アウェイゲート体験記 ロアッソ熊本編



押し寄せる暴風雨をものともせず駆け付けた100名余のロアッソ熊本サポーター

もはや感心を通り越し「感動」する。


まずは開催が危ぶまれる中

熊本だって暴風圏内手前の早朝5時に出発したらしい

紆余曲折の台風情報・道路事情をかいくぐり

岡山で遠征隊の半分は「通行止め」に会い

そこで我慢強く待機して

夕方4時過ぎの開通に合わせ四国に上陸(驚)

もし中止なら・・・・そんな弱気は一切持たず、修羅のごとく讃岐の地を目指してやってきた

九州男児と麗しき女性サポ。


もうこの段階でMOM級の献身です。


こんな感じの設営直後のゲート・・・

何人アウェイのお客さんが来るのだろう・・・

来ても10人までかなぁ・・・・香川在住の熊本サポさんとか・・・・・

我らボラのほうがあきらめ気味・・・・・(笑)





最初の到着のお客さんが3時ごろ到着・・・・

思わず「よくこれましたねぇ!!!本当にありがとうございます!!!」

とハグしたくなるぐらい。

丸亀市観光課の職員さんがすかさずおもてなしのお菓子とパンフを配る

観光課さん、ナイス!!! 実は熊本アウェイ戦ですでにウチワをお配りいただいていたみたいで

それを持参いただいたサポさんへのプレゼントらしい。


なんたって台風通り過ぎた後でもこの天気

ものすごい勢いで雲が流れていく




しかし、横断幕等を携えた熊本サポーター本隊は対岸の岡山で橋の開通を待っているそうである。


ここまで来たら試合、見せてあげたい


どうか丸亀スタジアムにたどり着けますように。

「開始時間の変更(6時キックオフから7時に変更)はありがたい。これで仲間たちも間に合う!!」

どこまでも謙虚で仲間思いな方々に頭が下がる。

5人や10人ではない・・・100人の仲間の安否を気遣いつつ根性で続々と辿りつく。


この段階で天候&交通事情のサバイバルを生き残ってきた

屈強なロアッソ最精鋭部隊が丸亀入りしていることになる。


こりゃ・・・気合入れんとジャックされかねん・・・とか余計な心配をしてしまった(笑)

Jの先輩おそるべし・・・・いや九州人恐るべし・・・・・

疲れただろうからいっぱいおうどん食べて骨付き鳥食べて帰ってほしい


さすがJの先輩クラブ

今回は感心しきり


横断幕掲示でも無理めな要求も全くなし

紳士的に説明を聞いてくれレギュレーションどおりに掲示いいただく

試合後はごみをひらってくれて撤収。

アウェイゲートボラとしてとてもありがたい。


試合開始直後、赤いユニに身を包んだ若いサポーター2名がゲートに飛び込んでくる

讃岐ゲートボランティアは歓喜と拍手!!!

「よくぞここまで・・・!!!ご苦労様!!!さぁ、早くスタジアムに!!!」

「ここまで16時間かかりました~」

笑顔ですごいことを言う。我ら一同息をのむ。

途中で「中止だったら・・・」とかさぞかし心細かっただろう・・・・

しかし、ここで仲間が待っていると信じて海を渡ってきたのだろう。

彼らがサポーターの集団に飲み込まれと同時にロアッソの大声援が始まる。


その瞬間、抱き合うか、固い握手をして合流したのだろうと

ゲート付近からの階段を見上げながらスタジアムの中を想像する。


いいね。

家族だね。


私はカマタマーレサポである以上、今日もチームの勝利を信じている

願っている。

しかし今日ほどアウェイサポーターにサッカーを楽しんでほしいと思ったことはない。


ロアッソ熊本サポーター讃岐遠征隊100名の皆様

みなさんの魂・・・しっかりと見せていただきました。

1人の讃岐サポとしてしっかりお手本にさせていただきます。


ご来場誠にありがとうございました。

どうか帰り道中気を付けて。

d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b







最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








コメント

ロアッソサポーター感謝!

先日のロアッソ熊本さんサポーターは、試合が出来るかどうか判らないのに、たくさんの方が応援に来られ、私たちスタッフにねぎらいの声をかけて頂き嬉しかったし、ロアッソ熊本さんに在籍していた北野監督はじめ選手紹介時はエールを送っていたのには感謝したい。
また、試合終了時、アウェイ応援席にゴミを回収に行ったがゴミひとつ落ちていなかったことには驚かされた。
是非とも、讃岐はJ2残留して、来年もロアッソ熊本さんに来て頂きおもてなししたい気持ちになると共に、試合は引き分けたが、すがすがしい台風一過の一日を過ごせたことを感謝したい。
残り試合も少なくなるが、悔いのない応援をしてJ2残留を勝ちとりたい

感謝

台風の後、準備が大変だったと思います。
試合開始に漕ぎ着けていただき感謝です。
おもてなしの心にも大変感激致しました。
また、来年お邪魔させていただきたいと思います。

facebookでシェアさせていただきました。

Re: ロアッソサポーター感謝!

全く同感です。
私もあたたかい言葉をいただきました。
来年また来たいと。

ゴミについてみなかなか拾って帰るなんてことはできませんねぇ・・・
試合の勝敗で普通はいっぱいいっぱいでしょうし

北野監督にもエールくれたのですね
それはゲートにいて気が付きませんでした。

マッチデーPの表紙が山本であることを喜んでくれたみたいですが(笑)

頑張って生き残りましょうね。

お盆は横浜まで応援に行くつもりです。
ラッシュかなぁ・・・・(汗)


Re: 感謝

すいません
お盆は更新ができないところ(?)にいたもので(笑)
お返事が遅くなりました~

台風の中、お越しいただきありがとうございました。
本当に感動しました。

また多くの方からねぎらいの言葉をいただきました。
大変励みになります。

昔ご縁があったとはいえわがチームの選手・監督に
拍手いただきありがとうございました。

必ず今年このカテゴリーで生き残り
来年もお会いできるよう頑張りますね(笑)

うまスタもお邪魔してみたいです。
今年はいけませんでしたので・・・

貴クラブの今年の健闘をお祈りしていますね。
そしてぜひまた来てください。讃岐の地に。

ご来場ありがとうございました。
ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR