや恐るべきファジアーノサポである・・・・・。


この時、私が考えていたことは「安全に」とか「快適に」とか優等生な情熱だけで働いた訳ではない(笑)

ファジアーノの社長さんのお言葉・・・以前、何か本で読んだお言葉を思い出し、行動していた。

その言葉は『空席はご飯を食べない』という言葉。

そう・・・そして・・・待機列もご飯を食べない。


ファジサポさんの安全・健康のためでもあるが

いつも「実入り」少なく頑張ってくれる(ことと思う・・)スタジアムグルメの関係者様の為にも

少しでも早く待機列から解放してあげたい。(スタグル堪能してほしい)

その一心で2時以降はマシーンの様に列整理を繰り返す(笑)



その間、私はほとんどゲート入口には戻っていない。

みんな困っていないか心配した・・・少し・・・・。

しかし歴戦のアウェイゲートスタッフ一同は私の指示なんかなくても

システマチックに自らから動き、

看板建て、ゲート作成、トイレチェツク、階段のハトのフン清掃など黙々とこなしてくれた。

人知れずこのダービーを支えたこの人達もまた影のMOMだと思う。

(初めてボランティアに参加いただいた丸亀市のサッカー少年団のお母さんたちも含め)


みなさん

本当にお疲れ様でした。

本当にありがとうございました。


設営スタッフ(設営のみのボラスタで基本サポーターさん多し)もぎりぎりまで「もぎり」を続けてくれ奮闘。

選手バスお迎えや、決起集会はいけなかったと思う。そのことには触れず黙々と・・・・心から感謝。

中には「今日、私は通し(終日ボランティア)です」と

笑顔で終了までがんばってくれるサポさんもいた。


たぶんその人はものすごくこの「ダービー」を楽しみにしていたに違いない。


それを捨て、クラブの試合運営を支えてくれた方がいることを少しだけ書き残しておきたい。

その人は「それは私自身で決めたことで誰に誇るつもりがない」とおっしゃるかもしれないが

その心意気に私の「感謝の念」は絶えない。


ボラは献身的でサポは自由だなどと申し上げる気はさらさらない。

神輿には担ぐ人、乗る人、かつぐ人の「わらじ」を編む人がいる。そうして祭りが構成されている。

どのセクションも必要不可欠である。均等で平等で重要だ。

試合で必ず応援する人は必要で、絶対になくてはならない。

その人たちも横断幕を日ごろから作成し、管理し、持運び早くスタジアムに来て設置し

いろんな日常のものと戦いながら休む間もなく応援し続けている。

選手を励まし、応援を盛り上げてくれる。


とても感謝している。


ほかにも

「今日初めて観戦にきた人」はいろいろ不安を乗り越えやってきたのだろうし

「今日初めて声だしエリアに来た人」は思いっきり「勇気」を使ったかもしれない。


そう

みんな少しづつ前に進んでいる。このチームは間違いなく進化している。

自信を持っていい。

それは明確に見えなくて少し不安に感じるかもしれないが紛れもない事実だと思う。


観客総数7722名

ボラやスタッフは今持てる総力のホスピタリティを動員し、この試合をアテンドした。

サポーターは力の限り応援した。仲間を増やしたことと思う。

シャトルバスも6台が随時稼働し、終了直後は救援を4台増加し

試合終了直後の大混雑の中、数百名の岡山サポを丸亀駅まで1時間以内にほぼすべて運んだと聞く。

そして選手はJ1をうかがう上位チームに臆することなく戦った。

最高だ。

磐田戦の反省が岡山とのダービーで実を結んでいる。



みんな上を向こう。

もう俺たちゃ・・・選手も運営もサポーターも・・・・立派なJリーグクラブになっていることを。


最後に

たくさんご来場ただきましたファジアーノサポーター様

本当にありがとうございました。

大観衆に慣れていないとはいえ、我々に足りないところ多く有ったと思います。

フレンドリーに接してていただきありがとうございました。


J1を目指している皆様に「また来年」とは申せませんが機会ありましたらまた丸亀にお越しください。

再戦の日まで壮健なれ。



以上 1月分の暑苦しいブログでした~~~~~~~~~~

ではでは・・・・・



追伸

試合結果は試合終了30分後に聞きました

「ええ!!!!!今日・・・勝っちゃったの!!????マジ~~~~~~~~!!」って(笑)


充実した1日になりました。

次の日、日焼けと筋肉痛でしたが・・・・・(笑)



最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




コメント

No title

いつもありがとうございます

時間許す限りで、ぜひ継続ブログお続けいただけますよう
お願いいたします

このブログから色々な事を知ることとなっております
情報発信ありがとうございます
今後もよろしくお願いいたします

7722名

岡山との瀬戸大橋ダービーは、勿論、勝利したことは嬉しかったが、7722名ものたくさんのサポーターに来て頂き、同じ時間を過ごせたことが嬉しかった。
岡山のサポーターも遠路遙々3,000名強の方々が来て頂き、また、讃岐のサポーターも新規の観客が多数来て頂き、お互いのチームの勝利を信じて応援され、選手も応援に答えていつも以上に頑張り良い試合が見れた。
ホームB席出入り口では、試合終了後、自然にサポーターとスタッフがハイタッチでお見送りが出来て、お互いに勝利の喜びを最高の笑顔で帰られたのが嬉しく、また、リピーターとして今後も来られ、スタンドを満員にするという目標に近づいたような気がする。
残り試合も、早いもので13試合を残すばかりとなり、チームにはJ2残留の為に頑張って貰うと共に、サポーターも悔いのない応援をして選手を後押しし、J2残留をホームで満員のサポーター前で決めて貰い祝福出来ることを願っている。
(追 伸)
  先日から年齢のせいか、腰痛になったが、不思議と試合に行くと痛みを忘れ、試合後は、接骨院で電気と針治療を受けているが、勝利後の治療は試合の状況を回想しながらの心地よさに快感を覚えています。(笑い)
 今後も、試合観戦、仕事等有意義な時間を過ごせることに感謝すると共に、J2残留を勝ちとりシーズン最後には最高の美酒を味わいたい!

とあサポ読者 様

いつもお読みいただき誠にありがとうございます~
そうおっしゃってくれると励みになります。うれしいです。
最近はサポーターさんも爆発的に増え、
FB、ツイッターブログなどからいろいろなカマタマ情報が取集できるので
このブログの「役目は終わり、潮時かなぁ~」っと思ってました(笑)

けれど励ましのお言葉頂きました。
また初心に戻り自分なりの情報発信をして
カマタマーレの素晴らしさを伝えれたらいいな~と思いました。

これからもよろしければお読みくださいね。
頑張ります。
コメント本当にありがとうございました。

ではでは・・・

Re: 7722名

そうですな!!!
まずは迎え撃ったカマサポがたくさんいたこと、そしてその人たちと同じ感動を分かち合えたこと
この事が素晴らしいですね!!!
いやぁ~よかった~!!!

初めて来た人はもう「一度来たい」と思い、
久しぶりに来たひとは「次回も来たい!!」と思い、
そうやってサポーターが大きくなっていけばいいですね。

試合後、アウェイゲートは静かにファジサポさんの来場に感謝し、お見送りしておりました。
勝って喜べず、負けて笑顔で「ありがとうございました」という変なポジションです。
アウェイゲート撤収ボラは・・・(笑)

追伸
腰痛はお大事に
選手とサポーター双方がこれからが正念場
選手がけができないようにサポーターもけがせずに最終節まで戦ってもらわにゃいかんですから(笑)
まずは勝利の余韻とその美酒をお楽しみください。
そして決戦の地へ。味スタへ!!
体か心のどちらかを!!!

ここが正念場ですな!!!!!

ではでは・・・
コメントありがとうございました~


No title

アウェーゲートごくろう様でした。
がくおさんたちのおかげで我々ファジサポは混乱もなく家路に着くことが出来たのだと思います。

ファジサポはバカばかりなので準備が大変だったと思います。前日からいたサポもいたらしいです。
負けはしましたが素晴らしいボランティアさんと温かいサポさんに出会えてよかったです。
来年は対戦できるかはわかりませんが対戦するならまたお邪魔します。

よかったです。

ご無沙汰しておりました。
最近、こちらのブログを見ても更新されておらず、体調を崩されているのかとも考えておりました。
でも、お元気な様子、安心しました。
岡山戦、勝利おめでとうございました。この勢いに乗り、勝ち点を増やされることを念じております。
そして、来たるアウェー山形戦には駆けつけたいと思っております。
昨年11月、宮城でのソニー仙台戦でお会いしてから、再会を楽しみにしていました。都合をつけ、会場へまいります。
香川から大変でしょうが、ぜひおいでください。
お会いできるのを楽しみにしております。

ヒビパパさまへ

このたびは丸亀競技場にお越しいただきありがとうございました。
たくさんの方が早くからお越しいただきました。
これがむしろ我々アウェイゲートのアテンドを円滑にさせていただく要因になりました。
本当にありがとういございました。助かりました。

カマタマーレのお客様はキックオフ直前にいらっしゃる傾向があり
これが混乱の原因になることもあります。
まだサッカー観戦文化は発展途上です。
ファジアーノサポさんの来場時間は
讃岐の初心者サポさんにも大きく良い影響を与えてくださったように思います。
よい置き土産をいただきました。

また、行き届かない部分もありましたことお詫び申し上げます。
何せアウェイゲートで2000人越えのお客様対応は初めてだったもので(汗)

「また来年よろしくお願いします」とは申せません。
そちらはより大きな目標がおありでしょうし
われわれは残留という別の目標に向かって奮戦中でまだその危機から脱していません(笑)。

しかし再度お越しいただく際にはより良いホスピタリティを準備できるよう頑張ります。
お仲間の皆様にもよろしくお伝えくださいね。

来場ありがとうございました。
ファジアーノ岡山さんの今年一年の健闘をお祈りしております。

コメントもありがとうございました(笑)
ではでは

Re: よかったです。

ご無沙汰しております
いやぁ~夏がばたばたで過ごしました関係でブログの更新が遅れておりました。
私自身は元気で過ごしております。
横浜では「キングカズ」と戦いましたし、
ホーム京都戦は素晴らしい展開で引き分け。あと少しのところまで頑張れました。

勝負は時の運で岡山さんはやはり昇格を狙う強いチームでした。
後でスカパーで確認したのですが・・・笑

お詫びがあります。
山形戦は参加予定でしたが仕事が入りお伺いできません。
昨年のお約束が果たせず誠に申し訳ないです。

しかし、もしお時間許すようなら現地でわが愛するチームにご声援いただけたら嬉しいです。
曜日も時間もほとんどの香川在住のさぽはいけない試合ですので・・・・

私も何とかやりくりできないか実は画策中ですが
現時点では難しいようです。

今回お会いできる可能性は低く申し訳ありません。
これからも末永く見守りいただければ幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございました。
ではでは・・・


追伸
そちらの夏はいかがでしょうか
此方は例年になく雨の多い夏でした。

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR